カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.05.22 広島対阪神 公式戦9回戦 松山逆転弾とダメ押し弾で打撃戦を制す
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.05.22 広島対阪神 公式戦9回戦 松山逆転弾とダメ押し弾で打撃戦を制す

2016年5月22日に行われた、広島対阪神の公式戦9回戦の試合結果

広島 005 200 030|10
阪神 202 001 000| 5

勝 戸田 2勝0敗1S
負 メッセンジャー 4勝3敗
S -

【本塁打】松山3号、4号、丸8号

今季2度目のメッセンジャーとの対戦となり、前回は試合には負けたが5イニングで7得点を奪っている。
最近は決して苦手としている投手ではないが、もちろん力のある投手だけに気分良く投げられればあっさり抑えられてもおかしくはない。

その目安となるのが、立ち上がりを攻められるかどうか、ということになる。

先頭の田中は力負けのサードファールフライとなり、菊池はアウトコース低めのボール球をライト前に落とすヒットで出塁。
丸の打席でエンドランを仕掛けると、ショート頭上へのハーフライナーとなり、鳥谷の好捕でライナーゲッツーという、阪神から見れば非常に盛り上がるスタートとなる。

相手のムードが良い中での立ち上がりとなる中村恭は、今季初めて1番として起用される北條にセンター前ヒットを許し、かなり慎重な投球を余儀なくされる。
慎重には投球しているのは分かるが、ややキャッチャーの構えよりも甘く入るケースが続き、ほとんどの打者が空振りしない。
2アウトから原口には3-2からアウトハイに浮いたスライダーをレフト前に運ばれるタイムリーで先制を許すと、高山の初球はアウトコース要求が真ん中に入ってライト前タイムリーで2点目。

細かなコントロールを求めると持ち味が失われてしまうタイプだけに、先頭打者を出すと苦しくなる。
2アウト1、3塁からは、打者集中の面もあってか、クイックがおろそかになったところで高山には二盗を決められており、少し冷静さを欠いたところも見られたが、何とか2点で留めた。

カープの2回の攻撃は、ランナーを出しながらも得点を挙げることが出来ず、次の1点をどちらが入れるかで、試合の流れが変わってくる展開となった。
カープの流れに持ってくるためには、中村恭が追加点を許さないピッチングをしていく必要がある。

2回の中村恭のピッチングは、スライダーの方がやや制球が出来ており、ストレートは高めが多い。
鳥谷はストライク3つは全てスライダーで三振を奪い、メッセンジャーはストレートを捉えられてのセンターライナー、北條はアウトコースのストレートを捉えられてライト前ヒット。
すると、やはりモーションを盗まれて、完全な形で二盗を決められてしまう。
とにかくストレートでは空振りが取れず、大和にはファールで粘られ、3-2から投じたスライダーを投手強襲の内野安打とされる。
2アウト1、3塁となり、ヘイグにはカーブとスライダーで攻めていき、三遊間への深いゴロを打たれるが、セカンド封殺で無失点で切り抜けた。

次の1点を与えないピッチングは出来たが、とてもではないが長いイニングを投げられる内容ではない。

早めの継投策も視野に入れながらというところで、3回のカープの攻撃では、1アウトから田中が四球を選び、菊池がエンドランで難しいボールに食らいついて内野安打とする。
これで3イニング連続でランナーを出し、1点でも返していきたいところで、丸は初球を打ってセカンドライナー。
4番の松山も高めのボールに手を出して追い込まれ、最後も高めのボールを強振すると、レフトポール際へどんどん打球が伸びていく。
そのままスタンドへ飛び込む逆転スリーランとなり、言葉は悪いがあんなクソボールを本塁打出来るのは、松山くらい。

その後もエルドレッドが低めのボール気味のストレートをバットを軽く合わせてピッチャー返しのセンター前ヒットとすると、天谷が狙い澄ましたサード前へのセーフティバントを決めて、再び1、2塁のチャンス。
そして安部が左中間フェンス直撃の2点タイムリースリーベースを放ち、この回5点のビッグイニングとなる。

ただ、この5点を取っての逆転劇があっても、経験上おそらく終盤にはもつれる。

3回裏には先頭のゴメスに対しボール先行となり、阪神も打ち合い上等というスイングに変わってくる。
ゴメスに続き、原口にもボール先行のまま四球を与え、もはや投手交代しないと再逆転まで覚悟しないといけない状況。

ノーアウト1、2塁でマウンドに集まったところで、投球が変わるような状態ではなく、高山への投球は逆球となりライト前タイムリーで1点返されて、2点差でまだノーアウト1、3塁。
1塁ランナーの高山は、初回にモーションを盗んで二盗を決めていることで、押せ押せのムードの中、再び二盗を決めてやろうと気持ちが逸ったのか、牽制に誘い出されて一二塁間に挟まれてタッチアウト。

このアウトで、さらに打者の俊介を打ちとれれば阪神の反撃ムードも一旦萎むところだったが、やはりストライクが入らず四球を与えると、鳥谷にも全くストライクが入らず四球で、1アウト満塁。

そして打席にメッセンジャーを迎えるところで、とてもストライクが入る雰囲気がない中村恭に代えて戸田をマウンドに送る。

戸田はメッセンジャーを投ゴロで本塁封殺するものの、先頭の北條には押し出し四球を与えて1点差に迫られる。
戸田を送るにしても、無失点で抑えてくれという送り出し方をするのであれば、俊介への四球の後に交代させる必要があった。
満塁となってから交代するということは、ロングリリーフ前提で、同点まで、極端に言えば1点リードされても2、3イニング投げることを戸田には求めている。

なので、押し出し四球の1点で凌いだのは、戸田のファインプレーと言っていい。

メッセンジャーも序盤3回で77球を投げているし、継投してくるのは間違いなく、リードしているか、そうでないかでリリーフとして登板してくる投手の顔ぶれが変わる。
同点、あるいはビハインドであれば勝ちパターンの投手が投げてくる訳で、得点の確率は下がる。

そういう展開の読みが、メッセンジャーの失投を確実に捉える余裕にもなる。
1アウトから菊池が四球を選び、丸は初球の真ん中高めのストレートを一球で仕留め、左中間スタンドへのツーランとなる。
これでメッセンジャーはKOとなり、リリーフ一番手として榎田がマウンドに上がる。

松山がライト前ヒット、エルドレッドが四球を選んで得点圏にランナーを進めたものの、後続が倒れて追加点はならなかった。

両チームとも先発投手が降板し、戸田が4回裏をすんなり抑えることが出来れば、試合の流れを落ち着かせることが可能となる。

その戸田の4回裏のピッチングは、1アウト1、2塁で高山をアウトコースへのスライダーを引っ掛けさせて、ようやく磯村の狙い通りの打ち取り方が出来た。
ランナーを出しながらも無失点で抑え、何とか試合を落ち着かせるきっかけは出来た。

戸田は5回裏も続投し、1アウトから代打の新井良に四球を与えるが、今日の試合の阪神の攻撃の起点となっている北條を、アウトローのストレートで6-4-3のゲッツーに打ち取った。
4回裏は高山、5回裏は北條を打ち取り、こういう投球を中村恭に求めたかったし、今後の参考にしてもらいたい。

戸田が一旦試合を落ち着けたとは言え、今日の試合展開では3点リードは安全圏ではない。
打線の援護も欲しいところだったが、逆に6回裏に1点を返される。

6回裏からはヘーゲンズが登板するが、こちらもコントロールに苦しんでしまう。
四球こそ出さなかったが、ボール先行で逆球も多い。
この試合で3つ目の盗塁を決められ、原口にレフト前タイムリーを浴びてしまう。
北條、高山を打ち取り、この原口も打ち取れば流れを切れるところだったが、もう一打席回る終盤の攻防で、良い場面で回るんだろうなという嫌な予感が漂うことになる。

ヘーゲンズが回跨ぎで7回裏もマウンドに上がるが、このタイミングで捕手を石原に変えてきた。
前のイニングで3つ目の盗塁を決められ、1失点してしまったことで、逆にリズムの好転を狙っての捕手交代。
もちろん抑え捕手としての起用の意味もある。
今度は全く危なげなく三者凡退で抑えた。
良いリズムで抑えた後の捕手交代は悪手だが、悪いリズムで失点した後の捕手交代は良手ということなのか、これは参考になった。

課題の7回を無失点で抑え、8回ジャクソン、9回中崎という形は出来上がった。
あとは、追加点があればなお良しという場面で、8回表の攻撃では1アウトから菊池がレフト前ヒットで出塁すると、松山が真ん中高めのストライクコースのストレートを、今度はきれいなバッティングで打ち返し、逆風を切り裂いてライトスタンドへのダメ押しツーランを放つ。
左投手の高橋聡から打ったというのも、松山本人にとっても、試合の流れとしても大きな意味がある。
続くエルドレッドはレフト前ヒットを放ち、代走から守備固めに入る赤松を自然に送り込むことが出来るという好循環も生まれる。
その赤松は二盗を決めるが、この三連戦で原口の二塁への送球はワンバウンドばかり。
これは次回対戦時のヒントとなりそう。
そして赤松が二盗を決めた直後、鈴木がライト前タイムリーを放ち、リードを5点に広げた。

確認の意味も込めて、鈴木も二盗を試みるが、今度はギリギリノーバウンドで届いてタッチアウトになる。
ただ、矢のような送球というわけではなく、やはり足を絡めた攻めが有効になりそうには思える。

5点差に広がり、8回裏のマウンドは予定通りジャクソン。
昨日中崎を使って三連投になってしまったことで、9回裏は中崎ではなく、今村の登板も考えられ、どちらでも可能なようにジャクソンにはしっかり抑えてもらいたいところ。

それにしても今日はどの投手も1イニング目はコントロールに苦しむ。
先頭の北條にボール先行からライト前ヒットなり、大和にもボール先行で四球を与えてノーアウト1、2塁。
ヘイグにもボール先行となるが、スライダーにはタイミングが合っていないと見切って、3-2から縦スラで勝負し空振り三振を奪った。
ゴメスに対しても、ヘイグと同じような攻め方でスライダーで空振り三振。
そして、予想通りというか、ランナーが貯まった状況で原口を迎え、そこで打たれるか、抑えるかが今日の最後の見せ場となる。
そして最後までスライダーを決め球として選択し、三者連続空振り三振で無失点で切り抜けた。

9回裏は、やはり中崎の4連投を避け、今村がマウンドに上がる。
その今村にしても3連投のあと、中1日空けての登板で、万全ではないかもしれない。
長引くと、この試合だけでなく、今後にも影響しかねないということで、早めに追い込んで行い、高山に対してもスライダーを選択して見逃し三振。
ジャクソンから引き継いで、4者連続スライダーを決め球として三振を奪った。

鳥谷にヒットを打たれたものの、後続を打ち取り、乱打戦となった試合で勝利をもぎ取った。
その立役者の一人として、あえて1番手に名前を挙げたいのは、押し出し四球による1点で凌いだ戸田。
今日の試合で、阪神へ傾きかけた流れを止めたピッチングは素晴らしい。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター