デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.04.25 広島対巨人 公式戦4回戦 菅野に完封負けを喫する
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.04.25 広島対巨人 公式戦4回戦 菅野に完封負けを喫する

2017年4月25日に行われた、広島対巨人の公式戦4回戦の試合結果

巨人 000 100 000|1
広島 000 000 000|0

勝 菅野 3勝0敗
負 野村 1勝1敗
S -

【本塁打】マギ-3号

カープのスタメンは、新井とエルドレッドを休養させ、安部をファースト、西川をサードで起用してきた。
どうせならば、松山、安部、西川の並びを、安部、西川、松山として、1番から6番まで走力の高い選手を並べても面白いと思うが、まずはこの起用を意気に感じて、奮起してくれることを期待したい。

野村の立ち上がりは、投げ間違いがなく、コースもギリギリを突けている事で、簡単に追い込めている。
危なげなく2人を打ち取った後は、坂本、阿部、マギーに対し、3人で1つのアウトを取ることになった。
これは、本塁打だけは打たれてはいけないという攻め方の中で、慎重になったのもあるが、やはり坂本のバットコントロールの前に、なかなか簡単には打ち取らせてもらえなかった。

そして菅野の立ち上がりは、時折変化球が高めに浮く場面もあり、甘いコースもあるにはあったが、切れは十分に感じる。
先頭の田中は粘りを見せたがセカンドゴロに倒れ、菊池、丸は連続三振。

この後は、野村と菅野の投げあいとなり、点が入ったのはマギーの一発のみ。
2アウトからの打席で、カーブに絞ってホームラン狙いのバッティングが嵌ってしまった。

カープの4回裏の攻撃でも、2アウトから、松山が低めのカットボールをすくい上げて、ライト線への三塁打を放ち、安部は2球で追い込まれながらも、決め球のストレートが高めに浮いたところを、上から叩いた。
しかし、良い当たりだったがライトフライに倒れ、得点が入らない。

菅野は6回を投げ終えて74球。
完投ペースで投げ続けられており、ランナーが出ないことには突破口が開けない。

2度目のチャンスは、8回裏に訪れる。
先頭の西川が、インハイへのワンシームを上から叩いて、センター前ヒットで出塁するが、石原は送りバントを3球ファール。
エルドレッドがアウトコースのスライダーで空振り三振。
ノーアウトのランナーを進めることが出来ずに2アウトまで来たが、田中への決め球のインコースのストレートが、シュート回転で真ん中へ。
これをセンター前に弾き返し、2アウト1、2塁となる。
逆球、コントロールミスのボールがヒットゾーンに飛ぶということは、そろそろキレが落ちてくるタイミング。
菊池が初球を叩いて強い当たりが飛ぶが、サードライナーで得点ならず。

球数も100球を超え、9回裏の攻撃で、誰か一人でも1球の失投を捉えることが出来るかどうか、という攻撃になる。

失投がなければ、捉まえる事は難しい。
先頭の丸は、初球の甘いコースを捉えることが出来ずにファールとなる。
ということは、最後の1イニングで集中力を高めてきたということだろう。
最後は、150キロ超のストレートで空振り三振となる。

鈴木に対しても、150キロ超のストレートと、アウトコースのスライダーの組み合わせで泳がされてセカンドフライ。

松山はインコースへのカットボールで、詰まらされてのセカンドフライに倒れ、完封負けを喫した。

今日の試合は、マギーの一発のみ。
それ以外では、8回を投げきった野村と、1イニング好リリーフを見せた薮田について、何の問題もないピッチングを見せてくれたし、守備に関してもミスはなかった。
せいぜい石原の送りバント失敗がミスと言えばミスとなるが、攻撃陣に責任を負わせる、というのも無理がある。

今日の負けは、菅野が良かった、仕方がない、としか言えない。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター