デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016日本シリーズ > 【カープ情報】2016.10.26 広島対日本ハム 日本シリーズ4回戦 ジャクソン2試合連続失点で2連敗、2勝2敗の五分
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.10.26 広島対日本ハム 日本シリーズ4回戦 ジャクソン2試合連続失点で2連敗、2勝2敗の五分

2016年10月26日に行われた、広島対日本ハムの日本シリーズ4回戦の試合結果

広   島 000 100 000|1
日本ハム 000 001 02×|3

勝 谷元 1勝0敗
負 ジャクソン 0勝1敗
S 宮西 0勝0敗1S

【本塁打】中田1号、レアード2号

交流戦では、切れのよいストレートに押し込まれる場面が多かった高梨と、日本シリーズで対戦するカープ打線は、やはりストレートに詰まる場面が多い。
初回は、打ち上げてのフライアウト3つとなっており、簡単に攻略できる相手でないことを再認識する。

またカープ先発の岡田は、球速、球威ともにまずまずではあるが、微妙なコントロールがない。
際どいコースは外れ、大きく抜けるボールもあり、石原が初回から苦心のリードを見せる。

ストレートの球速と、スライダーのキレが今日の生命線で、追い込めたらスライダーという選択が多くなっている。
3回まで毎回ピンチを背負っているが、所謂荒れ球というピッチングになっているおかげで、何とか日本ハム打線にあと一本を許さない。

初回は2アウト2塁で、スライダーの抜け球がインハイに行ったことで、中田がミスショットで打ち上げて、ファーストフライ。
2回は、四球で崩れて1アウト満塁というピンチになったが、中島卓をインローへのカットボールで空振り三振、岡を2球で追い込んでから、アウトコースへのスライダーでセカンドゴロ。
3回は、2アウトからの四球と二塁打で2、3塁のピンチとなったが、レアードをアウトコースのスライダーで引っ掛けさせてショートゴロ。

また、3回までノーヒットのカープ打線ではあるが、岡田が球数が多くなっているのは当然としても、高梨も3回で49球と言う事は、簡単に凡打になっていないことを表している。

4回の攻撃は、先頭の丸が四球、盗塁死、新井四球という攻撃が出る。
点が取れないときに動いて、良い結果が出ないということはシーズンでも良く見られた光景ではあるが、これは明日以降に繋がることが多かった。
ということは、この試合では最後まで苦戦しそうなのは避けられそうもない。

鈴木が高めのストレートを打ち上げてセンターフライ、エルドレッドも打ち上げて右中間へのフライとなるが、これがなんと通天閣打法となった。
ライトの近藤が落下地点に入りきれず、捕球できずにボールがグラウンドに落ち、タイムリーエラーとなって1点を先制する。

四球とエラーでの得点で、こういう展開で、直後の日本ハムの攻撃を三者凡退で抑えることが出来れば、とりあえずの試合の流れを掴むことが出来る。
先頭の田中賢を一塁ゴロ、大野をストレートで空振り三振、中島卓を高いバウンドのセカンドゴロ。
見事に三者凡退という最高の投球を見せてくれた。

5回表のカープの攻撃は、石原の四球、菊池、丸の連打で2アウト満塁のチャンスを作り、新井に一打が出れば試合の流れを大きく引き寄せられるというところ。
初球のストレートを狙っていったが、逆球でインコースにシュート回転で食い込んできたことで、完全に詰まらされた。
セカンドフライで追加点ならず。

こういった満塁での得点機を逃し、5回裏の日本ハムの攻撃は1番打者から、となれば1人でもランナーを出すと嫌なムードになってくる。
岡のボテボテの三塁前へのゴロで、安部の送球と岡の足との競争が見られたが、安部の送球が勝って1アウト。
2番の西川のレフトへのライナー性の打球も、松山の正面。
3番の大谷には、アウトコースへの150キロのストレート、インコースへの149キロのストレートで追い込み、内外自在のコントロールがあれば、落ちるボールも活きる。
最後はアウトコースへ沈んでいくチェンジアップで空振り三振を奪い3アウト。
球数も5回を投げ終え87球と、まずまずのペースになってきている。

そして先に交代したのは高梨のほうだった。
6回表のマウンドにはバースが上がる。

エルドレッドのライト前ヒットはあったものの、松山、安部が低めの変化球で空振り三振となり、まずは日本ハムの継投策が成功する。

すると、6回裏、早めに野間をレフトの守備に入れ、少しずつ形を整えにかかる。
もちろん6回裏を無失点で切り抜ければ、継投策に移っていけるという理想的な展開が待っているが、中田のバットがそれを許さなかった。
初球の甘く入ったスライダーを完璧に捉えられ、レフトスタンドへの同点本塁打を浴びてしまう。
この日の生命線だったスライダーが甘く入り、捉えられたということは、岡田の交代時期が迫っているということにもなる。

5番の近藤のピッチャー返しの打球は、岡田のグラブを弾いた分、菊池が追い付いてセカンドゴロ。
続くレアードは、この試合で打ち取るパターンとなっていたスライダーを見極め始めたのは気になったが、裏をかいてアウトコースへの150キロのストレートで見逃し三振。
田中賢をレフトフライに打ち取って、同点までで留めた。

岡田は6回1失点でマウンドを降り、7回は今村がマウンドに上がる。
先頭の市川をフォークでショートゴロに打ち取ったものの、田中がボールを弾いてエラーで出塁を許してしまう。
先頭打者がエラーで出塁し、送りバントを決められて1アウト2塁というピンチとなるが、正直なところビジターでの試合で7回からの3イニングをすんなり抑えることが難しいのは想定している。

ピンチを想定していたかどうかはともかく、今村のポーカーフェイスが頼もしい。
岡をフォークで空振り三振、西川もフォークで投ゴロに打ち取ってピンチを脱した。

8回表のカープの攻撃は、代わった谷元から先頭の新井が四球を選ぶ。
そして昨日は出来なかった、代走赤松というシーズンでも威力を発揮したとっておきのカードを切ってきたが、これは昨日のことがあるだけに、積極的な策というよりは、失敗を取り戻そうとする交代にしか思えない。
鈴木は昨日谷元から三塁打を放っているが、今日の谷元の投球はさらに厳しいコースを突いてくる。
ただ、鈴木に送りバントのサインを出し、おそらく初球は見落として空振り、そして2球目の送りバントはファールと、今日は動くと裏目に出る流れが変わらない。
最後は打ち上げてライトフライで1アウト。
エルドレッドもライトフライに倒れ、2アウトからスタートを切った赤松が二塁で刺され、策が嵌らなかった。

この嫌な流れを断ち切るためには、8回裏の3番大谷から始まる日本ハムの攻撃を、三者凡退に打ち取る必要がある。
ジャクソンが先頭の大谷をショートゴロに打ち取り、まず1アウト。
しかし中田に0-2と追い込んでから四球を与え、三者凡退ミッションは失敗。
それでも無失点で切り抜けることが最低条件だけに、近藤をレフトフライに打ち取って2アウトと、ここまでは良かった。
本塁打だけは避けないといけない場面で、レアードに、やはり甘く入ったスライダーを捉えられ、左中間へのツーランで、完全にこの試合の流れを失った。

9回表の攻撃は、代打下水流が空振り三振、代打小窪のライトオーバーの飛球を岡がファインプレーを見せ2アウト。
代打會澤は四球を選んで、田中がライト前ヒット、菊池がスライダーをレフト前ヒットで2アウト満塁と、最後の粘りを見せる。
丸はフルカウントまで持ち込んだが、最後はアウトコースのスライダーで空振り三振。
2連勝の後、2連敗となり、2勝2敗の五分となった。

盗塁死、送りバント失敗といった仕掛けがことごとく失敗し、選手交代も上手く機能しない、守備でもエラーが出る、というのはシーズンの試合でも何度も見られた。
もちろんその試合で勝つことは出来なかったが、必ず次の試合には活かされていた。
強敵日本ハムに明日勝つために、今日の敗戦は、潔く受け止めよう。

3連勝を目指してくる日本ハムを、札幌ドームで止めてこそ日本一が見えてくる。





関連記事
スポンサーサイト
カープの形ができないうえに・・・
こんばんわ。今季コメントこそ少なかったものの負けた試合の後はこちらに来ていました。
昨日も今日もお邪魔しています^^

今日はこのシリーズで最も苦しい展開でしたね。
カープの守り勝つ&打線で牽引する展開がそろってできない。
さらにおっしゃる通りミスが目立つ。
8回表を終えた時点で勝負あったなというところでレアードのHR
認めたくない現実を強制的に認めざるを得ない状況にされたことが悔しかったです。

とはいえ、最後に好機を作ってくれたのはよかったかな。
あとは好機で得点に結ぶ新井含むクリーンナップの復活だけ。。。

ドームのジョンソン、連投の今村&ジャクソンはやや心配ですが、もう応援するしかないですね。
[ 2016/10/26 23:18 ] [ 編集 ]
Re: カープの形ができないうえに・・・
同一カード三連敗阻止力に期待です。
8/7の巨人戦、9回2アウトランナーなしからの菊池の同点弾、新井のサヨナラヒット。
雰囲気は似た感じがあります!

ここまでの試合を見た感じでは、日本ハムとの戦い方の違いは、日本ハムの方がとりあえずタイに持ち込むために、先発投手を早めに交代させてでも、どんどん攻めの継投を見せてくる点でしょうか。
一方のカープは、これまでの4試合で一度もリードできなかった試合はなく、全試合で今村、ジャクソンを7、8回に投入しているように、パターンを崩してはいません。
それでも勝てなかったと受け取るかは、見方によって変わってくるところですが、1点も与えないという投手リレーを課してマウンドに上がるか、いつもと同じようにマウンドに送り出すか、というところでは前者のほうが一本のタイムリーで緊張の糸が切れる可能性もあるのではないかと思います。
その緊張の糸を切る、一本のヒットを打つことが出来れば、終盤のリリーフ勝負でも引けはとらないと見ます。
[ 2016/10/27 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター