デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2017 > 【カープ情報】2017.03.05 広島対阪神 オープン戦の結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.03.05 広島対阪神 オープン戦の結果

2017年3月5日に行われた、広島対阪神のオープン戦の結果

広島 013 100 001|6
阪神 000 001 010|2

勝 岡田 1勝0敗
敗 小野 0勝1敗
S -

【本塁打】堂林1号

阪神の先発は、ルーキーの小野。
初回のカープ打線に対しては、ストレートがほとんどを占め、安部、堂林、丸、松山は揃ってストレートを狙い打った。
結果こそ、堂林、丸の連打の後、松山のサードゴロ併殺打で無得点に終わったが、全員芯で捉えていた。
140キロ中盤のストレートに空振りする打者が皆無だったと言うことで、悪いイメージは持たなかったのではないだろうか。

一方、カープ先発の岡田は、スライダーとストレートでカウントを整え、フォークとストレートで勝負を決める、内容の良い立ち上がり。

2回のカープの攻撃は、エルドレッド、ペーニャ、メヒア。
小野のストレートがどこまで通用するのか見極めるにはもってこいの打順で、エルドレッド、メヒアはストレートを打って連打。
ノーアウト1、2塁でメヒアを迎えたところで、ストレート中心の配球から変化球を混ぜ始めた。
こうなるとストレートが活きてきて、メヒアは、ストレートに空振りし、最後はインコースのストレートに詰まって投ゴロ併殺打。
ただ、続く會澤には再びストレートだけになり、そのストレートを捉えてレフト前タイムリーで1点を先制。

3回には丸のセンター前タイムリーヒットが出たが、抜け球が続いて2-0となったカウントからストレートを狙い打っている。
エルドレッドの内野ゴロの間の追加点も、ペーニャのライト前タイムリーも同じくストレート。

実際、変化球の抜け球も多く、仕方なくストレート中心の投球になっているようにも見え、今日の投球内容を鵜呑みには出来ない。

2回の岡田のピッチングは、先頭の原口にセンター前ヒットを打たれたことで、慎重な投球になった。
勢いで押す投球が持ち味の投手が、丁寧に低めを突く投球が出来ているのは収穫だろう。
中谷に3-2としてから、四球を出せないという意識が働いたのか、スライダーが高くなってしまったのは失投だと思うが、それ以外はゴロを打たそうという意識が感じられる投球だった。

4回のカープの攻撃は、左腕横山に対し、西川が技ありのセンター前ヒットを放ち、安部は体勢を崩されてのサードゴロ。
対左打者だけでなく、右打者に対してもストレートが少なく、変化球が多くなっている。
2アウト2塁で、堂林が追い込まれてからのチェンジアップを捉えてレフト前タイムリーヒット。
かなり浅いレフト前ヒットで、二塁ランナーの西川が三塁を回ったタイミングでは、本塁は際どくなるかと思ったが、全く間に合うことなく生還を果たす。
高山の送球ミスなのかもしれないが、シーズンでも本塁を狙うだけの隙は見えたように思う。

3回、4回を三者凡退に抑えた岡田は、予定通り4イニングでマウンドを降り、2番手は一岡。
とにかく低めにボールを集め、2アウトからヒットと四球でランナーは溜めたものの、内容的には大崩のない安定したものが感じられる。

3番手で登板したヘーゲンズは、いきなりバティスタの拙い守備でランナーを許し、さらにヒットでノーアウト1、2塁のピンチを背負った。
しかし、タイムリーで1失点となったものの、自ら崩れることなく、それでいてストライクゾーンのいっぱいで勝負できているため、ピンチが大きく広がっていくことがない。
1イニング目は、1失点(自責点0)で凌ぎ、2イニング目はあえて捕手を代えて船越とのバッテリーで挑む。
左打者のインローへのカットボールなど、昨年もよく見られた攻め方で無失点で抑え、船越がマスクを被っても違和感なく見ていられる。

その船越は、8回の打席、1アウト1塁の場面で右打ちを見せ、一二塁間を破るライト前ヒットを放つ。
三塁を狙った庄司が三塁でタッチアウトとなったものの、進塁打が必要な場面できっちり右方向へゴロを転がす辺りに、開幕一軍を伺っている様子が伝わってくる。

そしてヘーゲンズは3イニング目もマウンドに上がる。
このイニングではカットボールが抜けたり、低めのワンバウンドのボールが増えてきた。
先頭の高山への四球は抜け球が多く、北條のレフト前ヒットはアウトコース高めにスライダーが抜けた。
ただ、そこからは内野ゴロを3つ打たせ、1失点で凌いでおり、最低限の投球は出来たかなというところだろうか。

さて、序盤以降はランナーを出しても得点には繋がっていなかったカープ打線だったが、最終回に堂林の本塁打が飛び出した。
岩崎の真ん中高めのストレートを、力感なく振りぬいた打球は、真っ直ぐバックスクリーンに伸びていき、そのままスタンドイン。
次打者のバティスタが、3球バットを振り回して空振り三振という打席を見ただけに、堂林の打ち方の良さが際立った格好になった。

最終回のマウンドには飯田が上がり、2アウトからの連打でピンチを迎えたものの、高山をインコースのストレートで詰まらせてショートフライに打ち取り、ゲームセット。
ただ、どの打者に対しても、船越の構えよりも若干甘めに入るケースがほとんど。
決めに行くインコースのボールが、逆球でアウトコースに行ってしまったり、低め要求のボールが高めに浮いてしまったりと、僅差の展開で起用するのは躊躇われるのではないだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター