カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.04.23 広島対阪神 公式戦5回戦 乱打戦の翌日は投手戦、黒田が投げ勝つ
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.04.23 広島対阪神 公式戦5回戦 乱打戦の翌日は投手戦、黒田が投げ勝つ

2016年4月23日に行われた、広島対阪神の公式戦5回戦の試合結果

阪神 000 000 002|2
広島 001 000 02×|3

勝 黒田 3勝1敗
負 岩貞 1勝1敗
S 中崎 0勝1敗7S

【本塁打】ゴメス7号

失点の続いていた中田とオスカルが登録抹消となり、戸田と九里がリリーフとして一軍登録されてきた。
ロングリリーフ要員が不在だった投手陣にとってバランスが良くなるのはもちろん、1イニングを投げ切ることが出来ないことで登板過多になりつつあったリリーフ陣への負担も考慮した入れ替えとなっている。

九里と戸田の両投手は、ファームで先発起用されており、セットアッパーとしての役割を期待されての昇格ではないように思われる。
となると、7回は今村が最有力候補になってくる。
昨日の大量失点という試合展開で、人数が足りなくなっても、1人当たりのイニング数を増やして、今村、ジャクソン、中崎を使わなかったのは、そういうことだろうと思う。

さて、前回の登板では日本復帰後で最多失点となってしまった黒田が、前日の投手陣の姿を見て、早いイニングでマウンドを降りることを避けようとする意識が高くなっているはず。
そのためには、どうしても対左打者の抑え方が重要となってくる。
トップバッターの高山は言うに及ばず、不調だった鳥谷に当たりが出だしたことで、西岡や黒田に相性の良い今成まで、非常に気を使う打者が続く。

もっとも先日のDeNA戦のジョンソンが相性の悪さ通りの結果が出たように、対チームの相性という面では、黒田の対阪神の相性は悪くない。
前回登板でゴメスの投手強襲の当たりで、ビハインドのままマウンドを降りても、負け投手にはなっていないように、何かしらの作用はある。
黒田が立ち上がりをすんなり抑えて、新井が一打席目にヒットを打つような展開だと、チームが乗っていける要素はある。

その注目の黒田の立ち上がりは、低めへの制球が安定し、特に右打者へのツーシームが効果的に決まっていた。
カウントも取れるし、決め球としても使える。
しっかりと三者凡退で抑え、まずは良いリズムで試合を始めることが出来た。

そうなると、前回12三振を奪われた岩貞を、どう攻略していくかに集中できる。
今日の岩貞の立ち上がりは、ストレートでどんどん押しては来ているが、ストライク先行で苦しいバッティングを強いられるという感じではない。
田中、菊池、丸は一度も空振りをしておらず、バットに当てることができるという優位性が、3番丸のフルカウントからの内野安打を生んだ。
菊池、丸の連打で1アウト1、3塁で新井に打席が回る。
サードゴロに倒れ、本塁を狙った菊池が三本間に挟まれる間に、かく乱する走塁で、最終的に2、3塁と状況が変わる。
エルドレッドはライトフライに打ち取られるが、江越がライトフェンスに手をかけながら捕球する、大きな飛球だった。
初回の岩貞のピッチングは、各打者が前回登板ほどではないと感じたのではないだろうか。

そして2回の黒田のピッチングは、右のゴメスにレフト前ヒットで、課題の左打者鳥谷の前に、右打者の出塁を許したことになる。
状況的には、ピンチを招く可能性が高くなるはずが、その鳥谷は高めの釣り球で空振り三振。
続く西岡にも、インコースギリギリ、アウトコースギリギリのボールの出し入れで、良い当たりをインフィールドに飛ばさせない。
インフィールドに入れようとすれば、詰まったような当たりになるところで、最後は当てただけの高いバウンドのゴロが二塁ベース上に飛ぶ。
菊池が捕って、そのままベースを踏み、一塁転送で4-4-3の併殺打でピンチを作らせなかった。

岩貞に関しては、ストレートを軸にする投球スタイルは変わることはないが、上位打線はストレートについて行けている。
3回に田中がスライダーをうまくレフト線に運ぶツーベースでチャンスを作ると、菊池はアウトコース高めのチェンジアップをセンター前に素直に打ち返すタイムリーで1点先制。
丸はエンドランを仕掛けて三振ゲッツーとなってしまうが、完全なボール球のストレートをカット出来ている。

黒田の投球内容は初回から変化なく、低めのツーシームでゴロを打たせている。
そうかと思えば、ストレート勝負で江越から三振を奪い、前回バックスクリーンへ放り込まれたことを忘れていないかのような意地の投球を見せる。

4回には新井が岩貞のアウトコースのボールに逆らわないバッティングで、ライト前ヒット。
ムードは徐々に盛り上がってきたが、エルドレッドのショートライナーはバットの先で打球が緩く、鈴木のサードライナーはスライダーをしっかり捉えていたが今成の正面、堂林のショートゴロもバットの先ということで、打球の勢いはなかった。

岩貞は、ストレートのキレは戻り切ってはいないものの、スライダー、チェンジアップは低めに決まり始め、変化球中心の組み立てでカープ打線の目先を変えてきた。

黒田も、3回あたりからはどの打者に対しても芯を外した投球が出来ており、会心の当たりは出なくなっている。
投球数も5回で71球と理想的な範囲で、7回は十分投げ切れるペース。

しかし6回1アウトから、高山の当てただけのショートゴロは変則バウンドで打球が死んでいる。
捕球してから一塁送球を焦った田中が、カメラマン席に入る暴投で、1アウト2塁のピンチを迎えてしまう。
ここで大和が粘り、球数を多く放らされてしまったことで、黒田の完投というのは考えられなくなった。
阪神ベンチの考えとしては、黒田をマウンドから降ろし、リリーフ陣から点を奪いに行くというものもあっただろう。
ピンチを切り抜け、無失点で抑えたものの、一応阪神の狙い通りの攻めの形は見えた。

7回も同様で、2アウトから西岡の三遊間のライナーを、堂林が飛び込んだが捕れず内野安打になると、今成もバットに当てることに重きを置いたようなバッティングで粘り、打ち取ったものの7回で116球ということで、黒田は7回無失点でマウンドを降りる。

7回裏の攻撃では、スタメン捕手が石原の試合ではなかなか見られなかった、下位打線でチャンスを作って上位打線に回すという攻撃が見られた。
先頭の堂林がセーフティバントで出塁し、石原の送りバントが決まり、代打小窪が四球を選ぶ。
岩貞の制球が乱れての四球で、さらに田中に対し続投という場面で、追加点を狙う絶好の機会。
しかし、田中は一塁線方向へ高く弾む打球を放ち、そのままであればファールになる打球を背中に受けて、守備妨害でアウトになるという、もったいないプレー。
目を切ってしまったのか、打球の跳ね具合を見誤ったのだと思うが、試合の流れを変えかねないプレーだった。

そしてカープの泣き所でもある終盤の投手リレーとなるが、黒田が7回まで投げ切ったことで、8回ジャクソン、9回中崎の勝利の方程式を投入できる。
信頼度の高い2人の投手リレーとなり、ジャクソンは簡単に三者凡退で抑えた。
先頭打者には代打の板山を起用しており、ルーキーが打てばムードも高まってくるため、思い切った起用に映ったが、今日のところはジャクソンが上回った。

8回裏の攻撃で新井の2本目のヒットが飛び出してから9回の守備を迎えるか、というプレー一つでも雰囲気が変わるところで、まず先頭の丸は、ワンバウンドでドリスの脚に当たる投手強襲ヒットで出塁。
そして新井が打席に向かうが、ドリスのボールは荒れている。
ストライクは1球しか入らず、四球でチャンスは拡大した。
ただ、荒れてはいるが威力はある。
エルドレッドも鈴木も差し込まれて、力のないフライが上がってしまう。

ただ良くあるのが、ノーアウトで得点圏にランナーが進み、2アウトまで漕ぎつけた後に投手が力尽きるというもの。
昨日スタメンで本塁打を放っている松山が代打で登場し、上がり調子ということも相まって、もっとも良い形の選手起用。

今日もレフト方向へ弾き返し、前進守備の高山の頭上を越える2点タイムリーツーベースで、欲しかった追加点が入った。

3点リードの9回のマウンドに中崎が上がり、黒田に対しあれだけ粘りを見せた大和を見逃し三振で1アウト。
江越に対しては、力みがあるのかストレートが大きく外れるケースが増えて、四球を与えてしまう。
ゴメスに対しては、初球が大きく外れるボールとなったことで、ややストライクを取りに行く意識が働いてしまったのか、インコースで詰まらせるつもりのボールが、甘く入ってしまい、レフトスタンドへのツーランを浴びてしまう。

四球でランナーを出してしまったことで、ストライクを取りにいったが故の失点。
一旦気持ちを落ち着かせ、再び攻める気持ちで鳥谷を追いこんで三振を奪い、2アウトまで漕ぎつけた。
西岡に対してもボールが先行してしまったが、低めのカットボールでショートゴロに打ち取り、何とか逃げ切った。
この西岡の打ち取り方は、黒田の投球をそのまま再現したような攻め方で、冷静かつ大胆に投げた結果かと思う。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター