カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.05.08 広島対DeNA 公式戦8回戦 福井2012年の再現のようなピッチングで壮絶に散る
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.05.08 広島対DeNA 公式戦8回戦 福井2012年の再現のようなピッチングで壮絶に散る

2016年5月8日に行われた、広島対DeNAの公式戦8回戦の試合結果

DeNA 300 200 020|7
広 島 100 000 000|1

勝 山口 2勝1敗
負 福井 1勝2敗
S -

【本塁打】ロペス6号、梶谷2号

カープは、先日の予想通り磯村を今季初スタメンで起用してきた。
磯村とのバッテリーとなる福井は、先頭打者にストレートの四球。
2番の桑原にも四球で、いきなりノーアウト1、2塁。
全くと言っていいほどストライクが入らない。
3番の梶谷はボール球に手を出してサードへのファールフライとなるが、ここで安部が負傷しながらボールを離さなかった。
この野手の気持ちに応えてもらいたいところだったが、治療を終え試合再開直後にロペスにスリーランを浴びた。

正直、この結果は興醒め。

気を遣ってもらって、若手捕手にリードを任せて、野手も何とか福井に立ち直ってもらいたいと懸命の守備をしても、全てぶち壊すような投球をされては、次回も先発として頑張ってくださいという気持ちにはなれない。

1回裏のカープの攻撃では、山口もややコントロールを乱す場面もあり、田中にライト前ヒットのあと、エンドランを仕掛け、菊池の当りも右方向への強い打球となる。
セカンドの守備範囲だったことで進塁打となり、丸の凡退後、新井がアウトコースのスライダーを捉えて、レフト前タイムリーヒットで1点を返す。
すぐさま1点を返し、野手はもう一度福井に立ち直るチャンスを与えようと頑張っている。

その福井は、2回に入っても、決してコントロールが改善したわけでもなく、抜け球も多いし、ストレートでのなかなかストライクが入らない。
それでも感情むき出しの投球をしているようには見えてきた。
磯村も、ランナーが三塁にいてもフォークの連投を要求し、絶対に後ろに逸らさないと、福井を鼓舞するリードをしているようにも見える。

決して福井が投げやりになっている訳ではないのは分かるが、それでも立ち直れずに失点してしまうということは、現時点で一軍のローテで回っていく状態ではないのは明らか。
序盤で試合の行方は決してしまったといっても過言ではない。

あの試合展開では、打線が点を取ることに集中できる状態ではないし、献身的な守備を見せたことで、野手に責任がある試合とは到底思えない。

ましてや、今日は磯村が何とか福井をコントロールして、試合を壊さないように、立ち直ってもらうように鼓舞し続けたという印象が強く、磯村にはまだチャンスを与えてもらいたいという気持ちにもなる。

福井の二軍降格は当然としても、黒田も一度先発を飛ばすことになり、登録抹消となっている。

これで先発投手は、ジョンソン、野村、九里しかいなくなり、前回登板後はリリーフとしての起用継続を示唆されていた戸田、ファームからは中村恭あたりが先発候補となってくる。
その他では、リリーフで存在感を示しつつあったヘーゲンズの1試合のみの先発起用か、あとはファームから今井を上げたり、小野を先発起用することが考えられるが、先発投手として今井と小野の名前が挙がるということは緊急事態には変わりない。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター