デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2017 > 【カープ情報】2017.03.11 広島対ヤクルト オープン戦の結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.03.11 広島対ヤクルト オープン戦の結果

2017年3月11日に行われた、広島対ヤクルトのオープン戦の結果

ヤクルト 002 000 000|2
広  島 000 000 100|1

勝 石川 1勝0敗
敗 岡田 1勝1敗
S 小川 1勝1敗1S

【本塁打】西浦1号

カープ先発の岡田は、船越とのバッテリーで、地方球場での登板に臨むことになったが、初回から伸びのあるストレートが低めに決まり、立ち上がりを簡単に三者凡退に抑える。

そしてヤクルト先発の石川は、過去何度も対戦してきた投手。
どの試合でもきっちりと低めに、コーナーに変化球を決めてくるが、そういったピッチングを今日も見ることになる。
先頭の安部がきれいにセンター前にヒットを放っても、何ら動じることない。
高低、内外を使い分け、堂林、丸、新井は揃って芯を外され、初回は無得点に終わる。

極端な捉え方かもしれないが、石川ほどの投手を相手にするとなると、オープン戦で打ち崩したところで、シーズンでも打てるとも限らない。
その逆も然り。
ある程度力量の分かっている相手に対し、どうやって1点でもリードして試合を終えられるか、そこが見所の一つと言える。

そう考えると、今日の岡田のピッチングは、先発投手としてみれば十分な結果を残した。
ツーランによる2失点も、先発としての責任を十分果たしているし、5回のノーアウト満塁からの三者連続三振にも成長の跡は見られる。
それでも、石川との投げ合いで先制点を与えてしまっている、というシビアな経験もよしと出来るのは、オープン戦ならでは。

2番手で登板したヘーゲンズは、前回登板で変化球のコントロールにやや甘いところが見られていたが、この日はきっちりと修正できており、非常にテンポ良く内野ゴロの山を築いた。
4イニングをパーフェクトピッチで抑え、12個のアウトのうち8個が内野ゴロ。
カットボールに対し、芯に当たる打球も少なく、今日の投球内容であれば当然首脳陣も起用法を迷うことになるだろう。

さて、気になるのは打線の方。
3月上旬はなかなか打てない時期であるのは承知の上だが、今日安打を放ったのは安部、丸、新井、下水流の昨季の一軍実績組みで、その他では新戦力のペーニャがヒットを打っている。
戦力の底上げというところから考えれば、出番が減り始めたメヒアは、そろそろ開幕前の支配下登録が微妙になってきているし、悪い時の打ち取られ方が続いているエルドレッドも、調子の面では上がってきていないように見える。
一方のペーニャは、コンスタントにヒットが出ており、ヘーゲンズの調子も含め、外国人枠の争いも激しくなってきている。

どの打者がとは言わないが、ボール球に手を出し始めているのは、結果が欲しい時期に差し掛かっているからで、ここで気持ちの波を乗り越えて、結果も残すという姿を見たい。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター