デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.04.16 広島対阪神 公式戦6回戦 九里好投も報われず、スミ一での敗戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.04.16 広島対阪神 公式戦6回戦 九里好投も報われず、スミ一での敗戦

2017年4月16日に行われた、広島対阪神の公式戦6回戦の試合結果

広島 100 000 000|1
阪神 001 000 01×|2

勝 マテオ 2勝0敗
負 九里 2勝1敗
S ドリス 0勝1敗6S

【本塁打】なし

対能見ということで、新井、鈴木、エルドレッドを揃い踏みでスタメン起用し、投手の九里を含め一週間前とまったく同じスタメンを再現してきた。

田中は4球連続スライダー攻めをされたが、その4球目はバットの届く高さに来たことでセンター前ヒット。
菊池は三遊間突破のレフト前ヒットでノーアウト1、2塁。

丸は緩い当たりのショートゴロが進塁打となり、新井が四球を選んで、1アウト満塁となる。
そして鈴木が、アウトコースのチェンジアップを軽く合わせ、ややバットの先ではあったがレフトへ犠牲フライを打ち上げた。

1回表の阪神バッテリーの攻めは、特に右打者に対してはアウトコースが非常に多く、インコース膝元で打ち取られるケースがなかった。
エルドレッド四球で再び満塁となったが、小窪は2-0から打ち上げてしまって、ショートフライで追加点ならず。
その2人に対しても、インコースでのストライクはなかった。

一方の九里の立ち上がりは、ストライク先行、変化球の切れも悪くなく、危なげなく三者凡退で抑えた。

2回表の攻撃では、會澤がレフト前ヒットを放ち、九里が1球で送りバントを決める。
田中、菊池が倒れて得点は出来なかったが、攻撃の形は作っており、試合の流れは悪くない。

そう思ったのもつかの間、2回裏には福留には攻めた結果、四球となってしまうが、原口には急に制球を乱してストレートの四球。
2者連続四球でランナーが溜まり、鳥谷に対しても若干コントロールが定まらない。
ただ、ここから立て直し、鳥谷を見逃し三振、上本ショートゴロで2アウト。
梅野にはインコース2球で追い込んでから、3球目も會澤はインコースへ構える。
牽制のタイミングでいったん、打席を外すことになり、コースを変更してアウトコースへ。
このアウトコースは、梅野の読み通りだった。
コースに逆らわないバッティングで、ライト方向へ良い当たりの打球が飛んでいくが、鈴木が追いついて3アウト。

結果的にはアウトになって、無失点で切り抜けたものの、阪神側の読みの良さが、少し目立ち始めた。

3回表の攻撃では、丸センター前ヒット、新井6-4-3の併殺でランナーなし。
2アウトから鈴木、エルドレッドの連打で2、3塁となったが、小窪が空振り三振で無得点。
このイニングから、右打者のインコース膝元にストライクが決まり始めた感がある。

3回裏の九里は、先頭の能見にフルカウントの末に四球を与え、糸原にはさんざん粘られて連続四球。
わずかなところでストライクが入らなくなっており、冷静さが失われてきたのか、高山の投ゴロを弾いてオールセーフ。
もちろん捕球できていれば、併殺コースの打球だった。

ノーアウト満塁で糸井を迎え、1点は諦めて、内野は中間守備。
ファーストゴロを新井が弾き、何とか打者走者だけアウトにしたが、その間に1点返され同点。
1アウト2、3塁となり、福留をインコースのストレートで見逃し三振。

この1点を取られた後でも、インコースを突く投球でアウトを1つ取ったのが、九里の成長。
この福留の1つのアウトで、梅野の打席以降、阪神側へ傾きかけていた流れを一旦断ち切った。
続く原口は初球のカットボールでレフトフライに打ち取り、ノーアウト満塁のピンチを1点だけで凌いだ。

能見が立ち直り、九里も踏ん張ったことで、試合の流れはまったくの五分と考えて差し支えない。
次の1点をどちらが先に奪えるか、というところで、能見が5回でマウンドを降りる。

6回7回は桑原にパーフェクトリリーフで抑えられるが、九里も6回7回は5者連続三振で無失点。
8回はマテオに抑えられ、ますます1点が重い展開になってくる。
甲子園で8回裏に勝ち越されると、球場の雰囲気が大きく変わる。

先頭の糸原の打球は、九里の頭上をワンバウンドで越えていく。
この打球に追いついた菊池が、一塁でアウトにするファインプレーで、嫌なランナーの出塁を阻止。
ただ、続く高山には、アウトコース低めのツーシームを、上手いバットコントロールでセンター前に運ばれる。
糸井を迎える段階では、120球を越え、最後の踏ん張りどころを迎える。

糸井にはフルカウントになり、ランナーがスタートを切り、内野ゴロでも得点圏にランナーが進む場面になってしまうが、打ち上げた打球を會澤がフェンスにぶつかりながら掴み、捕邪飛で2アウト。

福留の打席で、高山が二盗を決めたことで、無理に勝負をせずに四球を与え、2アウト1、2塁で原口との勝負。

フルカウントからの勝負球はインコースへのツーシーム要求だったが、アウトコースから真ん中に曲がってしまってレフト前タイムリーヒット。
1点を勝ち越されたことで、九里は降板し、薮田がマウンドに上がる。
そうは言っても、1点差での最終回の攻撃であれば、抑えのドリス相手に、安部、松山、天谷の左打者3人が代打で控えているだけに、希望は残っている。

そして、薮田が期待通り、鳥谷を3球三振に打ち取って、1点ビハインドのまま最終回の攻撃を迎えることになる。

9回表は、ドリスに対し、先頭のエルドレッドがサードゴロで1アウト。
そして、代打の1番手安部はインコースのストレートで空振り三振。
2アウトとなって、代打2番手松山は、低めのフォークで空振り三振となりゲームセット。

今日の試合に関しては、能見が立ち直り、リリーフ陣も含め4回以降ノーヒットに抑えられたことで、苦しい展開になった。
今季のカープは、若手の先発投手には出来るだけ長いイニングを投げさせるのが、チーム方針となっている。
九里は7回で120球近くを投げていたが、被安打2、奪三振は10個と、内容的には良かった。
ただ、突発的にコントロールを乱し、投手に四球を与えたりと球数が嵩んでしまったことで、いずれにしても完投ペースではなかった。

目先の1勝という点では、残念な敗戦となってしまったが、九里の次回登板では反省を活かした投球を見せてくれるだろう。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター