カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.10.01 広島対ヤクルト 公式戦25回戦 廣瀬引退試合を、黒田の10勝目で彩る
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.10.01 広島対ヤクルト 公式戦25回戦 廣瀬引退試合を、黒田の10勝目で彩る

2016年10月1日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦25回戦の試合結果

ヤクルト 100 000 000|1
広  島 000 003 00×|3

勝 黒田 10勝8敗
負 小川 8勝9敗
S 今村 3勝4敗2S

【本塁打】なし

首位打者争いをしている鈴木を1番スタメン起用、盗塁王争いをしている田中を2番で起用してきたカープ打線。
雨で流れた廣瀬の引退試合の仕切り直しという試合でもあり、黒田の10勝、鈴木の30号本塁打など、個人記録に注目の一戦となる。

まず黒田の立ち上がりは、先頭の坂口を1球でレフトフライに抑えたが、2番の上田にはスライダーが指に引っ掛かって足下への死球を与えてしまう。
山田に対しては、インコースへのツーシームで詰まらせて、それでも左中間の深いところまで飛ばされたがセンターフライに打ち取る。
ただ、上田にノーマークに近い盗塁を決められると、雄平は真ん中付近のツーシームを捉えられ、三遊間を破るレフト前タイムリーヒットで1点を失う。
雄平にも盗塁を決められ再びピンチが広がり、鵜久森の当りは一塁前への小飛球。
あわやファースト前ポテン内野安打になろうかというプレーだったが、何とかエルドレッドが打者走者にタッチしてアウトを奪った。

さて、注目の鈴木の第1打席、ここでヒット以外の結果が出れば、その時点で首位打者の可能性が遠のくところで、初球を打って右中間への飛球となってしまい、残念ながらセンターフライに倒れる。
田中もファーストゴロに倒れ、出塁しないことには盗塁機会が訪れない。

序盤は、小川のフォークに空振りするケースも多く、変化球のキレは感じさせる。

黒田にしても、小川にしても時折高めに来るボールがあり、逆方向に打ち返すのがヤクルト打線、振り回しているのがカープ打線という感じ。

ただ、黒田に関しては、悪いなりにも修正しながらの投球を見せた。
1回は2度盗塁を決められたことで、2回以降は牽制を十分挟みながらの投球で、実戦感覚を戻しつつあるようにも見えた。
イニングが進むごとに、ゴロアウトが増えてきたように尻上がりに調子を上げ、勝敗はともかく、良い印象は持ってシーズンを投げ終えられたと言える。

一方の小川は、逆にイニングが進むごとに、ストレート、フォークの抜け球が増えてきた。
決まる時と、決まらない時の差が大きい。
ようやく小川を捉えたのが6回裏。
先頭の黒田が、初球のアウトコース甘めのストレートを、きれいにセンター前ヒットとして出塁すると、鈴木は低めのフォークで空振り三振。
このイニングで唯一といっていい低めのフォークだった。

そして、2番の田中に対しては、抜け球が増え、四球を選んで1アウト1、2塁。
丸は高めのストレートを弾き返したが、センターの守備範囲で2アウト。
ここで、4番のエルドレッドは、ほとんど落ちないフォークを、レフト前に弾き返して、二塁から黒田が生還して同点に追いつく。

続く松山も、真ん中付近のストレートを左中間方向へ弾き返し、2点タイムリー二塁打で試合をひっくり返した。
さらにルナもライト前ヒットを放って、二塁から松山が本塁を狙うが、本塁タッチアウト。
ただ、本塁返球を中村がホームベース上で受け、見方によってはブロックしたのではないかというタッチプレーを見せていた。

ビデオ検証の結果、判定通りアウトとなって試合が再開されるが、中村に警告が与えられたということは、仕方がなく走路に入るプレーだったとしても接触しに行ったという意味だったのだろう。

さて、逆転した7回表の黒田のピッチングは、内野ゴロ3つで三者凡退に抑え、完全に立ち直った状態で、不安なくマウンドを降りる。

7回裏の攻撃で、ついに廣瀬の打席を迎える。
アウトコースのストレートを芯で捉え、良い角度で打球が上がったように見えたが、レフトフェンス手前で追い付かれて、レフトフライに倒れる。
本塁打かとさえ思えた打球がフェンス手前で失速するところに、引退する選手の現実を見たのは寂しい思いがするとともに、完全燃焼したのだなという思いも感じる。

その廣瀬は、そのままライトの守備に就き、交代した鈴木の30号本塁打は達成できなかったことになる。

そして8回表にはジャクソンがマウンドに上がり、廣瀬の花道を飾るとともに、黒田の10勝を守りにかかる。
ただ、今日のジャクソンはストレートの逆球が多く、縦スラは低めに外れる。
インコースを狙ったストレートが、アウトコースに行くことが多く、空振りを奪うどころかヒットコースに打球を飛ばされる。
1アウト1、2塁の場面で、山田はボールになる縦スラを見逃して、甘く入ってくるストレートを狙ってくる。
粘られてフルカントが続いて、最後に空振り三振を奪ったのは、横のスライダー。
ここで、その球種を投げるかというピッチングで三振を奪ったことで、ジャクソンも立ち直った。
続く雄平はストレートで押し込んでセカンドフライに打ち取って、ピンチを断った。

9回表のマウンドには今村が上がる。
先頭の鵜久森は、高めに浮いたスライダーを捉えられたがショートライナーで1アウト。
西浦には、アウトコースのストレートの連発で空振り三振を奪い、2アウト。
三輪にはフォークの連発でサードゴロに打ち取り、最終戦も逆転勝利で飾った。

廣瀬の守備機会はなかったが、勝利の瞬間にグラウンドに立っている、という引退試合もあまり多くないことを考えれば、いい見送り方が出来たのではないだろうか。

今季のペナントレースの締めくくりとして、良い試合だった。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター