デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2017年全球団新外国人】 > 【ヤクルト】デービッド・ブキャナン投手の成績
スポンサードリンク

【ヤクルト】デービッド・ブキャナン投手の成績

ヤクルトが2017年の新外国人選手として、獲得を目指すと報じられた、デービッド・ブキャナン投手(27)の成績
(2016年12月19日契約合意発表、当初表記デビッド・ブキャナンから変更)

191cm、91kg、右投げ右打ち。

ストレートの最速は151キロで、持ち球はスライダー、カーブ、ツーシーム、チェンジアップ、カットボール。

このうち、チェンジアップとカーブを決め球としており、高い奪三振率を誇る。

大卒でプロ入りし、マイナーでは先発一本で登板を重ね、2014年にメジャー初昇格を果たす。
そのメジャーでも、2年間での35試合全てで先発し、ローテの一角を担う。

しかし開幕メジャーを勝ち取った2年目の2015年は、開幕から5連敗を喫し、マイナー降格。
その5試合の防御率は8.88と大崩れしており、試合を作ることが出来なかった。
その後も、マイナーとメジャーの往復というシーズンで、メジャーでは序盤から大量失点という試合が目に付く。

キャリアを通じて、右打者に対しての攻めに苦労している部分があり、マイナーでも右打者の被打率が3割を超える。
ツーシーム、カットボールといった、打者の手元で変化するボールの精度が悪いことが原因の一つと考えられる。

2016年は、一度もメジャー昇格することなく、3Aで先発ローテーション投手として過ごし、10勝を挙げるものの、やはり右打者への被打率のほうが高くなっている。

守備に関してはそこまで高いレベルにはないものの、クイック、セットポジションといった最低限の動作は問題なく、長いイニングを投げる能力も高い。

その要因の一つに、コントロールの良さが挙げられるが、先述の通りツーシーム、カットボールが通用しにくい部分があり、どうしてもストレートとチェンジアップに頼らざるをえない。
日本のプロ野球で使用するボールは、さらにツーシームが変化しにくいとも言われており、さらに投球の幅が狭まるのではないかという不安要素はある。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2010(A-)13133104.21 62    2961123301.35 3.34 4.35
2011(A)202011503.38 125    47115632861.18 2.30 6.19
2011(A+)663203.90 32 1/31437411241.48 3.06 6.68
2012(AA)12123503.86 72 1/33173723401.33 2.86 4.98
2013(AA)222261104.82 130 2/3701421541861.40 2.82 5.92
2013(AAA)664203.00 39    1336212221.23 2.77 5.08
2014(AAA)12126203.95 57    2567321461.54 3.32 7.26
2015(Rk)221001.00 9    160050.67 0.00 5.00
2015(AAA)10104202.80 54 2/31758220301.43 3.29 4.94
2016(AAA)272610903.98 167 1/3741631540951.21 2.15 5.11
マイナー通算130129513903.86 749 1/3321758552234641.31 2.68 5.57
AAA通算5554241503.65 318    12932422931931.31 2.63 5.46
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
201420206803.75 117 2/3491201232711.29 2.45 5.43
201515152906.99 74 2/3581091229441.85 3.50 5.30
メジャー通算353581705.01 192 1/310722924611151.51 2.85 5.38






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター