カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.09.04 広島対ヤクルト 公式戦23回戦 中崎節目の30セーブを達成、マジック4
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.09.04 広島対ヤクルト 公式戦23回戦 中崎節目の30セーブを達成、マジック4

2016年9月4日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦23回戦の試合結果

広  島 002 200 000|4
ヤクルト 000 003 000|3

勝 ヘーゲンズ 7勝3敗
負 山中 6勝10敗
S 中崎 3勝4敗30S

【本塁打】松山9号、會澤7号

ヤクルト先発の山中とは、今季ここまで3勝しているが、前回は7回で3得点と苦戦した。
丸が初回からセーフティバントを狙ってみたのは、塁に出ることで脚で揺さぶりをかけていきたいという意識の表れだろう。
三者凡退で攻撃を終えたが、まだ攻めの形が出せない、見えないという初回だった。

そしてカープ先発のヘーゲンズは、序盤は付け入る隙のないピッチングができるが、中盤以降は捉まる投球を見せてしまった。
この試合では、早めの継投も十分考慮しての試合となるだろう。
そのヘーゲンズは、2アウトを簡単に奪った後、山田に対してはまったく勝負に行くことができずに四球を与えたが、一塁牽制で山田を刺して無失点で抑えた。

2回のカープの攻撃は、2アウトから松山、安部の連打でチャンスを作るが、會澤の三遊間への当りは、西浦の好守備に阻まれてセカンドフォースアウト。

ならばと、2回裏のカープの守備では、1アウト1塁の場面で、西浦のセンター前に抜けようかという当りを、菊池がダイビングキャッチで掴むと、2塁へグラブトス、そして一塁転送で4-6-3のゲッツー。
両チーム守備で魅せてくれる。

3回表のカープの攻撃は、先頭のヘーゲンズが投手強襲のライナーを放ち、ボールがグラブを弾き、山中はボールを見失い内野安打となる。
菊池のライト前ヒットで1アウト1、2塁となり、丸はファーストゴロとなるが、これが進塁打となる。
とにかく一つでも先の塁にランナーを進めておくことが、得点につながるのが今季のカープ。
新井のレフト前タイムリーヒットで、菊池も二塁から本塁を陥れて、2点を先制する。

4回にも松山、會澤の本塁打で2点を追加し、ヘーゲンズはいつも通り序盤は問題なく抑えてくれている。

あとは、どのタイミングで継投策に移るかという段階で、6回裏もマウンドに上がる。
6回表の攻撃で、打順が回らなかったことで続投になったのだと思うが、先頭の上田にライト前ヒットを打たれる。
1人のランナーであれば問題ないが、2人貯めれば交代も考えられる。
そこで山田をカットボールで引っ掛けさせて、ショートゴロ併殺打。
これで何とか6回裏を抑える流れが出来たところだったが、バレンティンには本塁打警戒という気持ちが強かったのか四球を与えてしまう。
続く鵜久森はセカンドフライに打ち取ったが、内容的にはそろそろ限界かなというイニングだった。

さあ、7回表はヘーゲンズに代打を出して、7回裏からは継投策かと思いきや、そのままヘーゲンズが打席に向かう。
ヘーゲンズが崩れるか崩れないかは、理想的な投球数で投げられていてもあまり関係なく、終盤に歯止めが利かなくなることが懸念事項。

この試合でもその不安が的中してしまい、7回裏の投球では先頭の西浦に、菊池が僅かに及ばずセンター前ヒットを打たれると、藤井のレフトオーバーの打球に松山が追い付けず、二塁打となってノーアウト2、3塁のピンチを迎えてしまう。
ここで西田が一二塁間への打球を放ち、少なくとも1点が入る展開。
この打球を新井が飛び付いて捕球しようとするが、弾いてしまい、菊池の前に転がる。
菊池は上手く素手で捕球したが、握り損なったまま一塁へ送球し、これが悪送球、ヤクルトベンチにボールが入ったことで、2塁ランナーも生還させてしまい、2点を奪われてしまう。

このタイミングでヘーゲンズから今村に交代することになり、これは前回逆転されてしまった試合での交代よりは、僅かにタイミングが早く交代を決断した。
代わった今村が、代打坂口に右中間を破られるタイムリー二塁打で1点差に詰め寄られるが、ここからが今村の真骨頂。

荒木の送りバントで1アウト3塁となったところで、上田をストレートで空振り三振、山田をストレートで見逃し三振でピンチを断った。

とにかく、1点でもリードを保てるかどうかで、終盤の投手リレーの顔ぶれがガラッと変わるし、試合展開への影響ももちろん大きい。
今村のピッチングで勝利への道筋が確かなものになった。

8回裏のマウンドにはジャクソンが上がり、石原との息もぴったりという感じで、ほぼスライダーだけを投げ込んで、ヤクルトの各打者の狙いを外して、四球は1つ与えたが、3つの三振を奪ってまずは中崎につなぐ形を整えた。

9回表の攻撃では、昨日指を負傷していたエルドレッドが代打で登場し、四球を選び、安部が送りバントを決めて1アウト2塁。
代打梵が送られるが、一軍昇格後、未だヒットがない状態で、3-1からストレート系のボールを狙い打って、それで詰まってのサードゴロというところに、現在の状態が表れてしまっている。

結局無得点で9回の攻撃を終え、あとは中崎に託すのみとなる。

その中崎のピッチングは、ストレートは150キロ前後、スライダーもキレており、危なげなく三者凡退で抑え、昨年は到達出来なかった30セーブを達成。

マジック4とし、優勝が刻一刻と迫ってきた。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター