デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.04.18 広島対DeNA 公式戦1回戦 好リリーフ、好守で掴んだ流れ、苦しんだ末の逆転サヨナラ勝ち
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.04.18 広島対DeNA 公式戦1回戦 好リリーフ、好守で掴んだ流れ、苦しんだ末の逆転サヨナラ勝ち

2017年4月18日に行われた、広島対DeNAの公式戦1回戦の試合結果

DeNA 000 030 000|3
広 島 000 011 002|4

勝 中田 2勝0敗
負 パットン 2勝1敗1S
S -

【本塁打】なし

今季初めてDeNAとの対戦を迎える。
オープン戦や練習試合でも対戦がなく、昨年のCSで勢いに乗っているDeNAのイメージが強く残っている。
そういった状況で、ドラフト1位ルーキーの濱口が先発してくるとなると、ぜひ出鼻をくじいておきたいところ。

まず野村の立ち上がりは、非常に丁寧に投げている印象。
何が何でもストライク先行、という訳ではなく、厳しいコースでストライクを取って、ボールが先行しても慌てない。
これは他の投手では真似が出来ない。
非常に速いテンポで、1回表は三者凡退で打ち取った。

これでじっくりと濱口を攻めていけるというところで、先頭の田中はフルカウントの末に見逃し三振。
これについては、全球種をじっくりと見極め、次の打者に伝える役割を果たした、まさにチームプレーという打席。
手が出なくての見逃し三振ではない。
菊池、丸の連打による、1アウト1、3塁というチャンスは、3人で作り上げたと言える。

新井は四球を選んで1アウト満塁のチャンスとなるが、ここからストレートとチェンジアップの投球に変わった。
鈴木がアウトコース高めのストレートで空振り三振、エルドレッドはチェンジアップで空振り三振で得点できず。

この配球の変化がずばりと決まり、2回以降のカープ打線はどうも濱口のペースで投げさせてしまっている。
その間、四球2つでのチャンスや、ノーアウト2塁のチャンスを逃し続け、徐々にDeNA側へ流れが傾き始める。

4回までは、まったく危なげないピッチングをしていた野村だったが、5回に連打を浴びてノーアウト1、3塁のピンチを背負うと、8番高城のスクイズで1点先制される。
バントは強く、新井のチャージは良かったが、握り損ねて本塁送球が出来なかったようにも見えた。
そして、2アウト2塁、フルカウントとなってインコースを突き続けたが、倉本に死球を与えてしまう。
この出塁によって打線が繋がり、梶谷にはアウトコースのボールになるシュートをレフト前タイムリー、ロペスにはインコースのシュートで詰まらせたがレフト前タイムリー。
決して調子が悪いわけではないが、3点を失ってしまった。

直後の5回裏の攻撃では、田中、菊池、丸でノーアウト満塁のチャンスを作るが、今日の右打者陣は濱口のストレートとチェンジアップの組み合わせに翻弄される。
新井がチェンジアップに空振り三振、鈴木はストレートに詰まって一邪飛。
エルドレッドが、ボールになるストレートとチェンジアップを見送って押し出し四球で1点を返すが、小窪は空振り三振。
チェンジアップに対し、引っ張りの打撃が非常に多く、簡単に餌食になっているのは、昨年からの課題。

濱口に対し、5回で120球以上投げさせており、決して楽なピッチングはさせていない。
しかし、チャンスで右打者に回っても濱口が嫌がっていないのは伝わってきた。

球数的に、6回からは継投策に入ってくるところで、嫌な流れを断ち切るためには、野村が追加点を与えないピッチングが最低条件。

6回表の、野村対倉本の打席で、アウトコース低めのチェンジアップを、体を開かずにセンター方向へ押し込むヒットを打たれており、チェンジアップの打ち方はこうあるべき、というのを見せ付けられた。
それでも後続は打ち取って、最低条件である追加点阻止には成功。

あとは、右投手が多いDeNAのリリーフ陣相手に、逆転を狙っていく展開となる。

先日の阪神戦では、9回ドリス相手に結果が出なかった安部、松山といったところにヒットが出てくれば、得点の雰囲気が出てくる。

ただ、左投手に対して、右打者が合っていないと感じているのだろう。
リリーフ一番手は砂田。
石原は初球で打ち取られるが、代打下水流はようやくコースに逆らわないバッティングで、右中間を破る二塁打で出塁する。
田中も逆方向への打球を放つがショートゴロとなり2アウト2塁。
そして、菊池はアウトコースのストレートを、ライト方向へ弾き返して、ライト前タイムリーヒット。

濱口の右打者へのボールに比べると、砂田のボールは素直で癖が少ない。
球筋の違いと言えばそれまでかもしれないが、この菊池の逆方向へのバッティングに続き、丸も左中間へヒットを放ち、2アウト1、3塁。
正直なところ、今日の試合に関してはここまでは来ることが出来る。
あとは、新井、鈴木、エルドレッド、小窪がチャンスで打てるかどうか。

投手が須田に代わり、新井の打席というところで、一塁ランナーの飛び出しに、DeNA守備陣が冷静に反応した。
菊池が三本間に挟まれてタッチアウトとなり、痛恨の走塁ミス。
当たりの出ていなかった4番の打席でダブルスチールを仕掛けるのは、カープにとって負の連鎖を生むことは身に染みて分かっている。
それ故に、ダブルスチールではなかったと思う。

ともあれ、1点及ばずに終盤の攻防に移っていく。
その走塁ミスの重い雰囲気を、7回表に登板の薮田の好リリーフがリセットした。

そして7回裏のマウンドには山崎康が上がる。
山崎康相手に、左の代打攻勢が出来ない打順の巡りというのは、新井、鈴木、エルドレッドと続いていくとしても、DeNAとしては良い形には違いない。
新井の弱い当たりが内野安打となり、鈴木は今日はストレートにタイミングが合わず空振り三振となるが、エルドレッドは三遊間の深い位置に飛ぶ内野安打。
小窪、石原、薮田と続く打順で、さあ、安部、松山といった代打攻勢かと思いきや、小窪はそのまま打席へ。
ワイルドピッチの間にランナーが進塁し、1アウト2、3塁となるが、小窪は前進守備のショート正面のゴロでランナーはそのまま。
2アウト2、3塁で代打松山が起用されるが、3-1からボール球を2球連続で振って空振り三振。

DeNAの投手起用が決まってしまった。

8回表も薮田が続投し、捕手は會澤に代わる。
回跨ぎでも、捕手を交代しても影響が出ないようにオープン戦から試していたオプションで、ようやく効果を生んだ。
菊池のファインプレーも飛び出し、なんとか薮田の好投に報いてもらいたい展開となってきた。

しかし、8回裏は3番手の三上の前に、代打安部、田中が打ち取られ2アウト。
菊池はアウトコースのストレートをセンター前に運んだが、丸が高めのストレートでセンターフライに打ち取られ3アウト。

残り1イニングで、初対戦となるパットンを攻略しないといけなくなった。

9回表は、中田が2アウトからピンチを背負ったものの、後続を断って、9回裏の攻撃に望みを繋ぐ。

9回裏のマウンドにはパットンが上がる。
先頭の新井が、150キロのストレートに付いて行き、センター前ヒットでノーアウト1塁。
代走の上本が送られ、打席には鈴木。
今日のDeNAバッテリーの考えでは、当然ストレート勝負を選択してくる。
鈴木としては、ストレート狙いで打つしかない。
そのアウトコースのストレートを、引っ張らずにセンター返しの打球を放つと、ライナーでセンター前で弾む。

ノーアウト1、2塁でエルドレッドは低めのスライダーを捉えると、ライナーで左中間をフェンスに直撃するタイムリーヒットで同点に追い付く。
ただ、打球が低かったことで、打球が抜けるのを確認してからスタートを切った上本は生還したが、鈴木、上本はそれぞれ2塁と1塁に止まる。
そのため、小窪に送りバントのサインを出すことになり、小窪はきっちり送りバントを決めた。
1アウト2、3塁で、途中からマスクを被っている會澤が打席に向かい、ストレートに対し引っ張り気味のフルスイング2回で追い込まれる。
しかし、最後はアウトコース高めのストレートを、センター返し。
ライナーで抜けていく、サヨナラタイムリーヒットで、逆転勝利を飾った。

小窪を起用し続けたことで、打順が回ってきたところで送りバントという作戦を採ることになり、途中出場で初打席を向かえる會澤に好機で回ってくる。
山崎康相手に、代打策を採っていっていたとしたら、こういう展開になっていたかどうかは分からない。
ベンチの判断が、良い方向へ流れを持ってきたということになるだろう。

今日は、8回までもう一本が出ない展開で、特に鈴木が苦しんでいた。

その鈴木にヒットが出て打線が繋がった。

センターから逆方向へのバッティング。
丸、菊池の好守。
薮田、中田の好リリーフ。
ベンチの判断。
DeNAの新守護神の初対戦で逆転サヨナラ勝ち。

負けはしたけど良い試合、と、良い試合をして逆転サヨナラ勝ち。
わずか10分ちょっとの間で、大きく意味合いの違う試合になったのは、1回から8回までの積み重ねがあったからこそ。
鈴木も4打席苦しんでいたからこそ、5打席目のヒットが出たとも言えるし、意味のないイニングがない、中身の濃い1試合だった。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター