カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.03.27 広島対DeNA 公式戦3回戦 オスカルプロ入り初勝利、西川初打席初安打
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.03.27 広島対DeNA 公式戦3回戦 オスカルプロ入り初勝利、西川初打席初安打

2016年3月27日に行われた、広島対DeNAの公式戦3回戦の試合結果

DeNA 000 012 000|3
広 島 000 003 21×|6

勝 オスカル 1勝0敗
負 須田 0勝1敗
S 中崎 0勝0敗2S

【本塁打】戸柱1号、筒香1号

オープン戦では絶好調だった福井が、今季初先発を迎える。
その立ち上がりは、ストレートの球威十分で、ランナーを出しても何ら心配ないピッチングを見せた。

ただ、今日の福井はストレートの球威が十分なのは間違いないが、決め球のフォークではなかなか空振りが奪えない。
ベースの手前でワンバウンドし、各打者が見極めているため、どうしても窮屈な投球になってしまっていた。

それでも落ち着いてストレート中心で攻めていき、特に3回は先頭の戸柱のレフトフライを、エルドレッドが落球するエラーでランナーを二塁に進められても、その走者をホームに帰すことはなかった。
エルドレッドのファインプレーもあり、序盤はお互いに0行進となる。

内容的には、DeNA先発の石田も負けてはいない。
ストレートに差し込まれる打者が多く、さらに適度に荒れているということもあり、なかなか狙い球を絞ることが出来ない。
エルドレッドに関しては、ストレート待ちで振りに行って、それでも詰まらされており、こういう打撃内容を見せられると、相手投手は乗ってくる。
5回までは、先頭の田中の今季初ヒットの僅か1安打に抑えられていた。

ただ、今季のチーム方針である打席での粘りに加え、石田の荒れ球による投球数の増加もあり、決して長いイニングを投げ切るという状況でもなかった。
どこかで継投策を採ってくるというのは間違いなく、石田の交代のタイミング前後で捉まえに行く、そのタイミングをじっくり計っている。

実際には、戸柱のプロ入り初本塁打、筒香のツーランで3点のビハインドという状況で、打線に焦りが見えていたのも事実。
3試合連続で先制点を与えており、常に追いかける展開というのも、ホーム球場ではまだ精神的に追い詰められる度合いも少ないが、ビジターではこうはいかなくなる。

そして今日の試合に関しては、6回に1アウトからルナが左中間を破るツーベースでチャンスメイクしたところで、石田は交代となる。
球数は5回を投げ終えた時点で80球を超えており、すんなり6回を抑えれば7回まで、6回のイニングでピンチを迎えれば継投もあり、というプランが出来ていたのだと思う。

そして右打者が並ぶというところで、右の長田に交代したが、エルドレッドは追い込まれたあと、ストレートが抜けて死球となりランナーが貯まる。
試合の流れに乗った攻撃が出来るチーム状態に加え、石田の交代のタイミングの前後で勝負を仕掛けるのは、チーム方針ではっきり示されており、各打者が乗っていきやすい精神状態にある。
昨日連続タイムリーの新井、天谷は、このチャンスでは連続四球を選び、天谷の押し出し四球でまず1点を返す。
エルドレッド、新井、天谷の三者は全て先に追い込まれた後の出塁で、追い込まれてからの粘りがいい方向に出ている。
そして今季初スタメンの會澤が、レフト前2点タイムリーで続き、同点に追い付く。

一気に逆転まで持っていきたいところで、福井に代打松山を送ると、DeNAも投手交代で勝ち越しの1点を防ぎにくる。
代打の代打小窪が倒れ、1番の田中もセカンドゴロでチャンスが潰えたかと思いきや、昨日のエラーに引き続きセカンドの柴田がボールを握り直して一塁送球が遅れて内野安打となる。
投手も田中ということで、昨日の再現なるかというプレーで、天谷が二塁から一気に本塁を狙うが、今日は上手くいかずに本塁タッチアウトとなってしまう。
ただ、福井の勝ちのチャンスはこのイニングでの勝ち越しのみで、終盤を有利な形で進めていくためにも、相手の隙を突いて1点を奪いに行く走塁は必要だった。

結果同点どまりとなってしまったが、ともかく試合は振り出しに戻り、リリーフ勝負という展開になっていく。
まずはリリーフの一番手としてオスカルがマウンドに上がるが、今日のオスカルは同点に追い付いた後の大事なイニングに加え、突然の雨にも動じず、冷静に投げ切った。
また1アウト一塁からの宮崎のセンター前に抜けそうな打球で併殺を完成させた田中と菊池の守備は見事。
田中からのトスを、菊池が素手で受けて、そのまま一塁送球というプレーは、これぞプロと感じさせる。

このプレー、守備からリズムを作り、7回裏の攻撃に繋げていく。
菊池と丸の連打でノーアウト1、3塁のチャンスを作り、ルナの当り損ねのサードゴロの間に1点勝ち越し。
どんな形でさえ、終盤に1点リードを奪えるという点において、実に意味のある打席。

これで楽になったエルドレッドの、左中間突破のエンタイトルタイムリーツーベースで追加点を奪う。

8回からは3番手のジャクソンがきっちりと無失点で抑えると、8回裏の攻撃では西川のプロ入り初打席でのスリーベースを足掛かりにもう1点追加。
欲を言えば、その後の攻めでもっと追加点が取れた可能性もあったが、8回の表からは守備固めに入っていることもあり、贅沢は言えない。

3点リードの9回表に、4番手として守護神中崎がマウンドに上がり、ランナーを許すものの、左打者へのカットボールで内野ゴロを打たせる得意の攻め方で、併殺で試合を締め、オスカルのプロ入り初勝利をもたらした。

そのオスカルのプロ入り初勝利、西川のプロ入り初打席初安打など、ルーキーにとって素晴らしい日となった。
福井の好投は誰もが認めるところで、今日はルーキーに花を持たせてあげたということにして、自身の勝利は次回にしっかりと記録してもらいたいと思う。







関連記事
スポンサーサイト
戸柱捕手の鬼のインコース攻めが印象的だった・・・
[ 2016/03/29 16:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター