カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.09.16 広島対中日 公式戦24回戦 野村15勝目で再びジョンソンに並ぶ
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.09.16 広島対中日 公式戦24回戦 野村15勝目で再びジョンソンに並ぶ

2016年9月16日に行われた、広島対中日の公式戦24回戦の試合結果

中日 000 000 000|0
広島 006 000 02×|8

勝 野村 15勝3敗
負 バルデス 6勝7敗
S -

【本塁打】鈴木27号

カープ先発の野村は、ジョンソンに並ぶ15勝目を狙ってのマウンドとなり、今季のここまでの貢献度を考えると、自分のために投げてもらってもいいとさえ思える。

その野村の立ち上がりは、大島には低めに決まりファーストゴロ、エルナンデスはフロントドアで見逃し三振とコントロールに狂いがない。
森野に対しては、シュートがあまり曲がらずに、真ん中に入ったところを捉えられたが、良い当たりのセンターフライに打ち取れた。

そして中日の先発は、カープが苦手としているバルデス。
対左投手であっても新井がスタメンを外れ、三塁には小窪が入っている。
この小窪も、選手会長としてチームをまとめる役割を果たし、リーグ優勝を勝ち取っているので、今日の試合くらいは一個人として気兼ねなくプレーしてもらいたい。

カープ初回の攻撃は、田中がアウトコースのストレートをきれいに打ち返したが、レフトフライに打ち取られ、菊池は強い当たりのサードゴロ、丸がカットボールにタイミングが合わずに追い込まれ、ストレートに詰まらされてのレフトフライ。
バルデスに対しては、決して手も足も出ない感じは受けない、初回の攻撃だった。

そのバルデスの攻略が成ったのが、3回裏の攻撃でのこと。
先頭の小窪がレフトへヒット性の当りを放つと、レフトの福田が照明が目に入ったような仕草を見せ、ボールが転々とする間に小窪は二塁へ進む。
會澤は追い込まれてから、アウトハイのストレートをセンター返しのバッティング。
センター前に抜けていくヒットでノーアウト1、3塁となる。
野村はセーフティスクイズ気味の送りバントを決めるが、これは三塁ランナーが小窪ということで、よほど良いコースに打球が転がらないと小窪の本塁突入はない。
1アウト2、3塁とチャンスが広がり、田中はフルカウントから四球を選んで満塁。

菊池はアウトコースのチェンジアップを引っ掛け、ショート正面へのゴロとなってしまうが、ゲッツーを焦った阿部がボールを弾くタイムリーエラーでまず1点。
ここから打線がつながり、丸は逆球のインコースのストレートを引っ張って、ライト前に2点タイムリー。
ルナはアウトコースのチェンジアップを上手く拾って、レフトへの犠牲フライでもう1点。
そして鈴木が、インコースのストレートを、前で捌いてレフトスタンドへ放り込むツーランで計6点を奪った。

序盤で6点を奪えば、どう考えてもカープペースで試合が進む。

中盤で気になる点と言えば、3つ挙げておきたい。
1つ目は、3打席目のエルドレッドの見逃し三振。
5回に1アウト満塁で三振に倒れ、ベンチ内でバットを2本叩き折るという大荒れ。
4打席目でセンターオーバーの2点タイムリー二塁打を放っても、全く納得のいっていない様子だった。
CS出場に向けて、結果が欲しいというのが伝わってくる。

2つめは7回表の菊池の守備。
ノーアウト1塁で、森野の正面のセカンドゴロでゲッツーを取ったシーンで、一般的な動きであれば捕球して、セカンド方向に向き直って二塁送球するが、そうなると右足で踏ん張らないといけない。
その際右膝への負担を避けるため、二塁へ向き直る動きを省略し、バックハンドで二塁へ送球しているというのは考え過ぎだろうか。

そして3つ目は9回表にマウンドに上がった塹江のピッチング。
防御率162.0という結果が残ったプロ入り初登板から、早々にリベンジの機会を与えられ、いきなり150キロの速球を投げ込んだ。
田中のファインプレーはあったが、大島をショートライナーに打ち取って1アウト。
エルナンデスに対しては、最速151キロのストレートを投げ込んで、今度も田中のいい動きでショートゴロに打ち取って2アウト。
3人目の堂上にはチェンジアップを投げる余裕が出てきて、最後は150キロのストレートを打ち返されて一二塁間へ鋭い当たりを飛ばされる。
しかし、セカンドの西川のダイビングキャッチでセカンドゴロに打ち取って、プリ入り最長イニングとなる1イニングを三者凡退で抑えた。
ただ、150キロのストレートでも全てバットに当てられており、課題の見つかった登板にすることが出来た。

野村は無失点投球で15勝目を挙げてジョンソンに並び、大瀬良、塹江で完封リレーも達成。
最多貯金を38に更新し、今季の勝利数は86にまで伸びたことで、残り7試合でシーズン90勝も見えてきた。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター