デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016CS > 【カープ情報】2016.10.13 広島対DeNA CSファイナルステージ第2戦 2試合連続完封勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.10.13 広島対DeNA CSファイナルステージ第2戦 2試合連続完封勝利

2016年10月13日に行われた、広島対DeNAのクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦の試合結果

DeNA 000 000 000|0
広 島 101 000 01×|3

勝 野村 1勝0敗
負 三嶋 0勝1敗
S 中崎 0勝0敗1S

【本塁打】田中1号

初戦勝利で迎えた第2戦の先発は、今季DeNA戦未勝利の野村。
ただ、今日のDeNAのスタメンの5番から8番の梶谷、倉本、宮崎、戸柱の4人のうち、倉本以外はノーヒットに封じている。
上位打線でピンチを招いたとしても、下位打線まで含めてアウトを取る投球術を期待したいところ。

まず野村の立ち上がりは、昨日のファーストストライクを積極的に振りに来るDeNA打線を十分頭に入れ、桑原に対し3球連続変化球を投げ込み、追い込んでからは野村にしては珍しくフォークでサードゴロに打ち取った。
石川はカットボールで芯を外し、セカンドゴロに打ち取り2アウト。
ロペスには逆球の高めのストレートを捉えられ、三塁線へ痛烈な打球を飛ばされるが、サードスタメンの安部がダイビングキャッチで野村を助ける。

そしてカープの初回の攻撃は、田中が三嶋の低めに制球されたフォークを捉え、右中間突破の二塁打でチャンスメイク。
あの低さのボールを捉えられるということは、よほど良い形でスイング出来ているということになる。
ノーアウト2塁のチャンスで、菊池は送りバントの構えを見せ、確実に三塁前に転がして送りバント成功。

ストレートにしても変化球にしても空振りする打者がおらず、ボール球に手を出すケースも少ない。
十分得点のチャンスがあるというところで、丸は高めに浮いたスライダーを引っ張り、ライト前タイムリーで1点先制。

2回の野村の投球は、筒香に対し、アウトコースぎりぎりのシュートで、空振り三振を奪い、インコースに意識がいっている筒香の裏を突いて打ち取り、シーズン通りの投球は出来ている。
どちらかと言えば、カーブが少なめかなという印象はあるが、ボールになっても低目を狙う意識は続けている。

3回裏の攻撃では、再び田中が起点となる。
フルカウントから四球を選び、足で揺さぶることでバッテリーエラーを誘って、ワイルドピッチで2塁に進む。
そして初回と同じように菊池が送りバントを決めると、丸は今度はセンターへの犠牲フライを打ち上げて2点目を奪う。

序盤はカープペースで試合が進んでいったが、やや野村が捉まり始めたのが4回表。
先頭の桑原に対し、アウトコースのスライダーがバットの先端に当たり、一塁線方向へ切れながら打球が転がる。
エルドレッドが正面に入ろうとするが、どんどん切れていくためにボールをとることが出来ずに、トンネルでランナーを許す。
1アウト後、ロペスのファールフライに追いついたエルドレッドだったが、ボールをお手玉。
いったん弾いたものの、ノーバウンドでボールをつかみ直して何とか2アウトまで漕ぎ着けた。
筒香には、バットの先端で詰まらせた打球がライト前に落ち、梶谷にはストライクが入らずに四球を与えて、2アウト満塁のピンチを迎える。

先述の、上位打線でランナーを許しても、下位打線で打ち取れれば問題ない、というところではあったが、その中でも相性は良くなかった倉本に打席が回ってきた。
ただ、低めのチェンジアップでファースト正面のゴロに打ち取って、満塁のピンチを無失点で凌いだ。

5回、6回と先頭打者にヒットを打たれ、ランナーを出すようになってしまうが、6回表のロペスのサードゴロで併殺を奪った、安部の守備力が、この試合の大きなポイントとなる。
初回のロペスの痛烈な当たりを掴み捕り、6回のロペスの緩い当たりのサードゴロで併殺を奪う。
ルナの故障は痛手には違いないが、その分を安部がカバー出来ているのも、今季のカープの戦力の底上げの証拠でもある。

そして、首への打球直撃での調整遅れの影響も考慮してか、シーズン同様、野村は6回でマウンドを降り、勝利の方程式の出番となっていく。

7回の今村、8回のジャクソンはともかく、中崎も故障明けであり、早めに登板機会がある方が望ましい。

まずは7回に登板の今村は、ランナーを1人出したものの、無失点で抑えて流れを渡さないピッチングを見せる。

終盤の投手リレーで、少しでもプレッシャーを和らげるためには、追加点が必要になるのは間違いないが、得点の入った3回以降は、カープ打線はノーヒット。
この試合に勝てば、日本シリーズに王手がかかる一戦だけあって、DeNAの投手リレーは早めに勝ちパターンの投手であっても継ぎ込んでくる。
そういった試合展開の中で、次の1点を奪うのは、なかなか難しい面がある。

ただ、それでも逃げ切らないと勝利はない訳で、8回のマウンドに上がったジャクソンも無失点で切り抜けた。
今日のロペスに対しての攻めは、低めに落ちるボールを引っ掛けさせて、安部の好捕も含めてのサードゴロ3つ。
狙い通りの打ち取り方が出来ていると言えるだろう。

そして、あと1イニングを中崎が抑えれば、という直前の8回裏、先頭の田中が、代わったばかりのセットアッパー三上から、右中間へのソロホームランを放って、これ以上内タイミングで欲しかった追加点が入る。

9回表のマウンドには、故障明けの中崎が上がる。
野村と共に状態が気がかりな投手でもあり、いきなりの筒香との対戦で調子が計れるというもの。
その筒香との対戦では150キロを記録し、最後はインハイのストレートで詰まらせてレフトフライに打ち取る。
この投球を見るだけでも、状態に不安がないと思っていい。

梶谷はアウトコースへのツーシームで引っ掛けさせてセカンドゴロ。
倉本には、フルカウントからややコントロール重視で投げ込んだストレートをセンター前ヒットとされてしまうが、宮崎はちょっと逆球にはなってしまったがストレートで空振り三振を奪い、2試合連続完封勝利。

野村、中崎という故障明けの投手が結果を残し、間違いなくチーム一丸の勝利で、日本シリーズ進出に王手をかけた。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター