デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.04.30 広島対中日 公式戦7回戦 丸今季初の2打席連続本塁打で、昨季0勝の黒田の対中日戦の勝利を援護
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.04.30 広島対中日 公式戦7回戦 丸今季初の2打席連続本塁打で、昨季0勝の黒田の対中日戦の勝利を援護

2016年4月30日に行われた、広島対中日の公式戦7回戦の試合結果

中日 000 010 100| 2
広島 000 233 04×|12

勝 黒田 4勝1敗
負 伊藤 0勝1敗
S -

【本塁打】エルドレッド9号、丸4号、5号

カープ先発の黒田は、昨シーズン中日を最も苦手としており、0勝3敗という数字に終わっている。
ただし、その3試合の登板は全てナゴヤドームでのもの。
チーム自体がもっとも相性の悪かった球場ということを含め、マツダスタジアムではそうはいかないというところを見せてもらいたい。

その黒田の立ち上がりは、いきなり先頭の大島に初球を打たれてのセンター前ヒット。
リズムを崩すパターンの一つではあるが、そこは百戦錬磨の黒田。
まったく動揺することなく、大島をけん制で刺してピンチの芽を摘み取った。
やはりナゴヤドームとマツダスタジアムでは違うということも言えるが、昨日の若松攻略の際に、ランナーが出れば実際に盗塁を仕掛けるわけではなくても、スタートの構えで揺さぶることで、簡単に打者に集中する状況を作らせなかった。
その場面を目の当たりにしているだけに、黒田が大島の脚に揺さぶられなかったのは、ベテランならではとも言えるし、これで安心して攻撃できる状況になった。

初回のカープの攻撃は、中日先発の伊藤の前に、田中と丸のヒットで得点圏にランナーを進めた。
菊池は送りバントを仕掛けることはなく、強攻策を取るのもここ最近のカープ打線の特徴。
今日も4番に座った松山が、捉えた当たりのレフトフライ、エルドレッドはまともなストライクは最後の一球だけで、その一球が文句なしのところに決まっての見逃し三振。
最後のボールのような、質の良いストライクの割合を減らしていくことが攻略の糸口になりそう。

2回以降は、黒田も伊藤も、ランナーを出したとしても単発のランナーのみで、大きく崩れる様子はない。

均衡が崩れたのは4回裏のカープの攻撃。
1アウトからエルドレッドが甘いスライダーを捉え、弾丸ライナー性の打球で、レフトスタンドに放り込む先制本塁打。
この1週間、エルドレッドは同じような甘めの変化球は、ほとんど芯で捉えている。
それが打球が上がるか上がらないかだけの違いで、投手とすればもっともコントロールをミスしてはいけない球種。

まあ失投と言っていいくらい甘いボールだったが、次の鈴木のサードゴロを森野が悪送球してランナーが出ると、安部の右中間を破るタイムリーツーベースで、さらに追加点。
安部の後は8番、9番に打順が回っていくだけに、安部で1点奪えたのは意味のある2点目だった。

5回に入ると、そこまで無失点投球で、ピンチも作らせない黒田が2アウトから堂上にライト前ヒットを打たれる。
そして得点圏にランナーを背負わないまま、杉山にタイムリーツーベースを打たれて1点を返される。
次が投手の打順ということで、無理に勝負をしないという選択肢もあったが、2点を先制したことで、大胆に攻めた結果が1失点につながったと言える。

もちろん1失点だけで、追加点を許さなかったことでまだ精神的な余裕は変わらず。

1点差に詰め寄られた5回の裏に、先頭の田中、菊池が連続ヒットでチャンスメイクすると、丸がライトスタンドへ打った瞬間に分かるスリーランでリードを広げる。
伊藤は5回までで約100球となり、ボールも狙った通りのコースに決まらなくなったこともあり、5回で交代。
十分狙い通りの攻略が出来たと言えるのではないだろうか。

さて、続く6回には石原、黒田が倒れ、2アウトから田中、菊池が連打でチャンスを作ると、再び丸がライトスタンドに前の打席と同じような軌跡の特大のスリーランを放った。
先発投手をマウンドから降ろした後、リリーフの又吉からスリーランを放ったことで、イニングは少し早いがダメ押し出来たということにもなり、完全に試合の流れをつかんだ。

これだけの打線の援護があれば、黒田が1つずつ確実にアウトを取る、大量失点しない投球をするだけで十分逃げ切れる。

7回に1点を失うものの、8回から今村、9回は戸田が無失点で抑え、面白みのないコメントになってしまうが、先発投手が先制を許さず、そうしている間に打線が援護して、終盤にもダメ押し点を挙げ、終盤の堂林の好走塁、守備でもミスがないという、完勝という試合になった。

今日の試合では、エルドレッドが前半出場し、新井が後半から出場。
それぞれが打点を挙げ、また途中出場の赤松にも今季初ヒットとなるタイムリーが出て、スタメンの意図通りの結果も出ている。
5月もこの良い流れに乗っていきたい。









関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター