デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.04.17 広島対巨人 公式戦5回戦 ルナ登録抹消で打線をLv.1から育て直し
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.04.17 広島対巨人 公式戦5回戦 ルナ登録抹消で打線をLv.1から育て直し

2016年4月17日に行われた、広島対巨人の公式戦5回戦の試合結果

広島 000 001 000|1
巨人 001 000 01×|2

勝 マシソン 2勝0敗1S
負 ジャクソン 0勝2敗
S 澤村 3勝0敗5S

【本塁打】片岡1号、菊池2号

昨日右足を負傷したルナが登録抹消となり、代わって堂林が一軍登録となった。
左腕の今村相手ということもあり、三塁で即スタメン。
また注目の打順は、4番エルドレッド、5番新井、6番鈴木と素直に一つづつ打順を上げ、7番に會澤、8番に堂林を入れてきた。
エルドレッドがこれまで通りのバッティングができれば、繋がりという点においてはチーム全体で意志が統一できており、どの打者が入っても攻撃のスタイルが変わることはないはず。

先頭の田中は、追い込まれていたこともあり、2球連続でボールくさい球に手を出してファールにし、最後も難しい球を打たされてのセカンドゴロ。
菊池は先に追い込まれながらも、粘った末の三振で、丸はフルカウントから四球を選んだ。
エルドレッドはセカンドフライに倒れ無得点で、ヒットこそ出なかったが、今村に対しよく粘っており、初回だけで24球を投げさせている。
今まで通りの攻撃の形に思えた。

対する福井の立ち上がりは、前回登板では思うようにボールがコントロールできていなかったが、今日の試合でもランナーを出してから、ストレートが浮くケースが目立った。
2アウト2塁から、ギャレットには際どいコースを狙って、無理をせずに四球を与えたが、クルーズには力んでインハイへ抜けたボールが肩口に当たる死球となってしまう。
満塁となり、亀井には良い形でストライクが2球続いたが、勝負球は高めに抜けて、亀井が大根切りに近いバッティングで、右中間へ打球を運ぶ。
逆に高めだったことでやや力負けしたような打球で、鈴木がフェンス際でジャンプして捕球するファインプレーで何とか無失点で切り抜けた。

2回に入ると、今村の投球テンポが良くなり、芯でとらえる打球があまり出ない。
福井もランナーを出さない状況だとストライク先行で良いピッチングができているが、ランナーが出ると苦労している。
昨年の好調を支えていた要因の一つである、カウントを整えたり、勝負球にも使えていたスプリットの精度があまり良くないように思える。

3回にはそのスプリットを片岡にレフトスタンドに運ばれ、1点を先制される。
落差がほとんどなく、半速球の甘い球になってしまっていた。

3回を終わって1点のビハインドとなり、2巡目に入っていく打線が今村を捉えにかかるタイミング。
4回先頭の菊池は、フルカウントからレフト前ヒットを放ち、これがチーム初ヒット。
しかし、丸は初球を打ってファーストゴロで二塁のみアウト。
エルドレッドも初球を打って、強い当たりのサードゴロで、5-4-3のゲッツー。
ノーアウトから菊池がランナーに出て、盗塁をしないにしても、何かするのではないかと相手にプレッシャーをかけたい場面ではあったが、相手が様子を見る間もなく2球で3アウトになったのでは、どうすることも出来ない。

5回を終えて1点ビハインドのままで、しかも菊池の1安打のみ。
反撃の糸口は何になるかと思った矢先、その菊池の本塁打で同点に追い付く。

今村の緩急に翻弄されている部分があり、狙い球が絞り切れていない状況に思え、連打が期待しにくい中での一発。
ただ、決してこの一撃が出ても、さらに攻め立てていく雰囲気が感じられなかったのは、東京ドームでの試合だからか。

7回には、マシソンがマウンドに上がり、先頭の新井はフルカウントの後、右手首に死球を受けてしまう。
口を真一文字に結び、痛みに耐えている姿が印象的。
ルナに続き、新井まで離脱となると、言葉で表すのが難しいくらい厳しい状況になるところだったが、治療を終え一塁ランナーとして戻ってきた。

このランナーを大事にしたいという場面で、新井には代走を送らず、さらにバントが上手いとは言えない鈴木に送りバントを命ずる。
新井への代走については、勝負どころはまだ先という勝負勘に基づく選択で、これが正解とも不正解とも言えない。

ただ、鈴木のバントについては、初球の甘いボールを失敗した時点で、これではバントは無理かなという考えに至らなかったのは、昨シーズンまでの采配と同じ匂いがしてくる。
どうしても送りたいのであれば、端から天谷、上本あたりの選択肢もあった。
この試合では、先発の福井も含め、誰一人選手が交代しておらず、リリーフ陣も今週はジャクソン、中崎が火曜日に登板したのみで余力はある。
オスカル、中田、今村は今週一度も登板がない。

鈴木にピンチバンターで上本、送れれば會澤と、堂林に代打松山で点を奪いに行く姿勢があっても良かった。
鈴木を終盤も残しておきたい、そのためには送りバントもしっかりこなさないとレギュラーは取れないよ、というのが首脳陣の頭の中にあると思うが、個人的にはそもそも鈴木に送りバントを期待していない。

結果的には8回同点の場面でマウンドに上がったジャクソンが、巨人の鈴木の走力、進塁打でピンチを広げ、何が何でも1点を奪いに行く姿勢に屈して1点を勝ち越された。

7回の送りバント失敗、8回の1アウト1塁での強攻策での無得点。
この終盤の攻防が勝敗を分けてしまった。

8回から登板のセットアッパーのジャクソンが失点しての敗戦というのは、残念だが納得のいく選手起用でもある。

ただ打者についてはそうは思えない。
ノーアウト1塁で、送りバントを決めて、後続のキャッチャーと今季初スタメンの打者に後を託す、そういう打者になることを鈴木に望んでいるのか、と問われてどういう答えを返すのか、非常に興味がある。
もちろん會澤のバッティングを軽んじるわけでも、堂林への代打の可能性があることを考えていないわけでもない。

この2連敗は、オープン戦中盤から4番ルナありきの打順を想定し、じっくりと練り上げてきた構想が崩れたことによる、打線の再構築中の身動きが取れない状況での敗戦と捉えられる。
またどうやったら点が取れる打線になるのか、お試し采配という部分も感じられ、再び経験値を貯める作業を行った試合のように思えた。
打者各人は問題ないわけで、これは、あくまで打線のつながりについての話。

ルナの代役、堂林が打てなかったことは想定内。
この点についてはこの試合の勝敗には関係せず、勝負所での勝負の掛け方を思い付かなかった、という敗戦に映った。
昨年型の打順とほぼ同じで、昨年同様打線が繋がらず、ということは、ここまではベンチに関係なくルナが勝手に打順を繋げてくれていたのだなと思い知らされた。





関連記事
スポンサーサイト
本当にその通りだと思います
今日はドーム現場観戦、今年初でした。
とても調子の良い打線を期待したのですが、去年の空気がすごくしました。

誠也にバントはさせなくてもよかったと思います。みんなつなぐ意識と、ちょっとだけ勝ちたい意欲が巨人に負けていたような気がしました。。

あさっての横浜戦も見に行きます。つながりの復活を願ってます。
[ 2016/04/18 00:37 ] [ 編集 ]
Re: 本当にその通りだと思います
まひこさま、コメントありがとうございます。
変な意味にとられるかもしれませんので具体的にはコメントしませんが、ビジターでの試合での負け方、という感じでした。
勝ちたい意欲が...のくだりは、この週末の試合では仕方のない部分もあるのかなと。

DeNA戦の応援、よろしくお願いします。
[ 2016/04/18 08:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター