デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.04.11 広島対巨人 公式戦1回戦 投手戦予想が乱打戦へ、好リリーフの中田が今季初勝利、今村初セーブ
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.04.11 広島対巨人 公式戦1回戦 投手戦予想が乱打戦へ、好リリーフの中田が今季初勝利、今村初セーブ

2017年4月11日に行われた、広島対巨人の公式戦1回戦の試合結果

広島 000 006 300|9
巨人 001 023 000|6

勝 中田 1勝0敗
負 森福 0勝2敗
S 今村 0勝0敗1S

【本塁打】中井2号、菊池1号

野村対菅野という先発投手の名前を見るだけで、投手戦になるのではないかという予想で試合が始まる。
カープとしては、中崎が登録抹消されたものの、ヘーゲンズ、ジャクソンという昨シーズンの勝ちパターンでの継投を担った2人に、ブレイシアも加わり、助っ人リリーフ陣3人体制という形が出来ている。
今村と、好調を維持している薮田、中田も待機しており、リリーフの人数は足りないことはない。

また、カープの4番には鈴木が入ったが、時間の問題だったので特に驚くことはないが、5番の松山の調子が上がっていれば、4番松山という可能性もあっただけに、どちらかと言えば松山の奮起に期待したいところ。

そして、両投手の立ち上がりは、キレ、コントロールともに申し分なく、共にランナーを出すことはあっても、ピンチを背負っているという感覚にならない。

良いリズムで投球すれば、守備も好守で応えられるもの。
1回裏はエルドレッドが一二塁間への当たりを好捕する。
2回裏にはマギーの痛烈なショートゴロを弾いてしまった田中だったが、直後の投ゴロ併殺打では、一塁ランナーに足元をすくわれそうになりながら併殺完成。

さあ、守備からリズムを作っていこうというところだったが、3回裏の2アウト3塁という場面で、立岡のサードゴロを、安部が一塁悪送球してしまい、タイムリーエラーで1点を先制されてしまう。

さらに、5回裏には中井に抜け球のような真ん中高めのカーブを捉えられ、レフトスタンドに運ばれるツーランで3点差。

菅野相手の3点差は非常に大きいが、5回無失点、8三振を喫していたものの、投球数は95球と、印象ほどスイスイ投げさせていた訳ではなった。

6回表の攻撃で、先頭の鈴木がレフト前ヒットで出塁すると、開幕以降ノーヒットの松山が四球を選んで繋ぐ。
エルドレッドは三振に倒れてしまうが、エルドレッドの打球の強さを警戒している巨人内野陣がベースカバーに入っていない隙を突いて、鈴木が三盗を決める。
この三塁進塁が、活きることになる。

1アウト1、3塁で、安部は弱い当たりのファーストゴロとなるが、打球を処理したファースト阿部は、三塁ランナーの鈴木が本塁を狙わず、三本間で止まったことで、ゲッツー狙いで二塁送球を試みる。
だが、当たりが弱すぎで二塁送球が間に合うタイミングではなくなり、その二塁への送球の姿勢を見せた瞬間、鈴木は再スタートを切って、本塁を陥れた。
オールセーフで1点を返し、1アウト1、2塁で石原に代打新井を送って、数少ないチャンスをものにしようと攻めの姿勢を見せる。
新井は、当たり損ねのサードゴロに倒れるが、ここも当たりが弱かったことで併殺にはならず。
そして、野村に代打小窪を送り、ストレートを逆方向へ弾き返すと、やや前進守備を敷いていたライト長野の頭上を襲う、2点タイムリー三塁打で同点に追い付く。

同点に追い付き、さらに田中が四球を選んだところで菅野は交代。
球数が125球に達したことが交代の一因だろうと思えるが、6回途中で3点という得点での125球は、カープ打線に粘りがあったという証明とも受け取れる。

開幕から無失点投球を続けてきた、ルーキーの谷岡から菊池が、池田から鈴木が、それぞれタイムリーを放って逆転に成功。

3点差をつけて継投策に移っていき、まずは登録されたばかりのヘーゲンズがマウンドにあがる。
ヘーゲンズが勝ちパターンの一角で、昨シーズンのような投球が出来れば、中崎不在の状況でも幾分かは投手起用が楽になるところだったが、今日のヘーゲンズはカットボールがほとんどコースに決まらない。
曲がりも少なく、左打者のインコースに食い込む感じがない。
バットに当たればヒットコースに飛ぶという感じになってしまい、1アウトも取れずに3点を奪われて同点に追い付かれてしまう。

ノーアウト1、2塁で中田がマウンドに上がり、その最初の打者小林がスリーバント失敗。
この送りバント失敗が、勢いづいていた巨人打線の流れを止めることになった。
もちろん、低目を突き続けた中田のピッチングが見事だったのは言うまでもないが、同点で留めたことが試合の流れを再びカープに呼び戻すことになった。

7回裏には、左の森福から安部が引っ張ってのライト前へのクリーンヒットを放つと、會澤が送りバントを決めて勝ち越しのチャンス。
そして小窪が2打席連続のタイムリーで勝ち越すと、菊池がこの日5安打目のツーランで突き放す。

今日の試合に関しては、ヘーゲンズ以降のリリーフ陣が好投を見せてくれた。
ピンチを断った中田、セットアッパー的な起用に応えた薮田、今シーズン初セーブを記録した今村。
薮田は153キロのストレートで押し、フォークでも空振りを奪う。

今村はナゴヤドームでは落ちきらなかったフォークで坂本の体勢を崩して浅いライトフライに打ち取り、マギーを空振り三振に打ち取る。

投手戦予想の試合がこれだけの乱打戦になり、3点差でも決して油断できない試合展開のはずが、最終回に何のドラマも起こさせない今村の落ち着いたピッチングは頼もしい。

5回3失点の野村はともかく、ヘーゲンズは今季初登板で乱れたという部分もあるだろうし、勝ちきったことで救われた思いもあるだろう。
プロ入り初の4番に座って、即座に結果を出した鈴木にとっても、良いスタートが切れた。

5番に入った松山が、四球で繋いだ6回がビッグイニングになったのは、偶然ではない。
次は、打って繋ぐ打撃を期待している。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター