デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016交流戦 > 【カープ情報】2016.06.05 広島対ソフトバンク 交流戦3回戦 丸サヨナラタイムリーで接戦を制す、ジャクソン来日初勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.06.05 広島対ソフトバンク 交流戦3回戦 丸サヨナラタイムリーで接戦を制す、ジャクソン来日初勝利

2016年6月5日に行われた、広島対ソフトバンクの交流戦3回戦の試合結果

SB 100 000 000 000|1
広島 000 001 000 001|2

勝 ジャクソン 1勝3敗
負 サファテ 0勝3敗18S
S -

【本塁打】菊池6号

カープ先発の中村恭は、ソフトバンク打線ということを意識しすぎると、制球を乱したり、逃げの投球となる可能性が高い。
まずは磯村のミットめがけて投げることのみ考えて試合に入っていければいい。

今宮、高田はカーブ、スライダーでストライク先行のピッチングで打ち取れたが、柳田はややバットの先に当たるショートゴロとなるが、田中が足を滑らせながら捕球した分、一塁送球が間に合わなかった。

ランナーを出すと途端にボール先行となってしまい、2-0からのストレートを狙い打たれての、左中間突破のタイムリーツーベースで1点を失った。
ただ、1点を失った前も後も表情が変わらないし、そういう意味では相手打線を意識しすぎないのは出来ているようにも思える。

さて、1点を追いかけるカープ打線は、武田のカーブに翻弄される。
高めに浮いたボールはほとんどカーブという認識で、そのまま高めに外れるストレートだったとしても振ってしまうし、カットボールの軌道でもカーブのつもりで振ってしまう。
特にエルドレッドはその傾向が顕著で、今日の試合では決め打ちが嵌るくらいしかヒットのイメージが湧いてこない。

2回は低めへの制球が決まり、三者凡退に抑えた中村恭だったが、3回には1アウトから今宮のピッチャー返しがワンバウンドでふくらはぎ付近に当たるというアクシデント。
治療して戻ってきてからは、ストレートが浮いてしまい、コントロールが乱れ始める。
これは今宮の脚の揺さぶりの影響もあったと思うが、結局四球を与えてしまい、1アウト1、2塁で柳田を迎える。
ただ、開き直りや、今度は盗塁の可能性が下がったことで、必然的に打者集中出来たことが功を奏した。
柳田にはスライダー、カーブ、フォークという変化球三連発で、セカンドゴロ併殺打に打ち取った。

この柳田への投球が示すとおり、今日の磯村は同じ球種を2球続けないケースがほとんど。
ボールになりやすいストレートも必ず組み込んで、ストレート、スライダー、カーブ、フォークの4つの球種で三振を奪っている。

しかしその傾向が明らかに変わったのが5回表の投球。
先頭の吉村に対し、急にストレートが多くなり、コントロールを乱して四球。
続く鶴岡には、逆にストライクしか入らない。
追い込んでからもストライクコースばかりで、外そうとしていてもストライクになってしまう。
どんどん甘いコースに近付いていき、最後はしっかりタイミングを合わされてレフト前ヒットでノーアウト1、2塁。

武田が送りバントを狙うが、2球連続ファールの後、スリーバント目もやはりストライクで、もっとも甘いボール。
高く弾んだ打球となったことで送りバントを決められる。

そして今宮にもストライク先行で、0-2というカウント。
今日の磯村は低めへの意識付けのジェスチャーは出来ているが、やはりストライクコースへのフォークとなりファールで逃げられる。
仕方なく一球大きく外して中村恭の気持ちをリセットし、最後はインコースのボールになるカーブを振らせて三振を奪った。 追い込むまでは良い形で投げられているので、ボールを振らせる投球が出来れば楽になるという見本のようなピッチングだった。

2アウト2、3塁となり高田には逆にボール先行のピッチング。
2-0から、スライダーとカーブでカウントを整えたが、最後のカーブは甘く入った。
左中間への打球は、エルドレッドが背走して掴み取り、打つ方での2三振を帳消しにする守備を見せた。

そろそろ反撃の機会をうかがいたいカープは、5回裏先頭の鈴木がレフト線へのツーベースで出塁する。
安部の一塁ゴロで鈴木が三塁に進塁するが、磯村の打席では148キロの連発でギアを上げてきた。
磯村は三振、代打松山もセカンドゴロで得点ならず。
2試合連続内野ゴロの間に1点を入れていた松山を、磯村に代えて送り出すという手もあったかなという攻撃だった。
もっとも、それでも同点どまりだったとは思うが。

6回からは今村がマウンドに上がる。
先頭の柳田にはインスラ、フォークなどで巧く攻めて三振を奪ったが、今日はストレートが逆球になるケースが多く、四球2つでピンチを背負った。
それでも後続は打ち取って無失点で切り抜ける。

すると6回裏、1アウトから菊池がアウトコース高めのストレートを捉えると、センターバックスクリーンへ飛び込むソロホームランで同点に追い付く。

同点に追い付いたこともあるが、7回からヘーゲンズが登板。
ここで気になるのは、捕手が磯村のままということ。
今日は中村恭の好投を引き出しており、終盤であってもリードしている展開でもなく、抑え捕手を即起用する場面ではない。
ヘーゲンズとの呼吸がどうかという点だけが心配だったが、きっりち内野ゴロ2つを打たせ、持ち味を引き出した。

そしてヘーゲンズが回跨ぎで8回もマウンドに上がるが、直前の攻撃中に磯村に代打が出されて、石原がマスクを被っている。
昨日、岡田が柳田を封じた投球の再現をヘーゲンズに求めたようなインコース攻めを見せ、最初は戸惑ったようなヘーゲンズだったが3-0からは全球インコースへ投げ切ってファーストゴロに打ち取った。

8回表をヘーゲンズが無失点で抑え、8回裏に勝ち越せば一気に勝利の確率が高まる。

その8回裏は、先頭の代打西川がライト前ヒットで出塁し、あまりバントの上手くない田中が送りバントを狙う。
しかし投手前への強いバントとなり二塁封殺。
ところが今度は、スアレスが一塁に牽制悪送球で、田中が二塁に進んで、一打勝ち越しのチャンスを迎える。
菊池の内野ゴロの間に田中は三塁まで進み、2アウト三塁で丸が打席に向かう。
ここでスアレスは155キロ超のストレートを連発し、力勝負で丸がねじ伏せられた。

9回表のマウンドには中崎が上がり、1アウトからヒットと四球でランナーを貯めてしまう。
この中崎に対しては、石原は一転してアウトコース要求が多くなり、インコースはカウントを整えるボールで使うのみ。
1アウト1、2塁で鶴岡は、送りバントを狙ってくる。
2アウトとなっても2、3塁にして2点を狙う、併殺を避ける、代打に長谷川が残っている、そう考えると長谷川を信頼しての策だったのだろう。
その鶴岡のバントは、初球を打ち上げてキャッチャーファールフライで、これは助かった。
代打長谷川も良い当たりではあったがセンターフライで、9回表を無失点で切り抜け、あとはサヨナラ勝ちを目指すのみ。

新井、エルドレッドが倒れて2アウトから、あと本塁打が出ればサイクルヒットの鈴木が打席に向かう。
しっかり捉えると、ライナー性のレフトオーバーの打球となるが、フェンス上部に直接当たる二塁打で本塁打にはならなかった。
それでもサヨナラのチャンスとなり、安部は敬遠で、石原の代打小窪に勝負の行方が託された。

しかし小窪はスライダーを捉えそこなってレフトフライで無得点、延長に突入することになる。

ただ、中崎が回跨ぎをして、キャッチャーは會澤に代わるという最も避けたい選手起用となってしまう。
昨日からインコースを上手く突いて打ち取っていた柳田に対し、当然會澤もインコースを使って打ち取りたいと考えているが、中崎はどうもアウトコース勝負を考えているよう。
ちょっと呼吸が合わない感じで、インコースではストライクが入りにくくなっていた。
結局四球を与えてしまい、ソフトバンクは内川のバッティングで1点だけを取りにくる。
柳田の盗塁も十分あり得る場面で、盗塁を仕掛けた柳田を會澤が刺して、ピンチを未然に防いだ。

今度こそサヨナラを目指して攻撃していくカープは、先頭の代打野間がセカンドゴロで、田中もセカンドゴロ。
2アウトから菊池が四球を選んで、ソフトバンクと同じような攻撃となる。
脚で揺さぶり、丸のアシストをして好打を引き出すのもカープの得点パターンの一つ。
その丸がライト前ヒットを放ち、2アウトながら1、3塁のサヨナラのチャンス。
新井勝負か、敬遠で今日3三振のエルドレッド勝負か、というところで新井は敬遠気味の四球で満塁となる。
この間には、ダブルスチールも視野に、丸が二盗を狙ってみたが、ソフトバンクバッテリーは全く乗ってこなかった。

森も回跨ぎで投球数も40球を超えてきている。
エルドレッドのバットに当たる球威に落ちてこないかと思ってみたが、150キロのストレートを投げ込んでくる。
追い込まれてからようやく高めのストレートにバットが当たり、ファールとなったことで甘い変化球でも選択しないかという期待も出てくる。
実際に2-2からはフォークを選択し、これもファール、そして次のストレートはファールになるがやや低くなってき始めた。
最後は低めへのストレートで見逃し三振となり、またもやサヨナラのチャンスを活かせなかった。

そしてシーズン序盤に悪手として名を残した、守備固め野間を再び見ることになる。
延長の進み方次第では、未だ打率0割の野間に打席が巡ることになり、試合の流れ的には不安もある。

11回表はジャクソンがマウンドに上がるが、先頭の内川に対し、ストレートでストライク2つ、スライダーで大きく外に外れるボール4つで四球という極端な投球となってしまう。
こうなると次の松田はストレート狙いでフルスイングしてくる。
初球の外のスライダーには見向きもせずに、2球目のど真ん中のスライダーは強振してファール。
3球目の高めのストレートも強振するが、ここは球威が勝って内野フライ。
會澤と安部が交錯するというシーンはあったが、まずは1アウトを取る。

ただ、中村晃の打席で、一塁ランナーの代走本多が二盗を決め、得点圏にランナーを背負ってしまう。
終盤に入ってからは、毎回のようにランナーを出してしまい苦しいピッチングが続いているが、中村晃はサードファールフライで2アウト。
城所を早めに追い込んで、最後はストレートで空振り三振で11回表も0で抑えた。

さあ、今度こそサヨナラ勝ちを収めるために、もってこいの打者が先頭打者として登場する。
鈴木が打席に向かうと、本塁打の期待も高まるが、アウトコースをきっちりと捉えてライト前ヒットで出塁する。
安部が送りバントを決め、1アウト2塁のサヨナラのチャンス。
會澤の打席で、初球ワイルドピッチで3塁に進み、チャンスがさらに拡大。
會澤はフルカントから粘ったものの、サードゴロで三塁ランナーの鈴木は本塁を狙えず。

そして野間の打順のところで、ソフトバンクはサファテを送り込む。
打率0割の俊足の打者に対し、サファテをマウンドに上げるということは、バットに当てての内野安打も許さないという狙いしかない。
ストレートしかない場面で、ほぼストレートのみを投げて、空振り三振というのは見ていて辛いものがある。

これで8回から11回まで、4イニング連続でサヨナラのチャンスを逃したことになる。
4イニングの中の1イニングだけなので、野間の打順の巡りが、とか選手起用が、というのはさすがに今日は無理がある。

最後の攻撃を1点取ることのみに集中するためにも、12回表はしっかり無失点で抑えたいところで、回跨ぎのジャクソンがそのままマウンドに上がる。
先頭の上林に粘られ、投球数的には不安も出てくるが、先のイニングでサファテがマウンドに上がったことで、一人はサファテとの対戦に費やせる。
8番9番を打ち取り、1番今宮にはレフト前ヒットで出塁されるが、高田を打ち取って、カープの負けはなくなった。

後は気持ちよく攻撃して、5度目の正直で得点してもらいたいところ。
前のイニングから引き続いて立ちはだかるサファテに対し、先頭の田中が追い込まれてからセンター前ヒットで出塁し、得点の足掛かりは作れた。
菊池が送りバントを決めると、サファテが一塁へ悪送球してオールセーフとなり、ノーアウト1、2塁。
前の打席での内容が良かった丸に、サヨナラのチャンスを託す。
やはり先に追い込まれてしまったが、ストレートをセンター前に弾き返し、サヨナラタイムリーとなる。

最後の最後に決めてくれた丸はお見事。
中村恭、今村、ヘーゲンズ、中崎、ジャクソンの投手も素晴らしい粘りを見せてくれた。
中村恭の5回1失点という投球もそうだし、勝ちパターンのヘーゲンズ、ジャクソン、中崎は2イニングずつを投げている。
滅多にできない投手起用で勝ちきったというのもそうだし、少なくともソフトバンクはサファテを回跨ぎで起用し、引き分け以上を狙ってきており、そういうソフトバンクとの試合で接戦をものにできたというのは、大いに自信になるのではないだろうか。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター