カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016交流戦 > 【カープ情報】2016.05.31 広島対ロッテ 交流戦1回戦 今季初めて指名打者制を採用した試合で完封負けも、経験値を稼ぎ明日の糧とする
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.05.31 広島対ロッテ 交流戦1回戦 今季初めて指名打者制を採用した試合で完封負けも、経験値を稼ぎ明日の糧とする

2016年5月31日に行われた、広島対ロッテの交流戦1回戦の試合結果

広 島 000 000 000|0
ロッテ 300 000 02×|5

勝 石川 5勝2敗
負 ジョンソン 6勝4敗
S -

【本塁打】ナバーロ3号

2016年の交流戦開幕カードとなるロッテ戦は、特にローテを変更することなく臨めるということで、順番通りジョンソンがマウンドに上がる。
対するロッテ先発の石川とは2年前に対戦があり、その時は天谷が本塁打を放っているし、何より交流戦9連敗を止めた試合に先発していたのが石川ということで、相性自体は悪くないと思える。

まずカープの初回の攻撃は、1アウトから菊池がヒットで出塁するが、丸が初球を打ってショートゴロ併殺打。
もちろん、流れが良くない攻撃で無得点に終わった。

悪い流れを、悪いと感じさせないためには、ジョンソンがリズムよく立ち上がる必要がある。
ところが、その真逆の投球になってしまう。
先頭の清田に対し、バランスを崩しているかのように、狙い通りのコースに投げられない。
四球を与え、さらに送りバントを狙ってくる細谷にも、ボール先行となり、フルカウントからエンドランを決められる。
そこからは、ストライクを取ることに注力し、甘いボールの連打になる。
角中タイムリー、デスパイネ内野安打、井口タイムリーツーベースで3失点。
この時点でまだノーアウト、非常に辛い試合の入りになってしまった。

こうなってしまうと、簡単に引っくり返すのは不可能。

後続は三人で打ち取ったことで、ジョンソンが2回以降立ち直り、試合を作り直すことがカープの反撃を生む方法の一つ。

2回のカープの攻撃で、2アウトから松山、鈴木の連打でチャンスを作り、粘ったものの安部が三振に倒れたのは、その予兆となるかと思われたが、実際には4イニング連続ヒット、そして3イニング連続得点圏にランナーを進めてもあと一本が出ず。

ロッテ先発の石川に対し、7回で7安打を浴びせながら、継投策も嵌って完封負け。
攻め切れなかったなという印象の試合となった。

それでも初回の3失点以降は、5イニングで被安打1と持ち直し、なんだかんだでQSを達成したジョンソンのピッチングは、敗戦の責任を感じることはない。

思えばルナ離脱となった最初の試合でも打線が沈黙した。
今季初のDHを採用しての試合で、思いの外あと一本が出なかった打線は、この1試合で十分に経験値を得て、明日以降の試合では繋がりのある攻撃を見せてくれるだろう。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター