デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.03.31 広島対阪神 公式戦1回戦 冬のような気候の開幕戦は、ミスの多い敗戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.03.31 広島対阪神 公式戦1回戦 冬のような気候の開幕戦は、ミスの多い敗戦

2017年3月31日に行われた、広島対阪神の公式戦1回戦の試合結果

阪神 203 201 002|10
広島 010 003 110| 6

勝 メッセンジャー 1勝0敗
負 ジョンソン 0勝1敗
S -

【本塁打】新井1号、福留1号

今季の開幕戦は、昨シーズンのベストメンバーとほぼ同じ名前が連なり、調子さえ上がっていれば打撃面で不安を感じることはない。
開幕一軍に残った船越、庄司、上本も個々に見れば成長して来ている姿を見せてくれており、あとは一軍経験が必要となる。
ただ、その調子さえ、というのが曲者で、メッセンジャーとの相性を買われてスタメン起用の松山、左打ちの三塁手安部はオープン戦を不振のまま終えている。
こうなると鈴木へのマークが厳しくなり、打線が繋がらない恐れが出てくる。

さて、日中から降り続いている雨の影響で試合開始が30分遅れ、そして気温は5度以下と、オープン戦以上に厳しい環境での試合となった。
その影響が出たのが、序盤からジョンソンのコントロールが安定せず、そして野手陣の動きが硬い。
ジョンソンはボール先行のピッチングとなり、野手はボールをこぼしたり、悪送球をしたりと、これでは試合の流れを掴むのが難しい。

攻撃にしても、リードを許してからはボール球を振ってカウントを稼がれ、早めに追い込まれてからは、粘りを見せることも出来ずに打ち取られる。
序盤で試合の流れを奪われたと言ってもいい。

救いがあるとすれば、ジョンソンが本調子のピッチングをして打ち崩された訳ではないという点。
寒い気候の中でも、リリーフで登板した中田のストレートは、最速140キロを記録し、スピード以上の伸びを感じさせた点。

また、逆転のカープというのは昨年の打線のこと。
今の状態でも勝手に点が入るわけではなく、個々の選手の状態と繋がりの意識が生み出したのが昨季の終盤の勝負強さ。
6回に3点を奪ったのは、確かに喰らい付いていこうと言う意識が働いていたのは感じられるが、阪神の守備にエラーの連鎖が出たもので、決して芯で捉えた打球があった訳ではない。

過去の例で言えば、松山のスランプは最長2ヶ月で、オープン戦が始まってから1ヶ月ちょっとで、もうそろそろ調子が上がってくるサイクルに入る。
逆に言えば、あと最大で1ヶ月近く、不振のままでも起用し続けるのかということにもなる。

松山を例に出してしまったが、大量ビハインドの場面で登板し、押し出し四球を出してしまった飯田が左のリリーフ一番手だという現在の状態で、あと1ヶ月を勝率5割で乗り切れることが出来れば、自力はあると言えるだろう。

9回までは何とか競った展開に持ち込むことは出来たが、その9回に福留にツーランを浴びてしまう。
代打もほぼ使いきり、勝負手は残っていない状況での下位打線。
9回裏の反撃に期待はしたいが、追加点の取られ方としては良くない。

結局、冒頭の心配の通り、鈴木が猛打賞を放っても、打線が繋がるには至らなかったが、打線の組み方次第では繋がる可能性は示せたとは思う。

今日のような苦しい戦いが続いても、何とか喰らい付いて、4月末に勝率5割を目指してもらいたい。



関連記事
スポンサーサイト
球春到来
更新お疲れ様です。
今季もよろしくお願いします!

オープン戦の不安がでた、という試合ではなかったですが、昨夜は途中で諦めてしまうような展開でした。
KJは序盤からボール自体悪くないように感じましたが、主審の判定が厳しく狂ったと感じました。
一方、メッセンジャーも3-0とカウントを悪くすることが多かったですが、カープ打線が四球を狙ってか甘い球を見逃しては打ち損じるという風に進んだようでした。

守備の乱れは恥ずかしくなりますが、初回の菊池のプレーを見てもエラーにならなくともチームの焦りを感じるプレーで「落ち着けよ」とつぶやいてしまったほどです。

>今日のような苦しい戦いが続いても、何とか喰らい付いて、4月末に勝率5割を目指して
確かにそれでいけば、可能性ありですね^^
切り替えよ、カープ

P.S. 一昨年のようにファンの期待が重すぎるため、選手が苦しそうですね。
   とはいえ、今年は誰がブレークするのか楽しみです!
[ 2017/04/01 09:30 ] [ 編集 ]
Re: 球春到来
Dyson13さま、お久しぶりです。
ジョンソンについては、立ち上がりの打ち取ったような当たり2本が、共に内野安打になったことや、気温、天気も含め厳しい状況になったのは確かです。
ただ、チームメイトとの信頼関係は高いでしょうし、次はしっかり守ってくれる、と理解していれば、次回登板はきっちり修正してくれるものと思います。

今日は、今季先発ローテーションの柱になれるのではないかとさえ思える岡田ですから、チーム初勝利を期待したいです。
[ 2017/04/01 11:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター