デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016CS > 【カープ情報】2016.10.14 広島対DeNA CSファイナルステージ第3戦 完封返しでシリーズ初黒星
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.10.14 広島対DeNA CSファイナルステージ第3戦 完封返しでシリーズ初黒星

2016年10月14日に行われた、広島対DeNAのクライマックスシリーズファイナルステージ第3戦の試合結果

DeNA 000 210 000|3
広 島 000 000 000|0

勝 井納 1勝0敗
負 黒田 0勝1敗
S 山崎康 0勝0敗1S

【本塁打】エリアン1号

カープ先発の黒田の立ち上がりは、コースそのものは甘いようにも見えるが、桑原、石川ともに芯で捉えることができず、内野ゴロ2つで2アウトとなる。
ただ、ロペスへのツーシームもやはり真ん中付近に入ってしまい、レフト前ヒットでランナーを許す。
しかし、筒香には野村が空振り三振を奪ったような、外へのツーシームでレフトフライに打ち取る。
気になるのは、昨日まではアウトコースに逃げていくボールにはバットが届かなかったが、今日はバットが届いた。
黒田のコントロールが甘めなのか、筒香の調子が上がりつつあるのか、どちらもその通りなら、苦しい展開も予想される。

早めの援護が欲しいところで、1回裏の攻撃では先頭の田中が、井納の高めに浮いたストレートをきれいに打ち返して、センター前ヒットで出塁。
このファイナルステージでは、菊池の送りバントのシーンが多くなっているが、井納のコントロールはまだ纏まっていないように見える。
高めに浮いたり、変化球は大きく外れたりで、じっくり打っていこうとすると、決め球だけは低めにストレートが決まって、詰まらされて一塁フライとなる。
丸にはストレートの四球を与えたかと思うと、新井には低めのフォークが決まって空振り三振と、調子がいいのか悪いのか判断だ付かない。
鈴木は、抜けてきたようなインハイのストレートに詰まってショートフライに打ち取られ、コントロールはともかく、球威は悪くないのだろう。

2回の黒田は、投ゴロを捕り損ねたり、甘いスライダーを、エリアンに良い当たりのレフトフライを打たれたりと、立ち直るまであと一歩という投球が続く。

井納の2イニング目は、松山にこそコントロールを乱すシーンはあったものの、安部、石原にはフォークが決まり始め、2者連続三振と立ち直りの兆しが見え始めた。

対する黒田は、3イニング目には低めにボールが集まり始め、石川には上手くセンター前ヒットを打たれたものの、ロペスはインローへのツーシームで5-4-3のゲッツーに仕留める。

井納の調子が上がりつつあるのは間違いないが、フルカウントまで粘っていることで、決して楽に投げさているわけではない。
そろそろ攻略の糸口をと、カープの2巡目の攻撃では、ファーストストライクを打っていくバッティングに切り替えたところ、内野ゴロの山を築き、上手く攻撃が回らなかった。

4回表に黒田のピッチングは、低めに決まり始めた3回から一転、再びコントロールミスが増えた。
追い込んでからの倉本への、アウトコースへのスライダーは高めに浮き、レフト前ヒットで出塁を許すと、エリアンにも追い込んでからのスライダーがど真ん中に入ってしまい、ライトスタンドへのツーランで先制を許してしまう。
このイニングの先頭、筒香には前の打席よりも、さらに低目へツーシームが決まり、芯を外したショートゴロに打ち取っていただけに、もったいない失点だった。

続く5回表も、1アウト3塁でロペスには、得意なコースの高目からボールを動かしてサードゴロに打ち取ったものの、2アウト1、3塁で梶谷に対しては、アウトコース要求のスライダーが、逆球でインコースに行ってしまったところをライト前にタイムリーを打たれてしまう。
点の取られ方、試合の流れ的には、とても良いとは言い難い。

黒田は5回3失点で降板し、悪いなりにも試合は作ったが、今日は井納の荒れ球に打線が沈黙してしまった。

8回に三上がマウンドに上がったとたん、代打西川が0-2からライト前ヒットを放つ。
代打エルドレッドの初球のファールフライを石川がフェンスに激突しながら捕球し1アウトとなる。
田中がライト前ヒットでチャンスを広げたが、菊池がアウトコースのスライダーに泳がされてファーストフライで2アウト。

丸は追い込まれてから粘りを見せ、四球を奪い取って満塁とするものの、新井のライトファールフライを、今度は梶谷がフェンスに激突しながら好捕して得点ならず。

この8回は、三上、田中、須田の3人の投手を送り込んでおり、短期決戦、負ければCS敗退が決まるというDeNAの執念の継投に、守備陣が応えたという、見応えのある攻防だった。

このまま9回を山崎康に抑えられて、完封負けを喫してしまったが、カープにも光明はある。

6回からリリーフで登板した、大瀬良、一岡、九里、福井が無失点リレーを見せており、DeNAのクリーンアップに勢いを取り戻させるまでの打撃はさせなかった。

特にロペスに対しては、黒田に続き、一岡も低めのフォークで引っ掛けさせてサードへの併殺打に打ち取っている。

得点を焦って、走塁死が出てしまった試合は、次の試合への布石にはなる。
明日は攻撃陣の番という試合になるだろうから、ここぞの一打を期待したい。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター