デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2016年全球団新外国人】 > 2016年新外国人選手の結果と期待度についての考察
スポンサードリンク

2016年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2016年のペナントレースが終了したことを受け、2016年の新外国人選手(移籍・再入団・残留選手は除く)について期待度を掲載していましたので、2016年の成績を踏まえて考察をしてみたいと思います。
参考記事:
2011年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2012年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2013年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2014年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2015年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2016年 全12球団 新外国人獲得リストと数値で見る期待度

★★★★★・・・<0選手>

今季は星5つを付けた選手はいませんでした。
タイトル争いに絡むような選手がいなかったことを考えると、妥当だったのかなと思います。

★★★★☆・・・<2選手>
マルコス・マテオ、マット・ヘイグの2選手です。

マテオについては、一時期クローザーとして機能しており、実力的には評価通りの成績に近い投手だったように思います。
一方、ヘイグについては、故障もありましたが、一軍での100打席をめどに出番が失われた感があり、実力発揮とは行きませんでした。

【スポンサードリンク】


★★★☆☆・・・<22選手>
カイル・デイビーズ、ジョシュ・ルーキ、ルイス・ペレス、ギャレット・ジョーンズ、ラファエル・ドリス、ジェイ・ジャクソン、ジェイソン・プライディ、スティーブ・デラバー、ジェイミー・ロマック、エリアン・エレラ、マイク・ブロードウェイ、ジョーダン・ノルベルト、ダヤン・ビシエド、クリス・マーティン、アンソニー・バース、ヤマイコ・ナバーロ、C・C・リー(李振昌)、フェリペ・ポーリーノ、ブライアン・ボグセビック、ラダメス・リズ、ジェイク・ブリガム、カルロス・ペゲーロの22選手。

この星3つの中からは、例年タイトル級の選手が出てきますが、今年度はタイトル獲得者こそ出ませんでしたが、チームの主力級の働きをした選手が多く出てきています。
筆頭格は、42HPのジャクソン、39HPのルーキ、21HPおよび21セーブのマーティンでしょうか。
その他でも、ビシエド、ギャレット、バースはチームに欠かせない戦力と言えますし、途中加入で来期に期待を抱かせたのは、CSまで含めて日本のプロ野球への適正を示し始めていたエリアンと、51試合で10本塁打のペゲーロの2名で、ここへ故障のため最後までプレーは出来ませんでしたが、故障するまではなかなかのパフォーマンスを発揮していたドリスを加えた、計9選手までが星3つとして十分な成績を残せた選手でしょうか。
それ以外の13名の選手については、残念ながら最大のパフォーマンスを発揮するには至らなかったと言えるのではないでしょうか。

★★☆☆☆・・・<14選手>
ハ・ジェフン、ホセ・ガルシア、ガブリエル・ガルシア、コーディ・サターホワイト、ブレイディン・ヘーゲンズ、ザック・ペトリック、ファン・ハイメ、レイソン・セプティモ、アンディ・バンヘッケン、エリック・コーディエ、パット・ミッシュ、ブレント・モレル、ジョニー・ゴームズ、フェリックス・ペレスの14選手。

この星2つを付けた選手というのは、チーム事情などで出番が限られるだろうという想定も踏まえていますが、その想定が覆され、出場機会が与えられると主力級の働きを見せたのがヘーゲンズということになります。
ただ今季に限ると、ヘーゲンズ以外では、サターホワイトが奮闘したくらいで、その他の選手に関しては、ほぼ実力を発揮する時期がないままシーズンを終えたのではないかと思います。

★☆☆☆☆・・・<2選手>
ロベルト・スアレス、ジャフェット・アマダーの2選手。

スアレスを星1つにしていた大きな理由は、バンデンハーク、サファテ、バリオスのバックアップ要員という想定でしたので、まず出番がなく、じっくり1年ファームで力をつける算段なのだろうと思っていました。
そうでなくとも、プロ経験がほとんどない投手でしたので、フィールディングなど投球以外の部分でも、時間がかかるのではないかと思っていましたが、出てくればものが違いましたね。
アマダーは思っていたよりは数字を残しましたが、やはり故障の懸念は付きまといますね。

あくまで星付けは当ブログの主観で、活躍したと思われる選手の選別も主観で行っています。
あの選手は、数字には表れない部分でもっとチームに貢献していた、ということもあろうかと思いますが、ご容赦ください。
活躍度合いは、
★★★★★は0/0。
★★★★☆は1/2
★★★☆☆は9/22
★★☆☆☆は2/14
★☆☆☆☆は1/2

今季は星5つの期待度の選手がいないという予想をしていましたが、方向性は間違いではなかったように思います。
あえて、星3つの基準を甘め、星2つの基準を厳しくしたことで、星3つからの活躍選手は若干増えましたが、逆に星2つからの活躍選手は大幅に減りました。
当ブログの弱点でもあった、星2つを付けた選手の活躍に対し、今季はそれなりの確度が保てたのではないかと思います。
来季への反省としては、出番が限られること(のではないかという予想)での星1つ評価は、判定の基準から外すか、コメントで表記するか、考えたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター