デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016日本シリーズ > 【カープ情報】2016.10.27 広島対日本ハム 日本シリーズ5回戦 札幌ドーム三連敗で、土俵際に追い詰められる
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.10.27 広島対日本ハム 日本シリーズ5回戦 札幌ドーム三連敗で、土俵際に追い詰められる

2016年10月27日に行われた、広島対日本ハムの日本シリーズ5回戦の試合結果

広   島 100 000 000|1
日本ハム 000 000 104|5

勝 バース 2勝0敗
負 中崎 0勝1敗
S  -

【本塁打】西川1号

ついに、という表現が正しいかどうかは別として、カープも打線を入れ替えてきた。
下位で長打力を発揮していたエルドレッドを4番で起用し、新井を6番に下げた。

シーズンでもわずか2試合しかなかった4番エルドレッドが機能するかどうかはともかく、小窪と、スタメン抜擢の下水流の下位打線でチャンスが作れれば、十分得点能力が上がる。

まず初回のカープの攻撃は、日本ハム先発の加藤に対し、先頭の田中がスライダー気味の変化をするフォークを捉えて、センター前ヒットで出塁。
マツダスタジアムでの2試合では、送りバントをしていたケース。
ただ、加藤のストレートの球速は140キロ前後で、すんなり送りバントではもったいない気もするが、流れを取り戻す意味でも、連勝時の攻撃パターンの再現を狙い、菊池が送りバントを決める。

1アウト2塁となって、丸はカーブを引きつけてセンター前ヒット。
ライナーでセカンドの頭を越える打球ということで、田中のスタートが遅れて、1アウト1、3塁となるが、本塁に帰れない当たりでもなかっただけに残念な走塁と言える。
4番に入ったエルドレッドがインハイのストレートで詰まり、ファーストファールフライでランナーは動けず2アウト。
良い形を作りながら無得点だと、嫌な流れを引きずりそうになってくる。

5番の鈴木は0-3からストレートを打っていってファールとなるが、積極性を失っていないことについては、期待が出来る。
そして1-3からアウトコースのストレートを素直に打ち返し、センター返しのタイムリーヒットで1点を先制。

この時点ですでに、5試合連続でカープがリードを奪う時間帯があったことになる。

新井はインコースのストレートに詰まるバッティングを繰り返してしまい、センターフライで1点どまりだったが、ジョンソンの先発時に先制点を取れたというのは、まずは良いスタートが切れたと言える。

そのジョンソンの立ち上がりは、中4日の影響をまったく感じさせない三者凡退。
これで試合運びに不安がなくなる。

そして左の加藤対策でスタメン起用されている小窪、下水流の連続ヒットでノーアウト2、3塁のチャンスを作る。
特に下水流の右方向への当たりは、札幌ドームの最深部にもう少しで飛び込むフェンス直撃の二塁打だった。

このチャンスで石原がショートゴロで本塁突入できず1アウトとなり、田中が四球を選んで1アウト満塁となったところで、加藤がマウンドを降り、右のメンドーサに交代する。
そして菊池、丸が打ち取られて追加点ならず。

この継投策は、正直なところ予想の出来るものだった。
日本ハムにとって序盤の大量失点は避けたいところで、対左用のスタメンが機能しつつあったカープ打線の目先を変える右投手の起用。
こればかりは、分かってはいても日本ハムの策略に乗るしかない。

ただ、それだけ苦しい事情があるという裏返しでもある。
昨日バント失敗の鈴木の先制タイムリー、2回裏の1アウト2、3塁のピンチを無失点で切り抜ける田中のファインプレー、派手さはないがしっかりと地に足をつけてプレーが出来ている。

相手の策を受け止めた上で、カープの野球を貫いていくことが、勝利への近道には違いない。

5回裏の守りでは、1アウト2塁の場面で、中島卓の当たりは三遊間を破ろうかというコースに飛ぶ。
しかし、田中が追い付いて、三塁を狙っていた田中賢を三塁で刺した。
三遊間の打球に追い付いた田中の守備も見事だが、すぐさま三塁のベースカバーに戻った小窪も集中できている。

6回裏は、1アウトから大谷にアウトコースのカーブを逆方向へ打ち返され、左中間を破る二塁打でピンチを招く。
踏ん張りどころを迎え、中田をアウトコースのカーブでわずかにタイミングを外し、浅いレフトフライで2アウト。
レアードを敬遠して、2アウト1、2塁の場面で、代打矢野を初球ショートゴロに打ち取って、6回無失点でジョンソンはマウンドを降りる。

今日は、プレーも采配も、まったくといっていいほど隙がない。

7回表の攻撃では、未だ続投しているメンドーサに対し、先頭の小窪が四球を選び、下水流が送りバントを決める。
対左対策でスタメン起用された2人でチャンスを作っており、ここでの追加点は試合の流れを呼び込める。
石原はセカンドゴロ進塁打で、2アウト3塁となって田中が打席に向かうが、メンドーサはそのまま続投。
しかし田中がセカンドゴロに倒れ、どうしてもあと一本が出ない。

追加点は入らないが、試合運びには問題がない。

7回からは今村がマウンドに上がり、小窪の代走に出た安部がそのままサードの守備に就く。
ただ、この試合で初めて、先頭打者へ四球を与えてしまう。
市川に初球で送りバントを決められ、1アウト2塁。
終盤に形を作り、反撃ムードを高めてくる日本ハムは初球攻撃。
中島卓が三遊間を破るレフト前ヒットで、1アウト1、3塁とピンチが広がる。

そしてアウトコースのフォークがやや高めに浮いたところを、岡にセンターへ打ち上げられ、犠牲フライで同点に追い付かれる。
ただ、同点であれば、ミスのない試合運びで集中力も高まっているカープ打線の、終盤の攻撃にも期待できる。

8回の攻撃では、ようやくメンドーサがマウンドを降り、谷元が登板してくる。
先頭の菊池がキャッチャーフライ、丸がセンターフライ。
エルドレッドはレフト線へヒットを放ったが、鈴木がアウトコースのフォークを引っ掛けてサードゴロで無得点。

8回裏はジャクソンがマウンドに上がる。
2試合連続で失点してしまっているが、その2試合ともインコースへのストレートは皆無だったように思うし、縦スラよりも横スラの割合が多かったようにも思う。
先頭の大谷には、インローへの縦スラ、インコースへのストレートを投げ込んでおり、攻め方を変えているのは明らか。
フルカウントになって、最後は高めのストレートで空振り三振を奪う。
続く中田へもストレート勝負で、アウトコースの155キロのストレートで空振り三振。
あとはレアードを力でねじ伏せられればというところだが、ここは2アウトで本塁打だけは絶対に打たれてはいけない場面。
ストレート2球がボールとなり、アウトコースに抜けたスライダーをフルスイングされるが、バットの先の浅いレフトフライで3アウト。

9回裏は、3連投のバースとの対決となり、先頭の新井は、追い込まれながらもアウトコースのボールに喰らい付きライト線へ落とすヒットで出塁する。
代走赤松を送り、今日の交代のタイミングは、ここで点を取るんだという意思表示が十分伝わる。
安部が送りバントを決め、勝ち越しのランナーを2塁に進める。
しかし下水流は、ストレートに力負けし、浅いセンターフライでランナー動けず。
石原は、アウトコースのカーブに見逃し三振、9回で勝ち越すことは出来なかった。

9回裏のマウンドには、3戦、4戦と出番のなかった中崎が上がる。
1アウトから田中賢に粘られて四球を与えると、8番市川がこの試合3つ目の送りバントを決める。
同点に追い付いた形を再現し、日本ハムの攻撃は意図がある。
2アウト2塁で、中島卓のピッチャー前への緩い当たりが内野安打となり、2アウト1、3塁。
岡には初球がデッドボールとなり、2アウト満塁で西川との勝負。
2球目の真ん中高めのストレートを完璧に弾き返され、ライトスタンドへのサヨナラ満塁本塁打。

札幌ドームでの3連戦は、四球が致命傷になるケースが続いた。
今村、ジャクソン、中崎は、ここまで簡単に四球を出す投手ではないのだが、慣れない札幌ドームに加えて、短期決戦でのプレッシャーも影響しているのだろう。
ビジターの雰囲気、洗礼を浴びるというのも、厳しい環境を作り上げられていると感じる。

今日に関しては、2回途中で、左の加藤から、右のメンドーサに代えるという日本ハムの試合巧者ぶりが勝負の分かれ目だった。
これで王手を掛けられたことになり、有利不利で語れば、間違いなく不利。

ただ、この3連戦は全て接戦で、きっかけ一つで流れは変わる。
満塁本塁打を浴びてのサヨナラ負けは派手に映るが、サヨナラ押し出し四球でプレッシャーに負けての敗戦よりは、よほどすっきりする。
大丈夫、中崎は切り替えられる。

あとは、マツダスタジアムでの2連勝を期待する以外に、何があるだろう。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター