デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.04.06 広島対中日 公式戦3回戦 大瀬良白星は次回に持ち越し、2試合連続の延長戦を今日は制す
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.04.06 広島対中日 公式戦3回戦 大瀬良白星は次回に持ち越し、2試合連続の延長戦を今日は制す

2017年4月6日に行われた、広島対中日の公式戦3回戦の試合結果

広島 000 300 000 02|5
中日 000 000 102 00|3

勝 薮田 1勝0敗
負 岡田 0勝1敗
S ブレイシア 0勝0敗1S

【本塁打】大島1号

キャンプでの出遅れから復帰して以降、上り調子で開幕ローテに滑り込んだ大瀬良が先発。
まだ上積みを感じさせる状態でオープン戦を終えているだけに、長いイニングを投げ切ってくれることを期待したい。

初回のカープの攻撃では、バルデスのストライク先行のピッチングの前に、芯で捉える事が出来ずに三者凡退。

そして大瀬良もストライク先行のピッチングで、変化球の切れ、ストレートの走りともにまずまず。
こちらも三者凡退で立ち上がった。

2回に入ってもバルデスのピッチングに変化はなく、ストライク先行で常に追い込まれての打席となり、決め球の際どいボールに手を出さざるを得ない。
全く自分のスイングをさせてもらえず、新井、鈴木、エルドレッドが打ち取られた。

大瀬良の方は、2回の先頭ビシエドに対し、アウトコースのカットボールが高めに浮き、センター前ヒットとされ、1アウトからエンドランを仕掛けられる。
溝脇は空振り三振だったものの、菊池がベースカバーに入るのがやや遅れ盗塁成功。
そして遠藤の内野安打の間に、ビシエドが二塁から一気に本塁を狙ったが、タッチアウト。
ビシエドの積極的な走塁が目立ったように、昨日の延長戦から4番に元気が出てきたのは、今後注意が必要となる。

バルデスに対し、一回り目はパーフェクトに抑えられて迎えた4回表の攻撃で、田中がインコースのストレートを逆方向へ打ってレフト前ヒットで出塁。
セットポジションになると途端にテンポが代わり、菊池の送りバントで得点権にランナーを進める攻撃をきっかけに、鈴木の左中間突破の2点タイムリー二塁打、エルドレッドのタイムリーで3点を奪った。
鈴木のタイムリーによる2点だけでなく、もう1点取れるのは、チーム状態は良いといえる。

大瀬良のピッチングは、3回以降コントロールがばらつき始め、8番9番に連続四球を出すなど、ピンチを招く場面が多くなる。
心配していたように、ビシエドに当たりが戻り、5番の平田も2安打を放ち、繋がりが出始めているだけに、何とか打順を分断しないといけない。

今日、大瀬良のピッチングを支えたのは、ゲレーロはストレートにタイミングが合わないと読みきった會澤のリードということになる。
ストレートを決め球にして3三振を奪っており、昨日猛打賞の勢いを止めただけでなく、今日の試合で3アウト目を3度ゲレーロから奪い、ビシエド、平田の前にランナーを溜められることがなかった。

大瀬良は5回、6回と連続してピンチを招くが、5回は上記のようにゲレーロを三振に打ちとって凌ぐ。
ただ6回はノーアウト満塁のピンチを招くが、ランナーを溜めてからの四球というのは、内容的に良くはない。
遠藤は追い込んでからの縦のスライダーで見逃し三振を奪い、藤井も2球で追い込む。
ただ、3球勝負のボールはど真ん中へ入り、センター返しの強い打球が飛んでいく。
しかし、そこには菊池がいる。
ダイビングキャッチからの4-6-3のゲッツーを完成させ、ノーアウト満塁のピンチを無失点で抑えきった。

6回96球という球数で、本来の大瀬良であればまだ余力がありそうなものだが、故障明け、今日の投球内容を鑑みて、早めの交代となった。

大瀬良のピッチングには、下位打線に対しコントロールを乱すという課題も残ったが、ストレートで空振りを奪える球威が戻っているという、ある意味大瀬良のセールスポイントが甦ったピッチングも見られた。
守備陣に助けられた面もあるが、今日の投球が次に繋がることを期待したい。

また、気になるのは今村の状態。
昨日もそうだったが、フォークが高めに浮いてしまうケースが多く、今日は大島に本塁打を打たれている。
開幕カードではフォークが低めに決まっていただけに、ナゴヤドームのマウンドが合わなかっただけと思いたい。

ともあれ、大瀬良が無失点、今村が7回を1失点で凌ぎ、8回、9回はジャクソン、中崎が控えている。

そのジャクソンは、先頭のビシエドのピッチャー返しの打球を背中に受け、内野安打となってしまう。
ワンバウンドだったことで、特に治療を行うことなく続投したが、野村、八木、ジャクソンとよく投手に打球が当たる三連戦となっている。
そして平田もライト前ヒットで、2度目の連打でピンチを招く。

しかし、ここでも今日は守備力が発揮される。
溝脇の一塁側への送りバントに対し、新井がチャージして三塁封殺。
代打亀澤のセカンド後方への小フライには菊池が追い付く。
最後は藤井をレフトフライに打ち取って、無失点で中崎にバトンを繋ぐ。

今季初めて、セーブ場面での登板となる中崎は、代打工藤に粘られたもののファーストライナー。
大島には、2試合連続猛打賞となるライト線への二塁打を放たれる。
続く京田に対しても、どの球種でも付いて来られ、ファールで球数が嵩んでいく。
力で押し込むというよりは、タイミングをずらしてレフトフライに打ち取って2アウト。

そして今日のポイントとなるゲレーロとの対戦。
このゲレーロを出してしまうと、ビシエド、平田に繋がれてしまう。
何としてゲレーロを打ち取りたいカープバッテリーは、インコース攻めを見せるが、3球目は逆球で真ん中高目へ。
詰まりながらもライト前に落とされ1点を返され、鈴木がチャージしたものの後逸する間に、ゲレーロは三塁へ。
そして、ビシエドに真ん中のストレートを捉えられ、センター前同点タイムリーを打たれてしまう。
平田には、追い込んでからのスライダーがど真ん中に入り、左中間フェンスに直撃するのではないかという大飛球を放たれるが、フェンスに手を突きながら天谷が捕球して、2試合連続延長戦突入。

こうなってしまうと、勝ちパターンを使い切っているカープが不利。
残っている投手は、薮田、中田、ブレイシア、飯田の4人で、そのうち薮田は5試合中4試合に登板、中田は昨日回跨ぎ、飯田は昨日ストライクが入らず、と消去法で起用するとなるとブレイシアの優先度が高くなる。

10回表の攻撃は、岩瀬の前に、良い当たりはライナー、それ以外はノー感じのゴロアウトで、試合の流れは悪くなっている。

そして、10回裏のマウンドには、そんな気はしていたが薮田が上がり、ほぼフォークを投げ続けて、三者凡退に抑えた。

11回表は、カープにとっては、この2試合タイミングの合わない三ツ間が、三連投のマウンドに上がる。
先頭の堂林の三塁線への強い当たりもゲレーロの守備に阻まれ、どうも良い流れが来ないなというところだったが、田中を迎えたところで、中日は岡田にスイッチ。
すると、フルカウントからのカーブを捉えて田中がライト前ヒットを放つと、菊池はアウトコース高めの曲がりきらないスライダーを逆方向へ打ってライト前ヒット、丸が初球のアウトコースのストレートを、ここも逆方向へ打ってレフト前ヒットで1アウト満塁のチャンス。
新井の打席で、祖父江がマウンドに上がる。
2球で追い込まれたが、3球目の低めのスライダーに喰らい付いて、ライトへの浅いフライを打ち上げる。
平田の肩対田中の足の勝負になったが、ビシエドがカットして田中は生還。
そして、一塁ランナー丸を、一二塁間で挟んだところで、二塁ランナー菊池は三塁を蹴って本塁を狙う。
本塁を狙っている菊池に対し、堂上は三塁へ送球。
体勢を崩してボールを受けたゲレーロからの本塁送球は力なく、菊池の生還が早かった。
1本の犠牲フライで2点を奪うという、これ以上ないダメージを与える得点の奪い方で、延長戦で勝ち越した。

11回裏のマウンドにはブレイシアが上がり、ここでもまたもつれることになる。
2球で1アウトをとったものの、大島には2試合連続4安打目となる、サードへの内野安打(ハーフバウンド気味の送球を、堂林が捕球し切れなかった)で出塁を許すと、京田は真ん中のストレートを捉えてライト前ヒット。

今日は、何度もここへピンチの場面で回ってくる。
1アウト1、2塁でゲレーロを迎え、ブレイシアの球威、最速154キロのストレートならば押し込めると感じた會澤は、全球ストレート勝負を選択。
見事に詰まらせてファーストフライに打ち取り、最後に最大の関門ビシエドが立ちはだかる。

しかし、ここでも力勝負を選択し、詰まらせてセカンドフライに打ち取り、延長戦を制した。

今日の試合に関しては、鈴木の後逸という失点に繋がる、記録に残らないエラーはあったが、全般的には良い守備も見られたし、中崎の不調をチーム全体でカバーして、勝利に結び付けたという捉え方も出来る。
勝って地元に帰るのと、そうでないのとでは、帰路の足取りも違うだろうし、負けなしで三連戦を終えられたことには意味がある。

タラレバの話になるが、9回に鈴木が後逸しなかったとして、1点差で2アウト1塁の場面が残り、ビシエドがセンター前ヒットを放ち、2アウト1、2塁の場面で平田を迎えていたとしたら、平田の大きな当たりのレフトフライは、前進守備を敷いていた外野の頭上を越え、サヨナラの可能性が高まっていたかもしれない。
成長途上の外野手の、後逸というプレーは一度は通る道だと受け入れて、それでいて同じミスをしないようになってくれれば良いのではないかと思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター