デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.04.09 広島対ヤクルト 公式戦3回戦 九里7回2失点で2連勝、菊池のポジショニングには改めて驚かされる
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.04.09 広島対ヤクルト 公式戦3回戦 九里7回2失点で2連勝、菊池のポジショニングには改めて驚かされる

2017年4月9日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦3回戦の試合結果

ヤクルト 000 000 200|2
広  島 001 000 50×|6

勝 九里 2勝0敗
負 星 0勝1敗
S -

【本塁打】なし

今シーズン、ここまで8試合を戦って6勝1敗1分け、そのうち1失点での勝利が4試合ある。
その最初の1失点での試合で、勝利投手となった九里が先発。
守備も、投手陣もその試合からリズムが良くなり始めたと言う印象が強いだけに、今日の試合でもチームに良いリズムをもたらすピッチングを期待したい。

対するヤクルト先発のオーレンドルフとは初対戦となるが、投げ終わった後の守備とクイックに不安があるだけに、ランナーを出して揺さぶりをかけていきたい。

なお、本日は現地観戦のため、いつもとは違うバージョンで進めたいと思います。

九里の立ち上がりは、坂口にきれいな当たりのセンター前ヒットを打たれ、大引が送りバントを決めて、いきなりピンチを背負う。
ただ、山田、バレンティンと続くクリーンアップに対してもストライク先行で、山田は初球を狙い打ったようなスイングだったが捉えきれず、バレンティンは低目へのツーシームで空振り三振。
前回登板でも感じたが、ランナーを出してもバタバタすることがなくなった。

カープの初回の攻撃は、先頭の田中がここ最近目立っている逆方向へのバッティングを見せ、レフト前ヒットで出塁すると、菊池は割と捉えた当たりのレフトフライ。
オーレンドルフのピッチングは、ストレートの球速は140キロ中盤が多いが、コントロールは全般的にアバウトに感じる。
特に初回は高目でのストライクが多く、丸の右中間への当たりは、良い角度で上がりセンターバックスクリーンのわずか手前で坂口のグラブに収まった。
今日のマツダスタジアムの風は、左から右方向へ吹き、時折強い逆風となり、もう一伸びがなかったのは風の影響もあったように見えた。

2回の九里のピッチングは、1アウト2、3塁のピンチとなったが、しっかりと内野ゴロを打たせて三塁ランナーの生還を許さない。

3回のカープの攻撃では、田中の左中間突破の打球に対し、バレンティンが足を出して打球を止めようとするも追い付けず、三塁打でチャンスを作る。
2アウト後、丸はアウトコース要求のストレートが、やや内に入ってきたところを捉えて、センター前にタイムリーヒットを放ち、1点を先制。

九里は先制後もピッチングが変わらなかったが、6回表にはコントロールの乱れから大引に四球を与え、山田の前にランナーを出してしまう。
フルカウントとなったことで、エンドランを仕掛けられたが、山田の打球が強いショートゴロとなったことで、6-4-3の併殺打で無失点投球が続く。

6回を投げ終えて92球という球数で、無失点投球が続いていることから、当然7回も続投。
残念だったのは、簡単に2アウトをとった後にヒットと四球でランナーを溜めてしまい、代打大松にライト線への2点タイムリー二塁打で逆転を許してしまう。
ここのところ左の代打で存在感を示している大松に逆転打を打たれ、同じく右の代打の鵜久森を迎えたところが、今日一番の踏ん張りどころとなる。
そして、気落ちしてボール先行することなく、しっかりと攻め切ってスライダーで空振り三振。

付け足しておくと、九里は今日も打席で粘りの姿勢を見せ、十分に先発投手の役割を果たそうという意識は伝わってきていた。

そういう勝利に貪欲な姿勢は、チームに良い影響を与える。
逆転された直後の7回裏の攻撃では、先頭の會澤はコントロールを乱したリリーフ一番手の星の投球を見極めて四球を選ぶ。
ネクストバッターズサークルには、一旦は松山が準備していたが、ピンチバンターとして天谷が起用される。
會澤には代走上本が起用され、天谷も初球でバントを決め、1点を返しにいく采配が見られた。
得点圏にランナーを進めたことが功を奏し、田中のショートゴロがややイレギュラーし、大引がこぼして、1アウト1、3塁とチャンスを広げる。

菊池の良い当たりのレフトフライは、バレンティンの肩を考えると、犠牲フライになりうる当たりではあったが、バレンティンが落球するタイムリーエラーで同点に追い付いた。
星はアウト2つがともにエラーになり、チェンジだったとしてもおかしくない展開だったにもかかわらず同点になり、気持ちの整理が付かないまま丸に真ん中のストレートを投じてしまう。
150キロ超を記録していたストレートが、140キロそこそこの球速に下がっており、動揺があったのではないかと想像がつく。

その真ん中のストレートを一振りで捉え、丸がセンター前タイムリーヒットで逆転。
そして投手がルーキに代わり、新井は2球で追い込まれたものの、3球勝負のアウトコースへのカットボールを、コースに逆らわないバッティングで、一二塁間を破るタイムリーヒットで1点追加。
さらに、オーレンドルフにはタイミングが合わずに3打席連続三振だった鈴木も、初球のアウトコース高めのスライダーを逃さず振り抜いてレフト前タイムリーヒット。
2連続エラーで同点に追い付き、3者連続タイムリーヒットで追加点を奪い、エルドレッドの犠牲フライで仕上げる。
この犠牲フライも、ルーキのボークでランナーが三塁に進んだ直後に飛び出しており、点の取り方としては理想的に近い流れ。

7回に5点を奪って逆転に成功したカープは、8回表のマウンドにはジャクソンを送る。
連打と四球で1アウト満塁のピンチを背負ってしまったが、最後は畠山を打ち取って無失点で切り抜けた。
この畠山には、アウトコースのスライダーをセンター方向へ打ち返されたが、センター前に落ちようかという打球に対し、当たり前のようにセンターの前でハーフライナーを捕球できる菊池のポジショニングには、驚きを隠せない。
正直なところ、なぜそこにいるのか、という感じだった。

そして9回裏のマウンドには、4点差であっても中崎が上がる。
出来るだけ早く復調してもらいたいという意味合いもあると思うが、球速も140キロ後半まで上がってきており、追い込むまでは割とすんなり投球できる。
しかし、追い込んでからの決め球が甘く入ってしまう。
連打でノーアウト1、2塁のピンチを招いたところで、野手陣がマウンドに集まり、そこからは甘いコースへは行かなくなった。
ボールの質は間違いなく良くなっており、低めにさえ決まれば抑えられるという状態にはなってきているように思える。

代打の荒木は、インコースへのツーシームで詰まらせて投ゴロ併殺打、坂口をフォークで空振り三振に打ち取って、4月は負けなしの7連勝となった。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター