デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.04.20 広島対DeNA 公式戦3回戦 エラー、ワイルドピッチでの失点が尾を引き、延長戦で競り負け
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.04.20 広島対DeNA 公式戦3回戦 エラー、ワイルドピッチでの失点が尾を引き、延長戦で競り負け

2017年4月20日に行われた、広島対DeNAの公式戦3回戦の試合結果

DeNA 010 000 200 2|5
広 島 000 000 300 0|3

勝 三上 1勝1敗
負 今村 0勝1敗1S
S パットン 2勝1敗2S

【本塁打】なし

昨日は床田が左肘の違和感ということで4回で降板、今日になって登録抹消。
また、リリーフとして登板し、失点してしまったヘーゲンズも登録抹消となった。

代わって一軍登録されたのは、飯田と故障明けの一岡。
飯田に関しては、前回の登録抹消時には、打者に向かっていけない投球をしてしまっているだけに、ビハインド以外での登板は考えにくい。

また、DeNA先発の井納対カープ打線は、打てる時はそこそこ点が奪えるが、そうでないときは全く打てないという印象が強い。
上位打線は活発でも、現状はランナーを返す打者に、好機であと一本が出ないだけに、ゲームプランとしては投手戦を想定することになる。

そうは言っても、昨日タイミングの取り方が良くなったように見えた鈴木と、何度も言ってしまうが、スランプ時期が最長2カ月の松山で打線が繋がることを期待したい。

まず大瀬良の立ち上がりは、先頭の桑原に対し、スライダーのコントロールが定まらない。
ストレートでストライクは取れているが、変化球でカウントが稼げないとなると、苦しいピッチングになってくる。

桑原はインコースのストレートで詰まらせてセカンドフライ、田中浩もストレートでセカンドゴロとなるが、その間ボールになるスライダーを空振りしてくれた以外は、コースに決まらない。
梶谷の打席でカットボールが決まったものの、やはりストレートでセカンドゴロ。
これは一二塁間への深い打球に、菊池がよく追い付いてのファインプレー。
やや、不安の残る立ち上がりになった。

2回になっても、筒香に3-0から二塁打、ロペスに2-0からヒット。
とにかく変化球が決まらない。
倉本のショートゴロで、6-4-3の併殺を狙うかと思いきや、セカンドフォースアウトを取った後、菊池は本塁へ転送。
ここは間に合わず、筒香の生還を許してしまったが、狙っていたプレーなのだろう。
併殺の間に1点を与えるくらいなら、思い切ったプレーで無失点を狙った、ということだろう。

井納に対するカープ打線は、2回に鈴木のセンター前ヒットを足掛かりに、得点圏にランナーを進めることは出来た。
しかし、エルドレッド、安部が倒れて無得点。
ただ、井納の変化球、特にフォークは切れがあるのは感じるが、ストレートには各打者が付いていけている。

ヒットは出ているが単発、というところだったが、5回裏の攻撃で先頭のエルドレッドがレフト前ヒット。
ここで安部は粘りを見せ、低めのフォークを上手く拾ったもののセンターライナーに倒れる。
會澤がフォークで空振り三振に倒れたが、大瀬良がインコースへの逆球をセンター前ヒット。
下位打線が繋いで作ったチャンスで、打順がトップに戻る。
田中が粘りを見せ、まずまず捉えた打球がレフト方向へ飛んだが、やや高く上がりすぎて筒香のグラブに収まった。

6回表の大瀬良のピッチングは、代打石川、梶谷、筒香を三者凡退に抑えた。
全ての打者にボールから入り、荒れた投球に見えるが、今までの良い子良い子したピッチングで、勝負どころで甘く入る投球とは真逆の印象。
ヒット一本打たれても、ボール先行しても、そんなことは気にもしていないような雰囲気を感じる。

6回裏の攻撃では、丸がレフトポールのわずか1メートル左への大飛球を放ち、惜しくもファール。
なかなか良い流れになってこない。

そして7回表、1アウトからの倉本のショートゴロを田中が弾き、エラーでのランナーが出てしまうと、戸柱には高めのストレートをレフト前ヒット。
それでも9番の井納を打ち取れれば問題ないところだったが、インコース高めのストレートに詰まった打球が、一塁後方へポトリと落ちてしまうタイムリーヒット。
そして、桑原の打席でワイルドピッチでさらにもう1点追加される。

エラーをきっかけに追加点を与えてしまうというのは、間違いなく悪い流れ。

ところが、打線のポイントの1人である松山が、アウトコースのストレートを流して、三塁線を破る二塁打で出塁すると、エルドレッドは真ん中へのフォークをレフト前ヒット。
ノーアウト1、3塁となって、スタメン起用に安部が応え、高めのフォークを力強く叩いてライト前タイムリーヒットで1点を返すと、會澤、大瀬良の打順で連続代打、新井と小窪。
新井はセカンドフライに倒れたが、小窪はインコースのシュートでバットを折られながら右方向へ打球を飛ばす。
一二塁間へ飛んだ不規則回転の打球は、ワンバウンドしてから、大きくライト方向へ逸れていき、石川のグラブをかすめてライト前へと抜けていき、2点タイムリーヒットで同点に追い付く。

ただ、この後は田中と菊池が倒れて勝ち越しは出来ず、今日の流れを考えると、ここまで本塁打の出ていない筒香の一発を警戒する必要がある。

8回表にマウンドに上がったジャクソンは、石川、梶谷を打ちとって、ランナーなしで筒香を打席に迎える。
ストレート2球で追い込み、見せ球もストレート、決め球のストレートは甘くなったが、力で押し込んでセンターフライに打ち取った。

そして勝ち越すにはこれ以上ないタイミングとなる8回裏、先頭の丸のレフトへの大きな当たりは、フェンス手前で筒香のグラブに収まる。
鈴木の打席というところで、DeNAは山崎康にスイッチ。
ストレートに振り遅れ気味ではあるものの、簡単には空振りしなくなっており、調子が上がってくるまであと少しというところ。
この打席では、粘っているうちにコントロールミスのボールが背中を直撃する死球となり、勝ち越しのランナーが出塁。
しかし、松山は先に追い込まれ、エンドランを仕掛けるも三振ゲッツー。
1点を取りにいく采配が、上手く嵌らなかった。

9回表は今村がマウンドに上がる、セオリー通りの投手起用。
フォーク中心の投球で、きっちりと三者凡退に抑え、最終回の攻撃を迎える。

ただ、カープの攻撃も三上の前に三者凡退。
延長戦に突入することになるが、カープのリリーフ陣は薮田、中田、ブレイシア、一岡、飯田と人数は十分残っている。
それでも今村が回跨ぎで、はっきりと勝ちに行く姿勢を示しているが、裏目に出た。

先頭の戸柱の二游間への強い当たりの打球に、後一歩で田中が追い付けず、バウンドも合わせ切れなかった。
代打乙坂の送りバントは防いだものの、そこから連続四球で1アウト満塁。
今村らしからぬコントロールの乱れだった。

梶谷には真ん中へのフォークをセンター前に運ばれ、勝ち越しのタイムリーを浴び、今村は交代。
筒香対策で飯田をワンポイント起用し、レフトへ犠牲フライを打ち上げられてしまう。

そして一岡がマウンドに上がり、1球でロペスをレフトフライに打ち取った。

10回裏の攻撃は、対パットンということになる。
先頭の代打堂林が、150キロのストレートに空振り三振。
田中はインコースのストレートを打ち返したがファーストゴロ。
菊池はインコースへのツーシームに詰まってショートゴロに打ち取られ、反撃は叶わずゲームセット。

大瀬良の荒れたピッチングは、ある意味新鮮に映ったが、今日の試合ではやはりエラー絡みでの失点が尾を引いた。
エラーをしてしまった後の田中の守備は、安全に行こうとして足が動かなくなっているようにも見えたし、今日の敗戦をしっかり受け止めて、立て直しを図ってもらいたい。
投手リレーの失敗と、エラー、エンドランは三振ゲッツー、負ける要素は多く出ての敗戦ではあるが、まったく勝負になっていない試合ではない。

攻撃陣は、バットが振れていない訳ではないし、守備の立て直しとともに繋がり始めるだろうし、慌てないことが肝心。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター