カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016CS > 【カープ情報】2016.10.15 広島対DeNA CSファイナルステージ第4戦 カープ日本シリーズ進出決定 ルーズヴェルト・ゲームで強敵DeNAを振り切る
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.10.15 広島対DeNA CSファイナルステージ第4戦 カープ日本シリーズ進出決定 ルーズヴェルト・ゲームで強敵DeNAを振り切る

2016年10月15日に行われた、広島対DeNAのクライマックスシリーズファイナルステージ第4戦の試合結果

DeNA 022 002 100|7
広 島 601 010 00×|8

勝 岡田 1勝0敗
負 今永 0勝1敗
S 中崎 0勝0敗2S

【本塁打】エルドレッド1号、梶谷1号、ロペス1号

岡田のDeNA戦での登板と言えば、筒香にカーブを捉えられて2本塁打されているが、敬遠も考えられる場面で真っ向勝負を挑むよう、緒方監督から諭されたこともあった。
シーズン中からの成長の度合いを見るには、もってこいの場面がやってきたと言える。

その岡田の立ち上がりは、カーブを多めに使ってくるが、コントロールはまずまず纏まっている。
ストレートの球速も140キロ後半が出ており、緩急を使ったシーズン通りのピッチングが出来ている。

桑原をカーブでセカンドゴロ、梶谷をストレートで詰まらせてファーストへのハーフライナー、ロペスにはフォークで空振り三振を奪い、三者凡退で抑えた。

一方のDeNA先発の今永は、いきなり3球連続ボールというピッチングとなる。
フルカウントから田中が粘って四球を奪い取ったことで、このファイナルステージでの攻撃のパターンが機能していく。
菊池が送りバントを決めると、丸は際どいコースを見逃して四球を選び、ノーアウト1、2塁のチャンス。
昨日はこの形で新井、鈴木が凡退して、その後の無得点に繋がっただけに、この1回の攻撃が勝負を分ける。

そして、新井は、逆球となった真ん中低めのストレートを打ち返し、レフト前タイムリーヒットで1点先制。
さらに鈴木も、追い込まれてから、これも逆球のような真ん中へのストレートを弾き返し、ファイナルステージ初ヒットとなるレフト前タイムリーヒットを放ち、2点目。
ここまで四球は選んでいたが、5番打者がヒットで繋いだことで、打線の勢いが付いた。

エルドレッドは初球のアウトコースのストレートを、右方向へ打ち返すと、そのままライトスタンドに飛び込むスリーランで5点目を挙げ、ビッグイニングとなる。

ペナントレースでは、シーズンを通してのカープ戦の防御率が1.65の投手から、初回で5点を奪っただけでもチームが勢いづくのは間違いないが、下位打線も続いたことでどこからでも点が取れるという雰囲気が戻ってきた。

小窪が外から曲がってくるカーブを溜めて打ってセンター前ヒット、岡田が0-2と追い込まれてからの、当てただけの当たりが三塁線に転がる内野安打となり、田中はやはり追い込まれてからのアウトコース要求が、逆球となってインコースに来たところを捉え、ライト前タイムリーで6点目。

中5日で、負ければCS敗退が決まるというマウンドということで、ルーキー今永に何かしらの影響はあったのだろう。

さて、初回で6点リードとなったカープだったが、岡田も2回のピッチングではコントロールミスが出た。
筒香に対するピッチングでは、逆球でインコースにストレートが行ってしまい、ヒヤリとする場面はあった。
宮崎には高めに浮いたストレートを、センターオーバーの二塁打を打たれ、エリアンの一塁ゴロで、ベースカバーに入った岡田がボールを落球するという、バタバタした状況になってしまう。
大一番で、自身のエラーでピンチを広げたとあっては、流石に流れが良いとは言えなくなる。

倉本の叩き付けた打球が、ファーストの頭を超えていくライト前タイムリーヒットで1点を返され、さらに鈴木からの三塁への送球が逸れる間に、三塁に進んでいたエリアンまで生還し、2点を返される。

後がない状況でのDeNAの執念は、昨日の試合でも十分感じているところで、この2点でDeNA打線が勢い付いてくる。

3回には、先頭の桑原が、1打席目よりも甘く入ったカーブを捉えてレフト前ヒットで出塁すると、梶谷にはインコースへのカットボールをすくい上げられ、ライトスタンドへのツーランで、さらに2点を返される。

決して岡田のボールが悪いという訳ではなく、プレーオフという試合の特性上、通常よりも高い集中力を持って試合に臨める打者がいる。
そしてそういった打者との対戦では、自身が相手を上回らないといけないというのを、肌で感じられたというだけでも岡田にとっては大きな経験となるだろう。

5回を投げ、被安打8、自責点3というピッチングは、数字以上によく粘って投げてくれたという印象を持った。
ロペス、筒香といった、ファイナルステージであまり当たりの出ていなかった打者を、引き続き抑えられたということは、チームの勢いに乗せられた部分はあるにしても、十分先発としての役割を果たしたと言っていいと思う。

カープとしては、リードを保ったままの試合展開となれば、当然投手リレーでも主導権を握ったままでいられる。
逆だとこうはいかない。

先発の今永が1回でマウンドを降りたことで、2回の藤岡のあとは、3回から5回までの3イニングを砂田が担うことになったが、その3回裏の攻撃で、小窪の2打席連続ヒットをきっかけに、菊池のタイムリーで1点を追加する。

ロングリリーフとしての役割を担うことになった砂田だったが、ロングリリーフで登板する投手が、その最初のイニングで失点してしまうと、その後も失点の可能性が高くなるのは仕方のないところ。

いくら総力戦という試合といっても、昨日も総力戦、それも1イニングで3人の投手を継ぎ込んで抑えにかかってきていた以上、誰もが連投になり、誰かがロングリリーフをすることになる。

無得点に終わった昨日の試合だったが、終盤の粘りが今日の試合に繋がったといえるのではないだろうか。

3イニング目に突入した砂田から、送りバントでフライアウトというミスがありながらも、ワイルドピッチで帳消しにしてもらい、そして田中が追い込まれながらもレフト前にヒットを放つ。
レフトの筒香はかなり前に守っており、小窪の走力であれば本塁は厳しいかと思ってしまったが、ショートの定位置のすぐ後ろくらいからのバックホームがワンバウンドとなったことで、タッチをかいくぐっての生還となった。

5回までの攻防は、点を取られても取り返すし、徐々に点差を広げていく、カープとしてはまだ問題ない試合展開だった。

ただ、6回からマウンドに上がった一岡の投球は、やや球威不足に加えて、コントロールも荒れ気味。
先頭の倉本にフルカウントから四球を与え、戸柱には丸のダイビングキャッチも及ばず、左中間を破るタイムリー三塁打を浴びてしまう。
点を取った直後に、点を奪われるというのは、試合の展開上望ましくはない。
連投時の一岡の投球にはシーズン中からもやや不安要素があったが、今日に関してはDeNA打線の集中力が高かったのも事実。
2点目を内野ゴロの間に奪われはしたものの、内容的に大量失点しないよう、2点目は仕方がないという守備を敷いた首脳陣の勇気も活きた。

また大量失点しないようなピッチングといえば、今季の今村にも当てはまる。
7回表から登板し、いきなりロペスに、高めに浮いたストレートをレフトスタンドに運ばれてしまうが、ソロホームランならば大丈夫。
とにかくジャクソン、中崎が登板するまでに1点でもリードできていれば、逃げ切り体制には入ることが出来る。
1点差に迫られて、守りきらなければいけないという意識が強くなりすぎて、自ら崩れるという投球にはならず、筒香をインハイのストレートで詰まらせてレフトフライ、宮崎はフォークでサードゴロ、エリアンにはフォークがやや高く入ってしまったがレフトへのハーフライナーで後続を断ち、リードを保ってマウンドを降りる。

8回から登板のジャクソンは、危なげなかった。
縦スラがほぼストライクゾーンの低めに決まり、菊池の好守備もあり、三者凡退で抑える。

そして最終回のマウンドに中崎が上がる。
ストレートもスライダーもキレているし、向かっていく気持ちが十分出ているピッチング。
先頭の桑原をスライダーでセカンドフライに打ち取り、1アウト。
梶谷にはスリーボールの後、低めのストレートで詰まらせてセンターフライで、2アウト。
前の打席で本塁打を放っているロペスには、5球連続で、アウトローへストレートおよびスライダーを投じ、1球たりともヒットコースへ飛ばせるボールはなかったが、その分ストライクが入らずに四球を与える。
最後の打者として、二冠王筒香との対戦となり、文字通り命運のかかった勝負となる。
ここでアウトコースのストレート2球で追い込み、最後は高めのストレート、力勝負で空振り三振を奪って、3アウト。

ファイナルステージで3勝1敗という結果を残し、25年ぶりの日本シリーズ進出が決まった。

粘り強い攻撃を見せたDeNAは、間違いなく強敵だった。
それでも投げ勝った試合あり、打ち勝った試合あり、ということで2016年のセ・リーグの試合の締め括りとして、ふさわしいクライマックスシリーズのファイナルステージだったように思う。





関連記事
スポンサーサイト
ついにセリーグは完全制覇ですね!おめでとうございます!
[ 2016/10/16 02:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター