カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2016年全球団新外国人】 > マット・マクブライド捕手の成績
スポンサードリンク

マット・マクブライド捕手の成績

DeNAが2016年の新外国人選手として獲得を目指すと報じられた、マット・マクブライド捕手(30)の成績
(2016年4月28日メジャー昇格報道あり)

188cm、98kg、右投げ右打ち。

大卒でプロ入りして、メジャー昇格は27歳のシーズンとやや遅咲き。
プロ入り以降の3年間は捕手として出場していたが、本格的に野手に転向してから、徐々に打撃面で頭角を現してくる。
3Aでの年間最多本塁打は2013年に記録した15本となっているが、これは48試合での数字で、潜在的な長打力は秘めていると思われる。
ただ、高めも低めも下からすくい上げるバッティングフォームで、ラインドライブ性の打球が多いことから、思ったほど本塁打数が伸びていない。

ボールゾーンの球でもバットに当てることができ、バットコントロールには優れており、三振率は低くなっている。
簡単に空振りをしないことでBB/Kの数字が高めにはなっているが、選球眼に優れて四球を選べるという意味合いとは異なる。

3A通算の三振率が低く、BB/Kの数字が高い選手は、日本で苦戦する傾向があるが、今季であればマット・ヘイグ、ブライアン・ボグセビック、ジャフェット・アマダーあたりが該当する。

野手転向後も、捕手として試合に出場するケースも多く、2013年は捕手としてスタメン出場したのが28試合あり、2016年の今季も6試合先発マスクを被っている。
今季は主に8番、9番を打つことが多いことからわかる通り、打撃の調子は上がっていない。
また最近の試合では2番キャッチャーでスタメン出場している。

2015年は一塁手としての出場が多く、4番を打つことも多かった打者だったが、今季のこの打順の降格と成績を見る限り、度重なる下半身の故障が徐々に影響してきたとも考えられる。
2番手捕手という立場に追いやられており、出世コースからは外れてしまったと言えるかもしれない。

また守備面については、日本ではほぼ捕手として起用されることはないため心配の必要はないと思うが、年間の捕逸数は20個前後とかなり多い。
外野守備については、捕手出身で肩は強い方と思われるが、補殺数はあまり多いとは言えず、守備範囲も広い方ではなく、あまり上手い外野手とは思えない。
一塁守備については、何とか見られる数字が並ぶものの、安心して一塁を任せるというレベルではなさそう。

シーズン前に契約したロマックが28歳のシーズンでメジャー初昇格をしていることや、体格がほぼ同じということで、どうしても比較されやすい状況にあるのは仕方がないところか。



 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2006(A-)52184501204315216220.272 0.355 0.402 7570.727 0.120
2007(A)1054211193528661038540.283 0.348 0.432 7800.704 0.128
2007(AA)274200000000.571 0.625 0.857 14820.000 0.000
2008(Rk)175019712930650.380 0.483 0.680 11631.200 0.100
2008(A)113912401700550.308 0.386 0.487 8731.000 0.128
2008(A+)176712200600790.179 0.263 0.209 4720.778 0.134
2009(A+)31126511506360011150.405 0.453 0.667 11200.733 0.119
2009(AA)983618929012631118420.247 0.301 0.427 7280.429 0.116
2010(AA)9636110225117640230620.283 0.347 0.499 8460.484 0.172
2010(AAA)311193260411005170.269 0.296 0.420 7160.294 0.143
2011(AA)903279624414553030470.294 0.353 0.520 8730.638 0.144
2011(AAA)12457201300280.156 0.191 0.267 4580.250 0.178
2012(AAA)10843915142610870119470.344 0.365 0.535 9000.404 0.107
2013(AAA)481805917115450011210.328 0.359 0.683 10420.524 0.117
2014(Rk)4138300510310.615 0.688 0.846 15333.000 0.077
2014(AAA)51187571117350112190.305 0.345 0.487 8320.632 0.102
2015(AAA)7830810130112495123410.328 0.380 0.549 9290.561 0.133
2016(AAA)9265011300370.192 0.276 0.385 6610.429 0.269
マイナー通算8603260974266181145751982394220.299 0.352 0.496 8480.566 0.129
AAA通算3371304412108105023353751600.316 0.351 0.529 8800.469 0.123
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
201231781620211001170.205 0.222 0.308 5300.059 0.218
2014213172026002120.226 0.294 0.484 7780.167 0.387
201520427000000040.167 0.186 0.167 3530.000 0.095
メジャー通算721513040417003330.199 0.228 0.305 5330.091 0.219






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター