カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.05.13 広島対中日 公式戦9回戦 昨季1勝のナゴヤドームで、早くも2勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.05.13 広島対中日 公式戦9回戦 昨季1勝のナゴヤドームで、早くも2勝目

2016年5月13日に行われた、広島対中日の公式戦9回戦の試合結果

広島 000 200 001 3|6
中日 200 000 100 0|3

勝 ヘーゲンズ 2勝0敗
負 又吉 2勝2敗
S 中崎 0勝1敗9S

【本塁打】ビシエド12号、小窪1号

今季初先発となる戸田は、リリーフとしては既に中日戦で2度登板しており、心の準備は少しは出来ているものと思いたい。
マツダスタジアムでの三連戦では、今季唯一の同一カード三連勝を記録しているが、ナゴヤドームでその借りを返されないようにしないといけない。
もっとも、この三連戦は先発投手が不足し、開幕ローテーション投手は、誰一人登板できない状況。
極端に言えば、誰か一人でも次回先発に望みをつなげる投球が見られれば、良いかなとも思える。

そして中日の先発は、ナゴヤドームでのカープ戦は無敗のバルデス。
サードのスタメンが小窪ということで、小窪がヒットを一本でも打てれば、打線のつながりが極端に良くなる。
この7番サードというのが、今日の一番のポイントとなりそう。

さて初回のカープの攻撃は、田中がインコースのストレートを、腕をたたんで左中間方向へ打ち返すセンター前ヒット。
ボールが若干高いことがヒットにつながった。
菊池に対してはストレートの四球で、バルデスらしくない立ち上がり。

丸に対しては、一塁手のビシエドがベースの相当後ろで守っており、セーフティ気味に転がせばヒットゾーンが広いと思えた。
ただ特に動きはなく、3-2となり高めのボールを打ち上げてショートフライ。
ストライクかボールか際どいコースとは言え、高めのボールをファールに出来ればというシーンが、ここ最近の丸には多い。
この一つのアウトでバルデスが立ち直った。
新井に対し、アウトコースギリギリのストレートを連発して、三球三振。
エルドレッドにも四球で、2アウト満塁となり、鈴木が打席に向かう。
左中間へ鋭い打球を放つものの、ナニータの守備範囲で得点ならず。
立ち直るかどうか、フラフラしているバルデスから1点入るか否か、というところで得点できなかったのは、この後の攻撃に影響が出そう。

そして戸田の立ち上がりは、先頭の大島に四球を与え、2アウト3塁まで漕ぎ着けた後の、ビシエドのツーランで失点。
無理に勝負しない攻め方で、ボールになってもいいつもりでインコースを狙って、それが逆球でアウトハイに入って本塁打を浴びるのだから、これぞ戸田のピッチングという感じ。
良くも悪くも、この結果は織り込み済み。

2回に入ると、バルデスのコントロールが落ち着き始め、手元で伸びるストレートなどで詰まらされる打者が多くなる。
一方の戸田も、ストレートの伸びが出てきて、詰まらせるシーンが増える。

両投手ともに立ち直りの兆しを見せた矢先、3回裏の守備では先頭のバルデスに四球を与えるという嫌なランナーの出し方をしてしまうが、菊池、小窪がいい動きを見せ、守備から試合の流れを作りにかかる。

すると4回の表の攻撃で、先頭のエルドレッドがボール気味のアウトコースのチェンジアップを、巧くバットの先で拾ってレフト前ヒットとすると、1アウト後、今日のポイントと考えられていた小窪が、レフトスタンドへ今季第1号の同点ツーランを叩き込んだ。
先に追い込まれてから、4球粘ってタイミングを合わせ、最後の最後に仕留めた。
甘い球が来たというほどのボールではなく、4球粘っていたボールと遜色ないボールに思えただけに、粘り勝ちというバッティングと言える。

同点となった後は、カープ側へ流れが傾いた。
7回には、先頭の戸田がヒットで出塁し、田中もレフト前ヒットで続いてノーアウト1、2塁。
菊池が送りバントを狙うことになるが、セカンドランナーが戸田ということで、ランナーを代えてプレッシャーをかけてもいい場面だった。
戸田の今日のピッチングであれば、6回2失点という結果もそうだし、内容的にも次回先発機会は勝ち取っている。
もちろん、チャンスで勝ち越せば勝ち投手の権利は付く訳で、自信を持ってマウンドを降ろしてあげるのも一つの手であったように思う。
ランナーを代えることなく、菊池が送りバントを決め、1アウト2、3塁で丸の放った高いバウンドのファーストゴロで、戸田が本塁突入するもタッチアウト。
スライディングを失敗し、本塁手前で失速してしまっていた。
走塁技術のある走者であったならば、本塁はセーフになる可能性があったし、ビシエドも本塁送球自体を諦めていたかもしれない。
コリジョンルールが適用されるか否か、ビデオ判定の行われたが判定は変わらずアウトのままで、勝ち越し点は入れることができなかった。

すると直後の7回裏、ヒットと送りバントで得点圏にランナーを背負い、大島の当りはショートの頭上を襲うハーフライナー。
その打球を、田中がこれ以上ないというタイミングでジャンプして掴み取り、2アウト二塁、右の谷を迎えるところで今村にスイッチ。
中日側も代打野本を送り、この采配が的中。
右中間を破るタイムリーで1点勝ち越されてしまう。
ナゴヤドームで7回裏に勝ち越しを許し、好投の先発投手に自責点が付く形になるのは、非常に嫌な展開。

8回表には、1アウト満塁のチャンスを作り、とっておきの代打松山を送って、押し出しかというボールがストライク判定となった挙句、結果は最悪の4-6-3というダブルプレー。
ああ、ナゴヤドームでの試合らしい、と思わずにはいられなかった。

8回裏には江草がマウンドに上がり、ヘーゲンズ、ジャクソンが失点してしまった昨日の流れが影響している投手リレーとなる。
江草は先頭のナニータに四球を与え、送りバントでも決められると嫌な場面だったが、代走工藤を送ったにもかかわらず、エルナンデスの打席では特に動きもなく、見逃し三振でこれは助けられた。

9回表、中日の守護神福谷と対するカープ打線は、1アウトから菊池がセンター前ヒット。
丸もセンター前ヒットで続き、1アウト1、3塁。
この試合、得点圏にランナーを置いて、3度凡退している新井は、今度は一球で仕留めて、ライト線への同点タイムリーツーベースを放つ。
1アウト2、3塁で一気に勝ち越しを狙える場面も残り、押せ押せのムードだったが、安部がフォークで空振り三振、天谷は粘ったものの詰まった感じのショートライナーで勝ち越しはならなかった。

同点のまま9回裏を迎えるということは、サヨナラの脅威にさらされながらの投球、守備になるということ。
昨日サヨナラ負けを喫しているだけに、十分気を使いながらの投球になることろで、ヘーゲンズは大暴投でコントロールに不安を見せてしまったが、先頭打者をフルカウントの末、低めのフォークで三振を奪い、その後はリズムよく三者凡退に抑えた。
結果として1点もやらないのは、勝ちパターンで登板する投手にとって必要な要素。
必要なことを、きっちりやり遂げたことで、何の不安もなく攻撃に向かっていける。

延長に入った10回表、先頭の西川が初球を叩いてセンター前ヒットで出塁し、行けるぞという雰囲気を作り上げた。
會澤が送りバントを決め、一打勝ち越しという状況となったが、代打堂林はショートゴロに倒れる。
田中に期待が集まるところで、0-2と追い込まれ、3球目がワンバウンドとなり桂が前にこぼす隙を突いて、西川が三塁を陥れた。

この三塁への進塁が活きることになる。
田中は低めのシンカー系のボールに当てただけのショートゴロとなってしまうが、堂上が弾いてしまい、拾い直しても焦ってまともな送球が出来ず、タイムリーエラーで1点を勝ち越した。
ナゴヤドームの終盤に、中日守備陣が2つ続けてエラーをするという展開は頭になかった。
菊池が四球を選んで繋ぎ、代わった岡田から丸が初球をたたいて、前進守備の右中間を破る2点タイムリースリーベースで3点差に広げることに成功。

さあ3点差で中崎に逃げ切りを図りたいところで、その中崎もちょっとバタバタとしてしまう。
リリーフ陣が失点続きで、2試合連続逆転負けということも頭にあるのだろう。
絶対に抑えるという気持ちが、やや空回りしたようなプレーが出てしまったが、これで逆に気持ちが入り直った。
後続は打ち取り、連敗ストップ。

昨季1勝のナゴヤドームで、今季2勝2敗となった。
もちろん苦手克服という試合内容ではなかったが、結果として嫌な流れもあった試合で逆転勝ち。
自信を持っていいのではないだろうか。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター