デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016交流戦 > 【カープ情報】2016.06.09 広島対日本ハム 交流戦3回戦 野村打球直撃のアクシデントを乗り越えリーグトップの7勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.06.09 広島対日本ハム 交流戦3回戦 野村打球直撃のアクシデントを乗り越えリーグトップの7勝目

2016年6月9日に行われた、広島対日本ハムの交流戦3回戦の試合結果

広   島 020 000 020|4
日本ハム 000 000 020|2

勝 野村 7勝2敗
負 バース 4勝5敗
S 中崎 0勝2敗13S

【本塁打】西川遥4号

1勝1敗で迎える日本ハムとの第3戦は、野村対バース。
野村は前回登板で課題の6イニング目を無失点で抑える投球が勝利に結びついており、当然継続してもらいたい。

また、日本ハム先発のバースは、タイプ的にはメッセンジャーのような投球をしてくるということで、松山の打撃に期待したいところ。

ここのところ右の代打の筆頭として、小窪よりも會澤が起用されているところがあり、その小窪は代打としてここまで14打数ノーヒットで、會澤にしても5打数1安打。
そういう理由もあり、塹江は1試合も登板のないまま登録抹消となり、右の代打の補充として、堂林が一軍登録されてきた。
その堂林は、ファームではすり足打法をやめ、足を上げるフォームに戻している。
単純に考えても、打撃面では過度の期待をかけにくい状態。

そしてカープのスタメンは、エルドレッドを外し、松山を5番に入れ、鈴木を6番に下げ、西川をプロ入り初スタメンで起用してきた。
このスタメンには繋がり重視という意図を感じることが出来る。

カープの初回の攻撃は、田中はストレートで追い込まれ、決め球には縦のスライダーという、バース得意の組み立てで三振というスタートとなる。
菊池もストレートで追い込まれ、今度は緩いカーブで三振すると、丸はインコースのスライダーで力ないセカンドゴロで、簡単に三者凡退となった。
ただ、ストレートは150キロ超を記録しているように、球威はあるが、決して細かなコントロールがある訳ではなく、高めも多い。

一方の野村の立ち上がりは、逆にスライダー、ツーシーム中心の投球だが、こちらも高めが多い。
1番の陽には、アウトコース高めのストレートをセンター前に弾き返され、先頭打者の出塁を許してしまう。
ただ、2番の西川は変化球中心で送りバントを2球失敗させ、最後はチェンジアップで三球三振を奪う。

大谷は、ツーシーム、チェンジアップで外中心の攻めを見せ、タイミングを上手く外している。
それだけに最後のカットボールが高めに浮いて、バットに当てられてのセカンドゴロ進塁打になったのはもったいなかった。

1アウト二塁となり、中田の初球は緩いカーブでストライク。
先に追い込んでからも、インコースへのツーシームでファールを打たせるなど甘いボールはなかったが、最後の最後はアウトコースへのツーシームで一瞬ひやりとする甘いボールとなった。
僅かにタイミングがずれたのか、レフトフライに打ち取ったが、今日は決め球に苦労しそうな雰囲気があり、2回以降に立て直してもらいたいポイントとなる。

そして、2回表のカープの攻撃は、先頭の新井が三塁線への緩い当たりの内野安打で出塁するが、松山はセカンドへの併殺コースの打球。
しかし、昨日と同じような、セカンドからショートへの悪送球で、それぞれ進塁し、ノーアウト2、3塁のチャンス。
鈴木は追い込まれてから、アウトコースのストレートをセンター返しをみせると、そのまま二遊間を抜けていく2点タイムリーヒットで先制。
ただ、鈴木は安部の打席において、逆を突かれて一塁牽制死しており、これは大いに反省しないといけない。

先制した直後の2回裏の野村のピッチングは、初回同様早めに追い込んで、課題だった追い込んでからの投球は、チェンジアップで先頭打者をきっちり打ち取り、レアードのレフト前ヒット、谷口のセカンドゴロ併殺打は、ともに早いカウントから打ってきての結果となる。
追い込んでからの投球に改善の兆しが見られ、早いカウントでのボールを打たせて取る投球も出来始めたということは、野村のペースで投球出来始めたと捉えていいのではないだろうか。

すると、バースも2巡目からはカットボールと、チェンジアップの割合を増やし、緩急が上手く使え始める。
150キロ超のストレートとの組み合わせで、タイミングをずらされる打者が目立つようになった。

野村とバースがそれぞれ調子を上げつつあり、投手戦の試合展開に移っていくことになる。

ただ、3回裏には先頭の大野のピッチャー返しが、野村の右のわき腹から背中の付近に直撃し、治療のためいったんベンチに下がる。
ただ、ちょうど肉厚の部分だったことが幸いし、続投可能となった。

この僅か数センチの打球のずれが、今日の試合の明暗を分けた。
野村の続投が不可能だったとしたら、間違いなく試合展開は変わっていただろう。

打球直撃の影響を感じさせないピッチングで、3回4回と抑えていくが、4回の中田へのピッチングは初回同様追い込んでから甘くなっていた。
5回にはフルカウントのケースが増え始め、それでも何とか2アウト1塁まで漕ぎつけたが、中島卓のサードゴロは安部がトンネルして2アウト2、3塁のピンチを背負う。
球数も増え始めており、踏ん張りどころを迎えることになった。
ここで陽をインコースへのシュートで詰まらせて、内野フライで一打同点のピンチを凌いだ。

5回を終えて93球となっており、6回裏のピッチング次第では7回から継投策に移っていくことになる。
その6回裏のピッチングは、10球で三者凡退に抑え、球数的には続投も可能ではあったが、3回に打球の直撃を受けている影響も考慮してか、7回から継投策に移る。

その7回裏のマウンドにはヘーゲンズが上がる。
来日して初めて札幌ドームのマウンドに上がった影響なのか、先頭の田中賢は打ち取った当たりのサードへのゴロを安部がチャージしたが捕り切れず内野安打となった後、レアードにはストレートの四球を与えてしまう。
一軍でのマウンドでは、これまで26イニングでわずか3四球というピッチングを見せていただけに、珍しい。
ただ、ここからはヘーゲンズの投球の真骨頂が見られる。
送りバントを決められて、1アウト2、3塁となったが内野ゴロ2つで得点を許さなかった。
また、矢野の三塁線へのゴロを、今度は安部がしっかりと掴んで、本塁で封殺しており、この日の拙いプレーの埋め合わせは出来た。

すると8回表には、2回以降沈黙させられていたバースから、ようやく追加点を奪うことに成功する。
先頭の田中が四球を選び、菊池が今日はきっちりと送りバントを決める。
このイニングでは、150キロ超を記録するスピードボールは一球もなく、球速がすべてではないが捉えるには絶好の機会には間違いなかった。
丸は初球の真ん中高めのストレートに力負けせず、左中間フェンス直撃のタイムリーツーベースとなり1点追加。
さらに新井の内野安打と松山の四球で1アウト満塁とし、それぞれに代走を送る万全の態勢。
鈴木はインコースに詰まってバットを折られてしまい、ショートゴロに打ち取られるが、打球が詰まった分併殺崩れとなり、その間にもう1点追加した。

8回に2点を追加し、8回からはジャクソンがマウンドに上がる。
ただ、三振、本塁打、三振、二塁打、四球、シングルヒットという出入りの激しいピッチング。
ただ球威は申し分ないし、2点目となるレアードのタイムリーは、アウトコース低めのボール球の152キロのストレートをレフト前に持っていかれている。
通常であればヒットになるようなコースではなく、今日のジャクソンはちょっと風向きが悪かっただけと捉えておけばいいのではないだろうか。

そして、2アウト1、3塁のピンチを残してジャクソンはマウンドを降り、中崎がマウンドに向かう。
その中崎は、0-2からフルカウントまで粘られ、やっとのことで抜け気味のカットボールで見逃し三振で切り抜けた。

9回の攻防も両チームとも見せ場はたっぷりあった。
カープは先頭の西川がこの日2本目のヒットを放ち、石原が初球で送りバントを決めると、田中を敬遠して塁を埋めてきた。
菊池は追い込まれてからフルカウントまで粘ったが、最後はボール気味のスライダーでレフトフライに打ち取られる。
2アウト1、2塁となって丸、赤松という巡りになり、丸に対しては勝負に行った末の四球で満塁となる。
新井の代走として出場していた赤松は、3-0というカウントで押し出しも頭を過る展開となったが、ストレートに力負けしてセンターフライで得点ならず。

そして回跨ぎの中崎は、先頭の大嶋を3球でセカンドゴロに仕留めて1アウト。
ただ中島卓には持ち味を発揮されてしまい、0-2から四球を奪い取られた。
嫌なランナーの出し方だったが、続く陽は初球を捉えて右中間への鋭いライナーを放つものの、鈴木が追いついてライトライナーで2アウト。

内容はともかく、結果は助かったが、西川遥にも初球を捉えられライト前ヒットで2アウト1、2塁で大谷を迎える。
17試合連続ヒット中の大谷は、この試合ヒットが出ておらず、本塁打が出れば逆転サヨナラスリーランという、大谷にとって最も集中力が高まる場面。
しかし、中崎のピッチングが上回った。
ここ一番でしか投げなくなったフォークで空振り三振を奪い、交流戦に入って、3連戦で初めて勝ち越した。

相手のミスに乗じて得点を奪い、味方のエラーは野村がカバーし、打球が直撃してもマウンドを譲らず、送りバントをしっかり決める。
全般的には、悪くない試合運びは出来たと思う。
走塁ミスの鈴木は、自身の3打点で相殺はしているので、今日に関しては良い面も悪い面もあったというところで留めておこう。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター