カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.04.03 広島対巨人 公式戦3回戦 福井粘りの投球も勝ち投手になれず「そういうの要らないんで」状態での敗戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.04.03 広島対巨人 公式戦3回戦 福井粘りの投球も勝ち投手になれず「そういうの要らないんで」状態での敗戦

2016年4月3日に行われた、広島対巨人の公式戦3回戦の試合結果

巨人 010 200 000 001|4
広島 000 020 010 000|3

勝 澤村 3勝0敗3S
負 ジャクソン 0勝1敗
S 土田 0勝0敗1S

【本塁打】ギャレット4号、坂本1号

昨日の黒田の完封勝利は、登板と失点が続いていたリリーフ陣に休養を与える意味もあったのは明らかで、言葉だけでなく行動で示した黒田の投球を見て、リリーフ陣が意気に感じないはずはない。
今日の試合では、勝利の方程式の完成を目指しての試合運びも期待したいところ。

まず先発福井の投球は、球威もあるし、コントロールもまずまずで、調子自体は悪くない。
ただちょっとボールが高めに入るケースは目立つ。
その失投というまではいなかい高めのボールを、ギャレットと坂本に狙い打たれ、長打攻勢で3点を失ってしまう。
ただ、ストライク先行の投球はできているし、リズムが悪いわけでもない。
ちょっと巡り合わせというものが悪いのかなと思うが、相手に先制を許しているというところだけは、一発長打がある打者に対し、甘めに行ってしまうという不注意とも言える。

一方で、カープ打線は、巨人先発の今村をなかなか捉えきれない。
ランナーは出すものの、あと一本が出ないという攻撃で、さらには2回の裏、1アウト1、3塁で打席に入った福井が、セーフティスクイズを空振りした際に、三塁ランナー天谷がスタートを切りかけて牽制死してしまう。
これは天谷だけに原因のあるプレーではないが、三塁ランナーが返らなくても、一塁ランナーの送りバントという面を考えれば、絶対に好スタートを切らないといけないという状況ではなかったように思う。

ただ、今季のカープ打線は序盤に点が取れなくても、先発投手に対し粘りを見せ、中盤に入る当たりに捉まえにかかることができている。

この試合でも、5回の裏に2アウトから連続四死球でもらったチャンスに、丸が左中間フェンス直撃のタイムリースリーベースで2点を返す。
ここで今村が降板となり、田原がマウンドに上がる。
ルナが四球を選びチャンスが続くと、エルドレッドは初球を叩いて左中間への大きなフライを放つ。
あと2メートルほどでフェンスオーバーという打球だったが、ボールはセンター立岡のグラブに収まった。
2点どまりであと1点届かなかった。

その後は、お互いにランナーを出しながらも得点には至らず、福井は1点差に迫ったことで行けるところまで投げることになる。
そして8回には自身の送りバント処理のミスで、ノーアウト2、3塁のピンチを背負う。
ここでのエラー絡みの失点は、勝負の行方が決してしまうことになり、さらにこの三連戦で絶好調の坂本を打席に迎える。
絶体絶命のピンチの場面で、福井は坂本に対し抜け球が真ん中に入ってしまう。
僅かにタイミングがずれ、ジャストミートしなかったため浅めのレフトフライになり、タッチアップは出来なかったが、少しヒヤッとするボールだった。
結果的には一人のランナーも返さなかったため、事なきを得た。

ただ、福井に関しては、良い投球をしながらも一発に泣き勝ち投手になれないという投球が続き、はっきり言えば「そういうの要らないんで」という状況。
昨シーズン一段上のステージに進んだ投手だからこそ、勝って欲しいという思いが強い。

ともあれ最大のピンチをしのぎ、その裏の攻撃を迎える。
1アウトから新井がヒットで出塁すると、代走に野間を起用。
この起用が当たり、會澤のレフト線へのツーベースで一気に本塁を陥れた。

この代走起用は当たったが、野間はその後に打席が回ってくるとなると、今シーズンノーヒットの打撃内容が打線に影響を与えてくる。
できれば野間に打席が回らないうちに勝負を決めたいところであったが、両チームのリリーフ勝負へ舞台が移り、ともに無失点リレーで応える。
中崎は2イニング目にはボール先行でかなりきわどい場面を迎え、2アウト満塁で3-0というカウントから何とかクルーズから三振を奪った。

中崎が2イニング、ジャクソンが2イニングを抑えて得点を許さない目論見があったが、ジャクソンは2イニング目に力尽きた。
今週2度目の回跨ぎでの投球で、それがこの試合に影響したとは考えにくいが、結果として延長戦で勝ち越しを許してしまったのは、切り替えるしかない。

代走に出た後は、きっちりと野間は2打席凡退で、最後の打者にもなった。
もちろん総力戦で代打に出せる野手は残っていないに等しいため、仕方のない部分はある。
ただ甘いストレートを2球続けて振り遅れての三塁側へのファールを打ち上げるあたり、調子が良いようには思えない。
それゆえの守備固め、代走専門という立場なのだろう。
その打者に打席が回る流れの悪さを何とか断ち切らないといけない。

これは下水流にも言える。
今日も8回の勝ち越し機に、ひたすら振りまわしての三振で、自分のタイミングでスイングをさせてもらえていない。
外野に2人もノーヒット組がいるのは、戦術面で難しいと言わざるを得ない。

この巨人との三連戦は、1勝2敗と負け越した。
現時点でもっとも調子のいいチームとの対戦ではあったが、ほぼ互角の試合は出来ており、負け越しという結果はチームとしての流れの差が出ただけ。

打線はまだ好調は保たれているように思えるし、一たび投打がかみ合えば、連勝出来るチーム状況にあるのではないかと思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター