カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.09.25 広島対ヤクルト 試合中止 倉プロ最終打席は非公認ランニングホームラン
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.09.25 広島対ヤクルト 試合中止 倉プロ最終打席は非公認ランニングホームラン

2016年9月25日に行われる予定の広島対ヤクルトの公式戦25回戦は雨天中止

ヤクルト 0
広  島 

勝 -
負 -
S -

【本塁打】なし

今季のマツダスタジアムでの最終戦は、倉と廣瀬の引退試合でもある。
スタメンには倉の名前があり、黒田とのバッテリーが復活。

倉と言えば、インコース攻めが印象に残っているが、2005年の盗塁阻止率1位が示すように、強肩の捕手という一面もあった。

その倉の出場は、先頭の坂口の一打席、ストレートの四球での4球のみとなった。
初球打って1球も黒田のボールが受けられない、ということがないよう坂口も配慮してくれたのだろうか。
いずれにしても、最後の試合は笑顔で終えることができ、長年カープの投手陣を支えてくれた捕手のいい花道になったのではないだろうか。

また廣瀬については、外野守備の天才的な勘の良さ、最短距離で落下地点に入ってスライディングキャッチでボールを掴み取るプレーには何度となく心躍らされた。
その外野守備力で定位置を勝ち取るまでは、故障が多く、また一塁手として試合に出場したこともあったり、時には三塁を守ることもあったという苦労人の面も多く見てきた。
それだけに引退となると、お疲れ様でした、という言葉が一番に出てきた。

さて、黒田の立ち上がりは、試合開始と同時に降り始めた雨の影響でコントロールが乱れている。
段々と雨脚が強まり、2アウト2塁でバレンティンを迎えたところでは、大きくすっぽ抜けてバックネットまでボールが到達するシーンもあった。
このボールを見て、試合続行が不可能として試合が中断するが、正直なところ2番の川端を迎えた時点でもかなりの大雨になっていた。
ホームベースも水没しかけるような状態で、中断の判断はやや遅れ気味には感じた。

1時間30分近くが経過し、雨天中止の判断が下され、倉と廣瀬の引退試合は延期となった。

中止決定後は、倉が後輩選手に促され、半ば強引に打席に立ち、全方向に手を振りながらランニングホームランを放った。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター