カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.05.04 広島対巨人 公式戦7回戦 野村投打にわたる活躍、救援陣も好投で巨人戦の連敗を4で止める
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.05.04 広島対巨人 公式戦7回戦 野村投打にわたる活躍、救援陣も好投で巨人戦の連敗を4で止める

2016年5月4日に行われた、広島対巨人の公式戦7回戦の試合結果

広島 010 130 100|6
巨人 000 001 000|1

勝 野村 4勝1敗
負 江柄子 0勝1敗
S -

【本塁打】なし

カープ先発の野村と、巨人先発の江柄子の立ち上がりは、同じような内容の投球となった。
江柄子がヒットと四球で1アウト1、2塁のピンチを凌いだ。
一方の野村はヒットと四球で1アウト1、2塁のピンチで、4番ギャレットを併殺崩れでランナーを残して、2アウト1、3塁。
5番の長野を詰まらせたものの、フラフラと上がった打球が新井の頭上を越えていく。
新井は全く追い付けない当たりだったが、菊池が回り込んでスライディングキャッチ。
初回からスーパーキャッチで野村を救った。

両投手とも、決して調子が悪いわけではなさそうで、慎重に投げた結果が、3番打者への四球となっている。

2回のカープの攻撃では、江柄子の緩いボールに手を焼くシーンが増えてくる。
打ち頃というボールに見えているのか、鈴木などは力んだスイングで芯でとらえることが出来ない。
右打者はインコースで詰まらされるケースも多く、かと言ってストレートには振り遅れ、捉えどころがない。

安部は真ん中付近を鋭く振り抜いてライト前ヒットを放ち、小林相手に盗塁を決めてきた。
ただ、昨日も石原は引っ掛ける打席が目についており、今日も振りが鈍く見える。
8番の石原が倒れたことで、2アウト2塁で野村が打席に向かい、得点の確率はグンと下がるケース。

しかし、鈴木あたりが力んで詰まっているインコースのボールを、軽く振ったことで力ない小飛球がライト前に上がる。
この打球にチャージしてきた長野が、照明が目に入ったのかスライディングキャッチを試みるが、胸の前で捕球する形になり、やや行き過ぎたような捕り方のため、グラブからボールがこぼれる先制タイムリーになった。

カープが1点先制となっても、野村は丁寧に投げている印象は、初回から変わらない。
江柄子はと言うと、初回から投球内容は変わらないが、緩いボールへのカープ各打者の対応が追い付いてきた。

ストライクゾーン近辺の緩いボール球に手を出していたが、打者2巡した辺りからは右打者以外は見極めが出来てきた。
松山と安部が四球を選び、1、3塁のチャンスを作るが、その間右の鈴木と石原は、やはりボール球に手を出して凡退している。
そして、再び野村がチャンスで打席に向かうと、1打席目と同じような打球がライト前に飛ぶ。
今度は照明を目に入れないようチャージしてくる長野だったが、今度もあと一歩及ばずグラブからボールがこぼれて2打席連続タイムリーとなる。

さらに5回には、先頭の菊池が四球を選び、野村以外の右打者が初めて出塁する。
交代のタイミングはここだったと思うが、今日の対江柄子はとにかく左打者がカギを握っていた。
丸の打席でエンドランを仕掛け、丸は高めに浮いた変化球をレフト前に運び、ノーアウト1、3塁のチャンスを作る。
ここのところ引っ張りの意識が見える新井は、ボール球に手を出して三振してしまうが、松山は0-2から低めのフォークを、松山独特のバッティングでライト前に運ぶタイムリーで追加点。

ここで江柄子が降板し、田原誠がマウンドに上がる。
この交代は鈴木にとってはいいタイミングだった。

江柄子に全く合っていなかった右打者の代表とも言える鈴木は、あれだけ緩いボールを力みあげて打ちそこなっていた打席が嘘のように、センターの右方向へタイムリーを放ち、送球エラーの間にもう1点追加。
このあと、またもやチャンスで野村に打席が回るが、3度目は流石に打ち取られた。

それでも5点のリードに広がって、5回裏のマウンドに向かう野村は、この試合2度目のピンチを背負う。
小林のレフト前ヒットと、立岡のライトオーバーツーベースは、序盤では見られなかった打球の鋭さで、こちらも巨人打線が捉え始めている。
1アウト2、3塁で片岡がサードフライとなったことで楽になり、坂本にはインコースのシュートで詰まらせてサードゴロ。
良い形で5回のピンチを切り抜けた。

しかし6回裏には、簡単に2アウトを取った後、亀井、村田、小林、辻の4連打を浴びる。
ほとんどがその打者の最初に投げるカーブを狙い打たれており、2試合連続完封、完投など少し色気が出てリズムが狂ってしまったかのよう。
1点を失って、なお2アウト満塁という場面で今村がマウンドに上がる。
戸田と今村が準備をしていたが、イニング途中からマウンドに上がる投手としては、今村の方が信頼性が高い。
今村はほぼストレートだけで立岡を押し込み、甘いボールは一球もなく、ショートゴロに打ち取った。
この今村のリリーフは見事だった。

そして7回表のカープの攻撃で、先頭の新井が四球を選び、松山がセンター前ヒットでノーアウト1、2塁。
鈴木のサードゴロ併殺崩れで、1アウト1、3塁となり、昨日ノーアウト2、3塁で堂林がショートゴロを打って得点できなかったシーンが思い出される。
どうしても比較される状況で打席に向かう安部だったが、叩き付けた打球がファーストギャレットの頭の上を越すタイムリーとなった。
ここで1点取れれば、という場面で点が取れたということだから、この試合はモノにしないといけない。

7回裏からは、ここのところ好投を続けているヘーゲンズが登板。
ヒット2本を打たれてはいるが、甘いボールはほとんど見られず、低めにも制球出来ていることで大崩れしにくい投球ができている。

8回裏はジャクソンがマウンドに上がり、村田に粘られて10球要した末にショート内野安打を打たれたものの、それ以降は文句なし。
縦スラでカウントを稼いで、ストレートで打ち取るピッチングに、各打者が振り遅れていた。

さあ、5点差の9回裏のマウンドに上がるのは中崎。
そして慣れないサードの守備で、送球ミスが続いたことで一軍登録を抹消されていた西川が、守備固めとしてサードの守備に就く。
西川は守備機会がなかったが、中崎はストライク先行の小気味のいいピッチング。
わずか7球で三者凡退に打ち取り、試合を締めた。

今日は野村が1失点、そして2打席タイムリーで投打にわたる活躍。
初回の菊池のファインプレーも大きかった。
そして満塁の場面で登板し、見事ピンチをしのいだ今村の投球も素晴らしかった。
昨日は点が入らなかったケースと同じような場面で、今日は点が入ったことでも試合の流れを引き寄せることにもなった。
エルドレッドの敬遠も含め、四球を8個も貰って、さらにタイムリーエラーまであっては、さすがに負ける訳にはいかない。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター