デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.04.20 広島対DeNA 公式戦5回戦 リリーフ陣総崩れと今季初の完封負け
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.04.20 広島対DeNA 公式戦5回戦 リリーフ陣総崩れと今季初の完封負け

2016年4月20日に行われた、広島対DeNAの公式戦5回戦の試合結果

広 島 000 000 000| 0
DeNA 120 000 50×|10

勝 モスコーソ 2勝1敗
負 ジョンソン 2勝2敗
S -

【本塁打】ロペス4号、筒香7号

カープ先発のジョンソンが、昨年もっとも相性の悪かったチームはDeNAで、球場は横浜スタジアムだった。
今季はマツダスタジアムでの開幕戦で対戦し、負け投手となっている。
もっともこの試合でのカープの得点はわずか1点で、ルナが負傷欠場した試合を含めて、今季最少得点の試合だった。

打線が援護し、ジョンソンの相性の悪さをカバーできないものだろうか。

そのDeNAは開幕カードのカープ戦で2試合連続ヒットを放ったロマックを一軍登録し、即スタメン起用してきた。
開幕戦ではジョンソンからもヒットを1本打っている。
もっともその2試合以降は、8試合連続ノーヒットで登録を抹消されていた。
守備でもあまりいい動きが出来ていなかっただけに、この隙を突いたプレーを見せてもらいたいところだったが、ジョンソンの立ち上がりを攻められ、このロマックの犠牲フライで1点を先制されてしまう。

前回登板は、初回から150キロを連発し、スライド登板により中7日での登板となったことがいい方に作用したように思えた。
ただこの試合は中5日で、前回と比べるとボールの勢いに差があったように思う。

変則的な日程が続いたことで、開幕からフル回転で投げ続けてきたジョンソンを、中6日で回すタイミングが訪れたと考えるのが妥当。

2回にも追い込んでから、先頭の桑原に2点タイムリーを打たれ、相性の悪さを感じさせる。
今日は全般的にストライクとボールがはっきりとしており、状態が良くない中での6回3失点。
先発としての役目は十分に果たしている。

1つ目の問題は打線の方。
モスコーソとは福山でのオープン戦で対戦があるが、主力野手が欠場していたとはいえ、ほとんどの打者が芯を外された打球しか放てなかった。

開幕からここまで、悪くはないがそこまで良い状態ではないモスコーソに対し、そのオープン戦での投球をそのまま再現されたような抑えられ方で、チャンスらしいチャンスを作ることが出来なかった。
甘いボールは非常に少なく、良い投球をしていたのは間違いないが、昨日も述べたように丸の状態が下降気味なことで、打線の勢いがなくなっている。

2つめの問題は、リリーフ陣の失点の仕方。
6回でマウンドを降りたジョンソンの後を受けたのは、中田。
先頭の桑原の内野安打と、石川のセーフティ気味の送りバントまでは特に問題には思わない。
しかし、1アウト2塁でロマックに対し、勝負に行けていない投球を見せられては、追いかける展開のチームとしては苦しくなる。

ロマックに四球を与え、左の筒香にワンポイントでオスカルをマウンドに送る。
こちらも昨日述べたように、やや持ち味が薄れてきつつある。
筒香にライト前ヒットで満塁とされると、右のロペスに対し今度は永川を投入。
3点ビハインドの展開で、7回に投手を3人も継ぎ込むのはセオリーに反しているように感じてしまう。

もっとも永川の高めのストレートを、ロペスがレフトスタンドへ放り込み、満塁本塁打で勝負が決した。
大量失点でようやくリリーフ陣を継ぎ込むことを諦め、永川が続投し、さらに1点追加されるサンドバッグ状態。
良い状態の時もあるのに、悪い時との差が多きすぎる。
これは永川だけでなく、中田にも言えることで、またオスカルは一度自分の持ち味を思い出す期間が必要かもしれない。

ファームでは、先発調整をしてはいるが、九里、中村恭が出番に飢えているし、岡田は来週からの一軍での先発に向け、状態を上げてきている。
今の一軍のリリーフ陣も立場が保証されているわけではない。

開幕から一度もなかった完封負けを喫したが、7回に大量失点してしまっては、終盤の粘りのある打撃も見ることはできない。
1番打者の出塁の差、不調だった3番と好調だった3番の結果の入れ替わり、あと30cmでスタンドインを逃した5番と満塁本塁打を放った5番、打撃と守備で貢献した試合から一転、満塁で三振そして失策の三塁手など、カープにとって悪い流れがこの試合に関しては来てしまった。

マツダスタジアムに戻っての週末の三連戦。
気持ちだけでもリセットするには、いいタイミングではないだろうか。
丸の打撃は、まだ微調整で調子を取り戻せるレベルであり、中1日の猶予がある本拠地での試合までには、調子を取り戻す時間は取れるのではないかと信じてみる。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター