デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.05.21 広島対阪神 公式戦8回戦 土壇場で同点に追い付くも、最後はサヨナラ負け
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.05.21 広島対阪神 公式戦8回戦 土壇場で同点に追い付くも、最後はサヨナラ負け

2016年5月21日に行われた、広島対阪神の公式戦8回戦の試合結果

広島 100 000 002|3
阪神 000 100 111|4

勝 マテオ 1勝1敗10S
負 中崎 0勝2敗9S
S -

【本塁打】安部3号

2試合続けて延長戦での勝利となり、劇的なのはいいが、投手陣の疲れも気になるところ。
今日先発の岡田は、十分長いイニングを投げるだけのポテンシャルは持っているが、それが今日発揮できるかとなれば別問題。
前回登板のように、石原のサイン通りに淡々と投げることが出来れば、試合を作れる状態にはある。

そして阪神は、3番にヘイグ、そして8番に鳥谷を入れてきた。
岡田は悪い時はコントロールに難があるだけに、出塁率のいい鳥谷の8番がどう嵌るのか、そこに注目となる。

初回のカープの攻撃は、今季初先発の岩崎のボールが高めに浮き、そのボールを見極められる打者と、そうでない打者で明暗が分かれた。
田中に対してはほぼ高めにしか決まらず、そのボールに力負けしてセカンドゴロ。
菊池にも明らかな高めのボールの他は、厳しいコースには来ているものの、僅かに外れており四球となると、丸は初球の真ん中へのスライダーを右中間へ運び、タイムリーツーベースで先制。
新井も四球でチャンスが続くが、今日の岩崎は全力で投げたストレートが自然と高めに決まることで、エルドレッドの弱点にズバズバ決まり、空振り三振。
鈴木も高めに詰まってファーストへの内野フライで1点どまりとなった。

また岡田の立ち上がりは、先頭の板山に対し4球連続でスライダーやカットボールといった変化球を選択。
ファールで逃げていはいたものの、やや戸惑いも見え、最後のストレートには手が出ず見逃し三振。
ストレートでストライクが入ることを確認すると、今度はストレートでカウントを稼ぎに来ると、大和にはライトライナー。
ヘイグには芯で捉えられてセンター前ヒット。
福留はスライダーにタイミングが合わなかったが、コースヒットで2アウト1、2塁。
阪神打線のストレート狙いの傾向があることを頭にいれ、ゴメスに対してはスライダーで追い込んで、ストレートを決め球に使って空振り三振。
いろいろ探りながらリードしているなというのがよく分かる初回だったし、岡田もその要求通りのボールを投げられている。
これは前回登板と同じ傾向で、もちろん良い立ち上がりだった。

2回の岡田は、初回にカウントを取りに行くストレートにはタイミングを合わされていたことをベンチで確認し、修正できたのか、早いカウントから放るストレートでも空振りを取れ始めた。

ただ1巡目はその投球で通用していたが、2巡目に入ってくるとちょっとストレートのスピードが落ち気味になってくる。
球数の多さが影響しているのか、140キロそこそこの急速に落ちてしまうと、際どいコースを突けるタイプではないだけに狙い打たれると厳しくなってくる。
なんとかスライダー、カットボールを組み合わせながら大崩れはさせない投球を導いている石原だったが、4回裏にゴメス、高山、原口の三連打で1点を返され同点に追い付かれる。

前半の投球はストレートの球威を前面に押し出し、中盤の投球はスライダー、カットボールの比率を高め無難にまとめる投球という印象。

一方の岩崎についても、高めに浮いてもストレートの球威で押す投球で、中盤はスライダーとチェンジアップを多めにして打者のタイミングを外す投球。

ともに5回で100球近く投げており、どんなに長く投げても7回までという状況で、昨日同様リリーフ勝負となっていく。

7回からは阪神が安藤、カープが永川を投入し、先に崩れたのは永川の方。
カープ側が初めて与えた四球が起点となって、連打で1点を失ってしまった。
昨日はストレートの球威を感じる投球を見せたのに、今日は低めに決まっていても打ち返されるのだから、連投でボールの質が落ちる連鎖は止まっていない。

8回にはマテオが登板し、クリーンアップが三者凡退に抑えられた。
普段よりも1イニング早い投入で、9回は藤川の投入も頭にあったかもしれないが、わずか9球で投げ終えたことでマテオの続投となる。

8回裏のマウンドに上がったのは、木曜日に先発したばかりの九里。
3回1/3で63球しか投げていないとはいえ、中1日で登板するということは、次回先発が飛ばされるか、ローテの順番を入れ替えることを意味する。
勝ちパターンのリリーフ投手を温存する意図も見え、1アウト満塁のピンチとなって、鳥谷を迎える場面でも投手交代はなし。
鳥谷の右中間へのフライを鈴木がスライディングキャッチで好捕したことで、犠牲フライによる1点で済んだが、点差は2点に広がってしまう。
三遊間への打球がことごとくレフト前に抜けていく打球を見ても、サード小窪の守備範囲では今後サードとして出番が安泰とも思えない。

9回裏にはマテオが続投し、先頭の鈴木はスライダーにタイミングを外されてショート後方へのフライとなってしまう。
ただ、風に流されて鳥谷が追い付けず、ボールが落ちると、その間に鈴木は二塁を陥れる。
そして小窪に代打安部を送り、インコースのスライダーを巻き込むように叩くと、高く上がったライト頭上への打球がそのままスタンドに飛び込んだ。
夕方になり浜風がいつもとは逆のライト方向に吹いており、風にも乗ってのツーランとなり、土壇場で同点に追い付いた。

ただ、同点に追い付いたことで、勝ちパターンの投手を継ぎ込むことになったカープは、逆にここから負けることはダメージが大きい。
9回裏には中崎がマウンドに上がるが、先頭の大和を追いこんでから、カットボールが真ん中高めに入ってしまい、左中間へのツーベースでいきなりサヨナラのピンチを背負ってしまった。
送りバントで1アウト三塁となったことで、福留、ゴメスを連続敬遠で1アウト満塁とし、高山勝負を選択する。
高山は1-0からサードファールフライを打ち上げるが、先ほどはカープに味方した風が、今度は阪神に味方した。
安部がファールフライを取ることが出来ず、仕切り直しとなると、インコースのストレートが甘く入り、ライト前のサヨナラタイムリーとなってしまった。

安部がファールフライを取ることはできなかったのはもちろんエラーに近いプレー。
ただ、あれだけがっかりした姿を長時間見せれば、相手は勢いづいて攻めてくる。

ダメージの大きい負けではあるが、明日にまで引きずっては意味がない。

今日の敗因?
もう忘れた、くらいがちょうどいい。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター