カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.08.20 広島対ヤクルト 公式戦19回戦 黒田セーフティスクイズが決勝点、完封リレーで8勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.08.20 広島対ヤクルト 公式戦19回戦 黒田セーフティスクイズが決勝点、完封リレーで8勝目

2016年8月20日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦19回戦の試合結果

ヤクルト 000 000 000|0
広  島 000 100 01×|2

勝 黒田 8勝7敗
負 石川 5勝7敗
S 中崎 2勝4敗24S

【本塁打】なし

カープ先発黒田の立ち上がりは、先頭の西浦には決め球のカットボールが高く浮いて、チョコンと合わされてセンター前ヒットを打たれるが、上田の打席で盗塁を仕掛けた西浦を石原が刺した。
2アウトから坂口には、ツーシームが内に入ったところをライト前ヒットとされてしまうが、バレンティンをサードゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。

そしてカープの初回の攻撃は、先頭の田中が、2球で追い込まれてしまうが、決め球のスライダーが真ん中に入ったところを捉えてセンター前ヒット。
菊池の打席で、ワイルドピッチの間に、一塁から一気に三塁に進み、チャンスが拡大。
菊池は前進守備のショート正面へのゴロで、田中は本塁に突入出来ず、1アウト3塁と場面が変わる。
しかし丸に対しては、甘いコースは一球もなく、最後はチェンジアップで空振り三振。
新井に対しても同じく、外のチェンジアップを引っ掛けてショートゴロで、得点機を活かせなかった。

2回に入ると、黒田が非常にいいテンポで三者凡退に打ち取ったのに対し、カープの攻撃は2アウトから堂林、石原の連打でチャンスを作る。
黒田はショートゴロに打ち取られて得点は入らなかったが、徐々に得点の気配がしてくる。

黒田が2~4回を三者凡退で抑えていく一方、カープは2~4回を全て2人ずつランナーを出している。
そしてようやく得点が入ったのが、その4回裏の攻撃。
今日は堂林、石原の連続出塁が2度連続。
堂林が、ノーマークで二盗を決め、石原のレフト前ヒットで1アウト1、3塁で黒田を迎える。
黒田は端から送りバントの構えを見せ、上手く転がればセーフティスクイズを狙いという作戦。
バットに当てられた時点で1点が入る、というプレッシャーなのか、石川は3-0とカウントを悪くし、1ストライク後に甘く入ったボールを一塁側に転がし、見事セーフティスクイズ成功で1点先制。

自身で1点を奪い、直後の5回表の攻撃でも、久々に四球でランナーを出してしまったが、次打者できっちりと併殺打を奪い、結果的に3人で抑えた。
菊池の前に打たせようと、狙い通りの沈むボールでバットの芯を外して引っ掛けさせており、これは試合の流れをつかむに十分の投球を見せた。

それにしても、今日の試合は、黒田の投球も見事なら、石川の投球も見事。
両ベテランの投球術を駆使した投手戦は、見応え充分。

7回を終えて、1-0というロースコアの接戦では、もちろん油断はできない。

きっちり逃げ切るためには、8回表に登板のジャクソンの投球が大事になる。
そして四球を一つ出したものの、打たれる気配というのは感じられず、無失点で投げ終えた。

すると8回裏の攻撃では、先頭のエルドレッドが四球を選び、代走赤松が二盗を決める。
1アウトから代打松山が四球を選び、石原はショート前への緩い当たり。
そして、石原にとっては非常に珍しい一塁へのヘッドスライディングが見られ、内野安打で1アウト満塁。
代打小窪が送られると、2球目がワイルドピッチになり、欲しかった追加点がようくやく入った。

2点差にリードが広がり、最終回のマウンドには中崎が上がる。
ここのところ、失点こそしてはいないが、疲れからかランナーを出すケースが増えてきており、1点よりは2点の方が安心感は高まる。

今日は全く危なげないピッチングで3人で締めて、完封リレー達成、しかも2回以降はノーヒット。
これで5連勝、貯金を今季最多24に更新。
黒田と石川の投げ合いを堪能できた試合だった。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター