カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2017 > 【カープ情報】2017.02.18 広島対オリックス 練習試合 
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.02.18 広島対オリックス 練習試合 

2017年2月18日に行われた、広島対オリックスの練習試合の結果

広  島  000 010 130|5
オリックス 013 001 000|5

勝 -
負 -
S -

【本塁打】伊藤、吉田正、メヒア、バティスタ

2017年のカープにとって、初の対外試合となるオリックス戦。
スタメンは、6田中、4菊池、7堂林、9鈴木、Dバティスタ、3メヒア、5安部、2船越、8野間というスタメンは、長打力という点で見れば魅力のある名前が並んでいる。

天福球場では、ペーニャのフリーバッティングが行われていたが、癖のないスイングで、率はそこそこ残せそうに見えた。
こうなってくると、バティスタ、メヒアは少なくともペーニャに並ぶほどの打撃を見せないと、支配下登録は勝ち取れないことになり、この練習試合から続いていく実戦でのアピールにも注目したい。

初回のカープの攻撃は、ドラフト1位ルーキーの山岡との対戦となり、田中が初球を引っ掛けてセカンドゴロに倒れる。
菊池はわりと捉えた当たりのセンターフライ、堂林はインコースに詰まって一邪飛であっさりと抑えられる。
低めに制球されているわけではなかったので、捉えそこなったとも思えた。

一方の九里は、ボール先行の投球だったものの、甘いコースへのボールは少なく、変化球も多めに使って、抑える投球をしていたように感じられた。

2回は、オリックスの投手がドラフト2位ルーキーの黒木に代わり、打席には鈴木。
4球続けてストレートの後に、決め球としてチェンジアップを放ってきたが、大きくタイミングを外されることなく、レフトフライを打ち上げる。
バティスタは、ボール球をじっくり見極めてフルカウントまで持ち込んだが、最後は外のストレートで空振り三振。
メヒアは、どうも構え遅れというか、タイミングの取り方が悪く、ストレートに差し込まれて捕邪飛となり、次の打席でどこまでタイミングを合わせられるかという内容に見えた。

2回の九里は、やはりボールがバラついてしまっている。
モレルから三振ゲッツーを奪ったボールは、フルカウントから低めのボールからボールに外れるチェンジアップで、結果オーライでもあったように思う。
一般的に、この時期は打者の仕上がりの方が遅いと言われているだけに、続く伊藤にもフルカウントにした後に、アウトコースのストレートを左中間スタンドに運ばれた投球は、内容的にも良い印象はない。

三振ゲッツーでランナーがいなくなり、2アウトランナーなしからの一発は、試合の流れを失いかねない失点の仕方。
今年の九里は違うな、という投球ではなかった。

3回は、オリックスの投手はドラフト5位ルーキーの小林に代わり、ランナーを一人出したものの、特に動きはなく無得点。
野間は2球で追い込まれて、最後の落ちるボールに当てただけのショートゴロ。
振りが鋭くなっているという印象はなかった。

そして、カープは3回から塹江がマウンドに上がる。
その塹江もストライクとボールがはっきりしており、置きに行ったような、球威不足のストレートを弾き返された。
安達のセンターオーバーのタイムリーも、吉田正の左中間へのツーランも、ともにベルトの高さよりもやや低めのストレート。
コースが悪いほどではないにしても、軽々と外野の頭を越えていく打球を見ると、コントロールを気にして球威が落ちてしまうと、打ち取ることができないのだから、もっと思い切って攻めていってもらいたい。

5回と6回は薮田がマウンドに上がり、西野には四球を与えたが、これはかなりファールで粘られた末の四球。
それ以外でも、やはりボール先行のピッチングになってしまっており、練習試合として見れば、かなり投球リズムは悪くなってしまっている。
逆球、抜け球ありという投球で、内野ゴロの間の1失点のみという結果は、これから調子を上げていければ、まだ今後に期待の持てる状態にはあると見て良いだろうか。

さて、7回に入ると、先頭のメヒアのタイミングの取り方、始動がやや早めに変わり、差し込まれなくなっていた。
ファールで粘る間にタイミングを合わせ、アウトコースからインコースに曲がってくるツーシーム系のボールを捉えて、レフトスタンドに運んでいった。

また、8回には、バティスタがアウトコース高めのストレートを、素直にセンターに打ち返すと、高い弾道のままスタンドに届く同点スリーラン。
4回の2打席目にも同じようなうち方で大きな当たりのセンターフライに倒れており、高めのストレートに強い、という特徴を見せてくれたように思う。

あとは、安部が2安打目となるライト前ヒットを放つが、凡退した2打席もライトライナー、センターライナーと内容は良い。
当然、ペーニャの存在は気になっているところで、外国人枠争い、サード争いが、狙い通り過熱している。

終わってみれば、三者凡退のイニングが作れたのが、九里の初回だけ。(4回の塹江は四球後の併殺打)
無四球ピッチングは、飯田だけ。

そのどちらでもないが、8回と9回を投げた中村祐は、捕手の構えに近いところに投げ切れており、インコースも狙って突く投球が出来ていた。
縦の大きなカーブも要所で決まっており、緩急を使ったピッチングも出来ていた。
9回に打球が直撃した際にはヒヤリとしたが、何事もないように続投し、無失点で同点のマウンドを締め、試合は同点に終わった。

今日、2イニングを投げた九里、塹江、薮田、中村祐の4人の中では、中村祐の投球が一番安定感があったように思う。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター