デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016日本シリーズ > 【カープ情報】2016.10.25 広島対日本ハム 日本シリーズ3回戦 延長戦で敗れ、シリーズ初黒星
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.10.25 広島対日本ハム 日本シリーズ3回戦 延長戦で敗れ、シリーズ初黒星

2016年10月25日に行われた、広島対日本ハムの日本シリーズ3回戦の試合結果

広   島 020 000 001 0|3
日本ハム 100 000 020 1|4

勝 バース 1勝0敗
負 大瀬良 0勝1敗
S -

【本塁打】エルドレッド3号

札幌ドームに舞台を移して行われる、日本シリーズの第3戦。
今季の交流戦で2試合戦っているが、やはり日本ハムへの声援は、マツダスタジアムでのそれとは比べ物にならない。

ただ、黒田の現役最後になる可能性もある登板とあって、ビジター球場と思えないほどの声援が注がれる。

その黒田の初回の投球は、先頭の西川の三塁線への打球を安部が好捕して始まる。
ただ、近藤には低めのフォークを上手く捉えられてライト前ヒット、大谷にはアウトコースへのツーシームを、逆方向へ打たれ、三塁線を破る二塁打で、1アウト2、3塁というピンチを迎える。
4番の中田を迎えるが、内野は前進守備を敷かず、内野ゴロの間の1点はOKという指示。

そして、狙い通りインコースのツーシームで、詰まったショートゴロに打ち取り、1点の先制は許したが、傷口を広げない結果が出た。

すると2回表のカープの攻撃で、1アウトから鈴木が初球を打っていき、日本シリーズ初ヒットで出塁。
エルドレッドは、日本ハムバッテリーのアウトコース攻めを冷静にかわし、ボール球には手を出さず、フルカウントからのアウトコース高めに浮いたカットボールを右方向へ押し込んだ。
ライトポール際へ飛び込む、3試合連続本塁打で2点を返し、すぐさま逆転。

1本目がセンター方向、2本目がレフト方向、3本目がライト方向ということで、どの方向へもスタンドへ放り込んでおり、日本ハムバッテリーが攻め方を確立できないうちに、どんどん長打を稼いでもらいたいところ。

黒田のピッチングは、内外のコントロールが良く、ランナーを出しても本塁まで返さないように、逆算して一つずつアウトを取っていけている。
4回5回と連続してランナーを得点圏に進められているが、打たせて取るピッチングに野手も応えやすい。

5回の1アウト2塁の場面では、中島卓に左中間へヒット性の打球を飛ばされるが、打者の特性が頭に入っている丸は、左中間方向への打球への備えが出来ている。
ランニングキャッチでヒットを許さず、得点を与えない。

スイスイというピッチングとは少し違うが、淡々と、いつも通りのピッチングという感じ。
投球自体は今季限りで引退する投手の投球とは思えないが、やはり体は悲鳴を上げていた。

6回裏、大谷を打ち取って2アウトとなったところで、自らマウンドを降りて、治療のためにベンチ裏に退く。
太ももの裏がつったような仕草が見られたが、すぐに治療を終えて戻ってくる。
この時点で、投げてもあと一人、という可能性が高かったが、投球練習をしてみて、続投を諦めた。
おそらく、自分から判断してマウンドを降りたのだと思うが、あとは任せたという意思表示と、もう終わったという意識もあったのではないかと思う。

そして、ヘーゲンズがマウンドに上がるが、リリーフとして登板するのは約2ヵ月半ぶり。
ただ、ヘーゲンズはヘーゲンズだった。
きっちりと準備を終え、いきなりの中田との勝負でサードゴロに打ち取って、リードを守った。

リードを守って6回を終えたということは、今村、ジャクソン、中崎で逃げ切る形は整ったということになる。

日本ハム先発の有原も、エルドレッドの本塁打以降は、中田の好守備もあって安定感を取り戻している。
先発投手がビハインドでもマウンドを降りず、投げ続けるというのも指名打者制度のある試合ならでは。
なかなか追加点を取れないというのであれば、1点を守りきる形を取る、というのも当然考えられたケース。

その1点を守りきる継投策の一番手は、当然今村が任される。
2アウトを取ってから、田中賢に四球を与えてしまい、続く代打谷口を2球で追い込んだものの、一塁への牽制が悪送球となって一打同点の場面を迎えてしまう。
ここでは、しまったという気持ちを抑え、勝負を急がずに、じっくり確実に1つのアウトを取ることが求められるところ。
ストレートではファールで粘られてしまい、焦りに拍車がかかるかという場面だったが、フォークで空振り三振を奪って無失点で切り抜けた。

8回裏はジャクソンがマウンドに上がり、先頭打者中島卓との我慢比べが始まる。
ストレートもスライダーもファールにされ、基本的に2種類の球種の組み立てで投球するジャクソンにとっては、相性の良くない相手。
ジャクソンの投球も悪くなかったが、四球を選ばれて先頭打者の出塁を許す。

1番の西川に送りバントを決められるが、1つずつアウトを取っていければ問題ない。
2番の近藤には、150キロ超のストレートを連発し、レフトフライに打ち取って、2アウト2塁となって大谷を迎える。

ただ、ここは敬遠策。
2アウト1、2塁で中田との勝負を選択した。
敬遠の場面でのブーイングと、中田が打席に入った際の声援の大きさこそが、ビジターでの試合ならでは。

この場面で抑えれば、勝負は決まる。
しかし、アウトコースのスライダーで、バットの先で詰まらせた打球がレフト松山の前に落ちる。

もちろん、単なるレフト前タイムリーヒットであれば同点どまりだったのだが、ダイレクトキャッチを狙った松山が後逸。
逆転のランナーまで帰ってきてしまった。

結果論で言えば、1点を守りきる投手リレーに移っているので、レフトに赤松を入れておく選択肢もあったはず。
このまま負けてしまえば、敬遠策の裏目、守備のミス、選手交代の遅れ、などといったマイナス要素が敗戦に直結したことにもなり、2連勝の勢いもいったん止められてしまうことになる。

1点を追い掛けることになったカープの攻撃は、先頭の鈴木が、代わった谷元のアウトコースのストレートを右方向へ弾き返し、右中間を破る三塁打で同点のチャンスを作る。
しかし、エルドレッドはストレートとフォークの組み合わせで、空振り三振を奪われ、3試合連続本塁打の勢いを止められた。
1アウト3塁となり、先ほど拙い守備のあった松山が打席に向かう。
バットに当てることに関してはカープの打者の中でも屈指の技術のある打者で、汚名返上の機会だったが、フルカウントからのフォークを打ち上げてしまい、ショートフライで2アウト。

追い込まれてしまったカープだが、安部が高めのストレートをフルスイングすると、鋭い打球がライト前に抜けていくタイムリーヒットで同点に追い付いた。

これであれば、少なくとも相手に傾いた流れを止めることにはなる。
欲を言えば、2アウト1、2塁となってからの田中のレフトライナーがヒットになっていれば、中崎を投入することも出来たのだが、ここからは勝った方が明日も勝つのでは、というくらいの大事な場面が続く。

同点ということで、9回裏のマウンドには大瀬良が上がる。
9月18日のDeNA戦で、同じように9回表に同点に追い付いたが、10回裏のマウンドに上がってロペスにサヨナラ本塁打を浴びるという、高い授業料を払っている。
それだけに同じ失敗を繰り返すわけには行かない。

先頭のレアードを空振り三振に仕留め、田中賢をショートライナー、市川を150キロのストレートで空振り三振。
相手は違えど、見事にリベンジを果たし、延長戦に突入することになった。

大瀬良は延長に入っても続投し、先頭の中島卓をインコースのストレートで空振り三振で1アウトを取ったが、西川にはコントロールを乱して四球を与えてしまう。
陽はフォークで三振を奪ったが、大谷の打席で西川が二盗を決める。
2アウト2塁、カウント2-2で、そのまま大谷との勝負だったのかは分からない部分があり、インローへのボール球を大谷に打ち返された。
一二塁間を破るサヨナラタイムリーで、シリーズ初黒星を喫した。

ただ、今日の試合は考えられる敗因のある試合で、どうして負けたのか分からないという試合ではなかった。
8回裏に逆転され、9回表2アウトからの一打で追い付いて、最後は1点差で敗れた。
紙一重のプレーが勝敗を分けた部分はあり、大谷への最後の投球は完全なボールで、見逃してくるか、引っ張ってファールになるコース。
あのコースを、体勢を崩しながら一二塁間へ持っていくバッティングは、当分見ることはないだろう。

札幌ドームでの初戦に勝利したという、日本ハムの勢いは当然感じることになるが、1敗してからがカープの本領発揮となる。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター