カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.07.09 広島対阪神 公式戦14回戦 岡田初勝利に続き2勝目も阪神戦で記録、新井の逆転本塁打で流れを呼び込む
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.07.09 広島対阪神 公式戦14回戦 岡田初勝利に続き2勝目も阪神戦で記録、新井の逆転本塁打で流れを呼び込む

2016年7月9日に行われた、広島対阪神の公式戦14回戦の試合結果

広島 003 010 300|7
阪神 010 000 000|1

勝 岡田 2勝3敗
負 能見 5勝7敗
S -

【本塁打】新井8号、丸11号、鈴木12号

カープ先発の岡田にとって、プロ入り初勝利を挙げた阪神戦ということもあり、少なくとも苦手意識はないように思える。
ただ、前回登板では60球を過ぎたあたりから球威が落ち始め、徐々に夏場の暑さに体力を奪われているのかなという心配もある。
その見極めも必要となりそうな試合で、相手は前回と同じく、カープが苦手としている能見。
とは言っても、前回対戦時には下水流が猛打賞を放ち、攻略に一役買っているだけに、やはり右打者の奮起が望ましい。

今日の岡田の立ち上がりは、ボールの勢い、コントロールともにまずまず。
140キロ後半は出ているし、まずは状態自体は悪くなさそう。

一方の能見は、低めへの制球が決まり、2球で追い込まれるケースも目立っている。

2回裏には、岡田のボールが、ちょっとバラツキ始めたものの、球威で押し込むピッチングを続けていく。
しかし、カーブでバットの芯を外した、先頭の中谷の一二塁間への変則回転の打球が内野安打となると、エンドランが決まってノーアウト1、3塁。
そして3連打となる岡崎のタイムリーでで1点を失い、さらに能見には全くストライクが入らなくなり、ノーアウト満塁とピンチが拡大する。
ただ、昨日のジョンソン同様、マウンドに集まって冷静さを取り戻せたのか、そこから無失点で切り抜けて見せたのは、お見事。

すると3回表のカープの攻撃では、やはり2球で追い込まれるケースが、田中、菊池の2人に続いたが、田中は打ち取られたものの、菊池はインコースのストレートを上手くレフト前に持っていった。
丸はアウトコースを流し打って三塁線をライナーで破るヒットで、1アウト1、2塁となり、ルナの内野ゴロで二塁だけアウトになると、新井はアウトコースのチェンジアップを、やや体勢は崩されたが、ギリギリのところで体を残して、バットの先を走らせて片手でレフトスタンドへ放り込む逆転スリーランを放つ。
これは、パワーで持っていったというよりはベテランの技ありの一発。

これで流れがカープ側へ傾き、その流れを守ったのが3回裏のカープの守備。
先頭の福留にライト線へ二塁打を打たれ、ワンバウンドとなるカーブを石原が一塁側へ弾くワイルドピッチでノーアウト三塁。
しかしゴメスの強い当たりの打球はサードライナーとなり、そこから中谷、北條を連続空振り三振に打ち取り、岡田も勢いに乗った。
特に最近カウントを整えるのに使っていたカーブを少なめにし、ストレートで押しての連続三振ということで、ちょっとパターンを変えてきたなという印象はある。

そして中盤に丸のタイムリーで追加点を奪い、終盤には丸の本塁打と、鈴木の本塁打でダメ押しという攻撃面では理想的な展開。
昨日とは違い、相手から貰った得点というよりは、自力で奪った得点という面もあり、内容も良い。
鈴木の本塁打にしても、確かに榎田のアウトローのストレートが、逆球で真ん中低めに来たとは言え、ホームランボールというほど甘いコースでもなかった。
それを甲子園の左中間スタンドへ放り込むのだから、こちらはパワーで持っていった本塁打と言える。

岡田の中盤のピッチングは、ピンチではストレートで押して抑え、そうでない場面では、今まで通りカーブ、フォーク、カットボール、スライダーなどを駆使して的を絞らせない。
2回と3回のピンチ以外では得点圏にランナーを進められることはなかったが、そのイニングで要した球数の影響もあり、今日は6回108球でマウンドを降りることになった。
課題のスタミナ面に関しては、6イニング目でも球威はまずまずキープできていたが、ストレートのコントロールが高め、甘めに来るケースが増えていた。
併殺で無失点に切り抜けているので、巧く打ち取れたのは間違いないが、真ん中付近のスライダーだったのは少しヒヤリとした。

6点差という展開で、7回ヘーゲンズ、8回今村、9回一岡という3人が無失点リレーを見せ、やはり投打がかみ合っての勝利と言って差し支えない。

今季最多貯金を更新する18個目の貯金となり、今季甲子園で3度ある同一カード三連戦の全てで勝ち越しを決めたことになる。
また、ついにと言うか、チーム防御率もリーグ1位に浮上してきた。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター