デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.04.08 広島対阪神 公式戦1回戦 中崎サヨナラ打浴びるも、ツキがなかっただけと切り替えてもらいたい
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.04.08 広島対阪神 公式戦1回戦 中崎サヨナラ打浴びるも、ツキがなかっただけと切り替えてもらいたい

2016年4月8日に行われた、広島対阪神の公式戦1回戦の試合結果

広島 200 000 000|2
阪神 100 000 002|3

勝 高橋 1勝1敗
負 中崎 0勝1敗3S
S -

【本塁打】江越3号

苦手としている能見との今季初対戦を迎えるが、先日の巨人田口同様、今季のカープ打線の状態を図るにはもってこいの相手。
さらに現時点で、セ・リーグで最も勢いに乗っている阪神との対戦で勝ち越しを狙い、カープとしても助走を付けたいタイミング。
というのも、昨シーズンの最多貯金は、開幕カードで2勝1敗スタートした時の1つということで、この貯金1というのも意識しておきたい。
阪神戦で勝ち越せば、貯金は2となり、チームも乗ってくる。

阪神との試合でポイントとなりそうなのが、上位打線と下位打線の分断ということになるのではないか。
1番のルーキー高山から4番のカープキラーの福留までは気を抜けない打線ではあるが、5番のゴメスは本塁打は出ているが率は低く付け入る隙はあり、もう一人のカープキラー鳥谷も調子が上がってきていない。
ある意味、4番までは好調の打者が続くのは先週末に対戦した巨人と似ている部分もある。
巨人戦では、決して完敗と言う状態ではなくても負け越したこともあり、今度はビジターでの対戦ではあるが互角に戦ったうえで勝ち越しを狙ってもらいたい。

そうなると、阪神の不調の打者がカープ戦をきっかけに調子を取り戻すという過去の歴史があるのは気にしていられない。

まずカープのスタメンに菊池の名前がないことに驚いた。
能見に対して、安部をスタメン起用するということは、菊池がスタメンで出られない状態ということは間違いない。
体調不良によるスタメン落ちという発表があったが、先日も鈴木が体調不良でベンチを外れたばかり。
少し残念なスタートとなってしまった。

カープの初回の攻撃では、能見の立ち上がりを捉え、今シーズンでは珍しくファーストストライクを打っていき、結果が出た。
明らかに甘いボールという訳ではなかったが、田中も丸も芯でとらえており、調子の良さは伺える。
丸の右中間突破のタイムリーツーベースと、ルナのレフト前タイムリーで2点を先制。
良い形でリードを奪った。

カープ先発の横山は、際どいコースがボールと判定されるケースが非常に多く、ボール先行のピッチングになってしまったが、全般的なコントロールは何ら問題なく、ストレートの球速もまずまず出ている。
初回に抜けた変化球を捉えられ、江越にソロホームランを浴びてしまったが、大きく崩れるような投球ではなく、コントロールミスというボールは非常に少なかった。

ポイントに挙げていた上位打線と下位打線の分断も、ゴメスが先頭打者となるケースが2度あった訳だが、実際には3番のヘイグ以降をノーヒットに抑えており、横山のピッチング自体は満点に近い。

ただ残念だったのは、2回以降能見から追加点を奪うことが出来なかった打線ということになる。
やはり菊池欠場の穴は大きく、2番に入った安部が繋ぎの役割を果たせなかったことも影響した。

点が入らない展開になったものの、横山の7回、被安打2、1失点というピッチングのおかげで終盤まで1点のリードを保ち、8回ジャクソン、9回中崎というリレーに持ち込める展開になった。

そのジャクソンは8回を三者凡退で切り抜け、9回の中崎へ繋ぐ。
しかし、その中崎は1アウトから福留にレフト前ヒットを打たれてしまう。
完全に詰まらせた当たりで、かなり嫌な出塁を許してしまった。

5番のゴメスに対し、初球、2球目ともアウトコースのストレートでストライク。
そして、3球目もアウトコースのストレートを投じて、センター前ヒットでピンチを広げてしまった。
3球目はボール球にするつもりもあったかもしれないが、同じコース、球種を3つ続けて結果的に打たれてしまったのだから、裏目に出たと言わざるを得ない。

1アウト1、2塁で鳥谷に打席が回り、ここも2球連続ストライク。
しかし追い込みながら、当り損ないのピッチャーゴロが内野安打になってしまい、送球の間に同点に追い付かれる。

そして1アウト1、3塁というサヨナラのピンチで西岡を打席に迎え、やはり2球連続ストライクで追い込む。
が、最後の最後にインコースで詰まらせるボールがど真ん中に行ってしまい、サヨナラタイムリーを右中間へ運ばれてしまう。

打ち取った当たりが2つもヒットになってしまい、ツキのなさは確かにあった。
中崎の責任というにはあまりに酷な結果が出てしまったが、今シーズンの中崎はフォークの割合が非常に少ない。
2ストライクまでの追い込み方は非常に良かっただけに、フォークを見せ球に使うだけでも、もっと楽に打ち取れるのではないかと思う。

とは言え、今日の結果はすぐ忘れて問題ない。
こういう試合も年間1つや2つはある。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター