デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.04.06 広島対ヤクルト 公式戦2回戦 ジョンソン今季初勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.04.06 広島対ヤクルト 公式戦2回戦 ジョンソン今季初勝利

2016年4月6日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦2回戦の試合結果

ヤクルト 000 100 002|3
広  島 330 000 00×|6

勝 ジョンソン 1勝1敗
負 寺田 0勝1敗
S 中崎 0勝0敗3S

【本塁打】山田4号

今季3度目の先発となるジョンソンは、ここまで2試合で自責点2。
四球の多さがやや気になるものの、しっかり試合を作っており、そろそろ今季初勝利のタイミングが近付いてきている。

対するヤクルト先発の寺田は、昨年はプロ入り初登板初先発の試合で、3イニングで4四球1死球と大荒れながらも無失点で抑えている。
今季のファームでは、4イニングで5奪三振、無四球、無失点という投球を見せているが、一軍ではリリーフとして1試合に登板し、打者2人と対戦したのみではあるが、1四球を与えている。

今季のカープの粘りある攻撃であれば、かなり隙を見せてくれるのではないかという期待はある。
加えて昨日のヤクルトリリーフ陣5人のうち、岩橋は負傷交代だったが、その他の4人から得点を奪っており、ジョンソンが7回まで投げ切り、ジャクソン、中崎と繋げるプランが実行できれば、守備面での不安は少なく思える。

さて立ち上がりのジョンソンは、非常にテンポの良い投球で、2~3分で三者凡退で抑えた。

そして初回のカープの攻撃はと言うと、ヤクルト先発の寺田が、課題とされている制球の乱れを修正することが出来なかった。
先頭の田中は、フルカウントから背中の後ろ側を通るような死球で出塁する。
この時点で浮足立っているのでは、と思わざるを得ないところで、菊池には簡単にストライク2つ先行して見せた。
ただ菊池は全く送りバントの仕草を見せておらず、寺田の制球力と球威の面から、簡単に三振することはないだろうと、じっくりと菊池に任せたように思える。
最後はアウトコースへのスライダーを上手くおっつけてライト前ヒットで、ノーアウト1、2塁。

今日の寺田は、菊池に対してストライク先行できたのが珍しいくらい、他の打者に対してはボール先行。
それも明らかなボールが多く、はっきり言って捉まえるのは時間の問題に思えた。
丸はライトオーバーのライナー性の打球を放つが、雄平の好守に阻まれてしまう。
当り自体はかなり強めの打球で、あっさりタイムリーでもおかしくないような打球だった。

そしてこの丸の当たりを見て、寺田はさらに窮屈なピッチングになっていってしまい、これ以降はストライクの割合が極端に減った。
ルナも余裕をもって見逃して四球を選び満塁とすると、エルドレッドはフルカウントまで行ったものの、最後は明らかなボール球で押し出し四球でまず1点先制。
新井もストライクだけにしっかり絞って打ちに行けており、インコースのストレートを無理に引っ張らず、センター方向へ合わせたようなバッティングで、センター前2点タイムリーで追加点を挙げる。

初回に3点を奪っているが、寺田が続投しているうちはまだ得点のチャンスはある。
それくらい寺田の調子は良くは思えない。
実際、2回の攻撃では出塁したランナーが完全にモーションを盗んで盗塁を決めたり、カープの思うような攻撃で得点が奪えている。
ワイルドピッチでの得点もあり、相手の守備側のリズムの悪さも、カープに味方する。

初回の攻防は、ヤクルトの攻撃が3分ほどで、カープの攻撃が25分ほど。
2回の攻防も、ヤクルトの攻撃が5分ほどで、カープの攻撃が25分ほど。

ジョンソンは3回をパーフェクトに抑えるピッチングを見せ、完全に流れを引き寄せた。

4回には山田に本塁打を打たれるものの、6点リードの展開でソロホームラン、それも単発となればジョンソンの投球に影響を与えるものでもない。

ただ一方でカープの攻撃も、4回にチャンスを作ったもののルナのサードライナーで得点を逃して以降は、沈黙してしまう。
もっとも3回あたりから、予報よりも早く雨が降り始め、次第に雨脚が強まってきている。
ヤクルトも寺田を諦め、リリーフを継ぎ込んでくる展開となり、ジョンソンの投球リズムも手伝って、どんどん試合展開が速くなっていた。

2回を終わって1時間が経過していた試合時間が、7回を終わって2時間15分ほどまでペースアップしており、すんなりイニングが進んでいることが分かる。

ジョンソンは完投ペースでの投球を続けていたが、8回裏の攻撃でヒットを打って一塁ランナーとして塁に出ると、2アウト1、3塁で3-2というカウントから自動スタートを切ること3度。
さらにかなり雨脚が強くなり、寒さも厳しくなってくる中で、ランナーとしてグラウンドに立ち続けた時間が長かったことも影響した面もあると思うが、9回に勝負を急いで捉まった。

良い感じに攻めていても打球は野手の間を抜けていき、球数も急に増えて完投ペースが一転して130球近くの球数になってしまった。
2回続いた中5日から、次回登板は中6日が濃厚とは言え、130球オーバーでは影響がないとも限らない。
2点を返されたタイミングも手伝って、たまらず守護神中崎を投入。
前回は中崎は直接関係ないが、リリーフ陣がジョンソンの勝ち星を消してしまった訳で、今日のところは中崎がきっちり抑えて借りを返す順番。
そして期待に応えて中崎が見事な火消しを見せ、新井のファインプレーで締めてヤクルト戦で二連勝を達成。

3回以降にも追加点を奪えていれば、もう少し楽な展開になったのは間違いないところだが、悪天候の影響を考えれば、無事に逃げ切れただけでも御の字としておかないといけない。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター