デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.04.22 広島対ヤクルト 公式戦5回戦 岡田好投も報われず、チームは4連敗
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.04.22 広島対ヤクルト 公式戦5回戦 岡田好投も報われず、チームは4連敗

2017年4月22日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦5回戦の試合結果

広  島 000 000 0|0
ヤクルト 000 001 0|1

勝 小川 2勝2敗
負 岡田 2勝1敗
S -

【本塁打】なし

上本に代わり、開幕前に負傷し、ファームで調整を行っていた西川が一軍合流。
また当たりの出ていなかった下水流に代わって、野間も一軍登録となった。

ここのところ、左投手のストレートとチェンジアップの組み合わせで打ち取られるケースが多く、右打者を外してまで左打者を2人も登録するということは、色々な意味を持ちそう。
控えの内野手で、守備からそのまま打席に立てる選手は少なく、西川には単なる内野のバックアップ以上の働きを期待しているだろうし、野間の守備を走力は、1点を奪いにいくオプションとして有効。
もっとも、野間に関しては、ベンチの指示通りに動けないところがあり、起用方法は難しい。

神宮球場は試合開始前から雨が降っており、一時弱まっても、試合中は降り続く予報となっている。
4試合連続で先制を許しているだけに、まずは先制点が欲しい流れ。

先頭の田中が、際どいインコースへのカットボールを見極めて四球を選び、菊池が送りバントを決める。
天候を考え、1点を取りに来ているのは明らか。
丸は初球の真ん中付近のスライダーを狙い打ったが、ややこすってしまい、右中間へのフライに倒れる。
この間に、田中はタッチアップで三塁に進み、鈴木の打席を迎えるが、ヤクルトバッテリーは振ってくれれば儲けもの、という感じでストライクゾーンでは勝負してこない。
鈴木は見極めて四球を選び、松山はファールで粘りながらカウントを整えていく。
ダブルスチールを仕掛けたが、今度はしっかり小川も対応して、鈴木の二盗が決まり、三塁ランナーはそのまま。
そしてフルカウントから真ん中に入ってきたスライダーを捉えると、強い打球のピッチャーライナー。
小川が良く反応して、ボールを叩き落して、投ゴロに倒れ無得点。
ただ、良い形での攻めが出来たし、良い打球だった。

そして岡田がマウンドに上がっても、雨脚は変わらず、慎重に投げている印象が強く残った。
坂口、荒木に対しても低めに制球され、内野ゴロ2つで2アウト。
山田には、アウトコースのカーブを溜めて打ち返され、レフト前ヒットで出塁を許す。
バレンティンに対しては、岡田の代名詞でもあるカット気味のストレートと、純粋なカットボールの組み合わせで芯を外し、浅いライトフライで、こちらも無失点で立ち上がった。

両チーム無得点で序盤3回を終え、カープの初ヒットは4回に生まれた。
先頭の丸が右中間への二塁打でチャンスを迎える。
第1打席は敬遠気味に歩かされた鈴木だったが、この打席もボールには手を出さずフルカウントまで持ち込んだが、最後は高めのストレートで空振り三振。
松山も高めのストレートに力負けし、ショートフライで2アウト。
2人続けて高めのストレートで打ち取られ、同じく高めのストレートに弱点のあるエルドレッドが打席に向かう。
当然同じような攻め方も頭にあるところだったが、ヤクルトバッテリーは長打警戒の攻め方で、ストライクゾーンでは勝負してこなかった。
ヤクルトバッテリーもエルドレッドも冷静さが見られ、この四球が活かせるかどうかは安部次第となった。
ただ、ある程度フォーク攻めを読んではいたが、捉えきれずにセンターフライで無得点に終わる。

5回裏には、先頭の中村に、左中間を破る三塁打を打たれる大ピンチ。
クッションボールが思いの外大きく跳ねたというのはあるにしても、そこから下位打線に向かっていく中で、どうしても1点を防ぎたいという思いと、安全にいっても良かったのではないかという丸の守備ではあった。
ただ、ここで一段ギアを上げた感のある岡田は、大引をストレートで空振り三振。
小川のスクイズ失敗もあり、ここもストレートで空振り三振、そして坂口も低めのストレートで空振り三振と、今季の真骨頂のようなピッチングが見られた。

しかし、6回裏に先頭の荒木には、スライダーを捉えられレフト前ヒット、山田にはフルカウントからのストレートが高めに浮き四球を与えた。
力が入ったのか珍しく明らかなボールになってしまった。
ノーアウト1、2塁で、バレンティンをストレート2球で追い込み、ボールになるスライダーで1球誘ったあとのストレートが低めに外れたことで、配球的には苦しくなった。
サインが決まらず、一度プレートを外して仕切り直してて選択したのはストレート。
それでも決めきれず、球種をスライダーに変えると、三塁線をギリギリ破るタイムリーヒットとなった。
会心の当たりという訳ではなかったが、それでも避けたかった先制点を与えたことで、もう1点もやれない状況が続く。

1アウト2、3塁のピンチが続いても、そこで崩れないのが、成長した岡田。
西田を捕邪飛に打ち取り2アウトとなるが、主審が間違えてインフィールドフライを宣告しそうになって、慌てて訂正する場面もあった。
そして中村には、逆球となったストレートを捉えられ、鋭い打球が飛んでいくが、レフトライナーで3アウト。
失点を1点で留めた。

1点先制された直後の7回の攻撃では、先頭のエルドレッドが粘りながらも最後はストレートに見逃し三振。
安部は低目へのフォークを拾って、この日チーム2本目のヒットをライト前に放ち、チームとしてはまず同点を狙う作戦に出る。
石原が1球で送りバントを決め、代打新井を送る。
小川も慎重になって、アウトコース、低めに外れるボールが多くなり、フルカウントにもつれ込む。
最後のアウトコースのストレートは、ヒットコースに飛ばせるコースでも高さでも球威でもなかった。

岡田に代打が出たことで、7回裏のマウンドには薮田が上がる。
ただ、雨脚は相当強くなっており、先頭打者に投げている段階で、ユニフォームの色が変わるほど。
それでも2アウトを奪い早めに次の攻撃に移りたいところだったが、マウンドもぬかるみ始め、坂口への投球ではコントロールが乱れ、足元への死球を与えてしまう。
続く荒木にはボールの押さえが利かなくなり、ストレートの四球。

このタイミングでマウンドに砂を入れて整備を行ったが、それでも山田に対してはコントロールが定まらず、体に近いところへの抜け球。
雨のカーテンで白く煙り、山田には再三ボールが抜けていってしまうところで、石原のアピールもあって中断に入る。

結局は、このままコールドゲームで敗戦となってしまうが、この石原の判断は正しかったと思う。

これであれば、雨に打たれたことによる身体的なダメージは別にして、無理に投げ続けたことによる結果がどうなるかは別として、投球内容で考えれば薮田にダメージは残らないだろう。

4連敗となってしまったが、今日の投球内容で岡田に黒星が付くのは、ファンも無念だし、チームも無念だろう。
チーム全体で打てていない状況なので、打線の組み替えも一つの手ではあるが、それよりも苦しそうにプレーしている野手の姿が印象的。
初回の松山の打球が抜けていれば、鈴木の二盗も活きての2点先制、という可能性があっただけに、きっかけ一つ、今は我慢の時期、というのは変わらない。

それとは別に、若手が多いとは言え、移動の多い6連戦は体力的に厳しいのだろう。
田中、菊池という内野の要と言える選手でも、積極的な休養を取る必要を感じる。
そのための西川昇格ならば、意味が見出せる。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター