デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2017年全球団新外国人】 > 【中日】エルビス・アラウホ投手の成績
スポンサードリンク

【中日】エルビス・アラウホ投手の成績

中日が2017年の新外国人選手として、契約合意間近と報じられた、エルビス・アラウホ投手(25)の成績
(2017年1月6日契約合意発表)

201cm、125kg、左投げ左打ち。

ストレートの最速は154キロで、持ち球はスライダー、チェンジアップ、カットボール。

プロ入り1年目から、マイナーで先発ローテーション入りし、いきなり9勝を挙げると、2年目も先発として7勝。
ただ、3年目の2013年に左肩を痛め、シーズンではわずか2試合の登板に留まると、翌年からはリリーフへ転向。
そこでクローザーを務めるなど、徐々に実績を積み重ねていく中で、5年目には3Aを飛び級して、メジャー初昇格を果たす。

プロ経験自体が少なく、現状の投球スタイルは、ストレートとスライダーの2種類で投球を組み立てているが、ストレートはストライクが入らず、スライダーはカウントを取りにいく場合と、決め球として使う場合を使い分けている。

角度のある荒れたストレートが最大の武器で、ストライクの入るスライダーとの組み合わせが、うまく噛み合うと空振り三振を奪えるケースが増える。

守備面でもまだ鍛える余地が残っており、投手としての完成度が高いと言う訳ではない。
2015年には、下半身を故障して離脱しており、6年間で2度の故障離脱。
これからという時に練習に時間を割けていないことは気がかり。

今オフのベネズエラウインターリーグでは、与四球率3.71、奪三振率7.94とまずまずまとまったピッチングを見せている。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2011(Rk)13119102.86 63    2054218581.14 2.57 8.29
2011(A-)220008.10 6 2/36110752.70 9.45 6.75
2012(A)282871005.00 135    751417611111.50 4.07 7.40
2013(A+)220005.59 9 2/36111481.55 3.72 7.45
2014(A+)2501184.03 29    1323113291.24 4.03 9.00
2014(AA)1801032.57 21    620215211.67 6.43 9.00
2015(AA)701207.45 9 2/38916111.55 5.59 10.24
2016(AAA)1801012.18 20 2/351526191.02 2.61 8.27
マイナー通算113432014124.25 294 2/3139284161302621.40 3.97 8.00
AAA通算1801012.18 20 2/351526191.02 2.61 8.27
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
20154002103.37 34 2/31329119341.38 4.93 8.83
20163202106.91 27 1/32136417291.94 5.60 9.55
メジャー通算7204204.94 62    3465536631.63 5.23 9.15






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター