デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.03.26 広島対DeNA 公式戦2回戦 天谷スタメン起用に応え走攻守全てに見せ場で、今季初勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.03.26 広島対DeNA 公式戦2回戦 天谷スタメン起用に応え走攻守全てに見せ場で、今季初勝利

2016年3月26日に行われた、広島対DeNAの公式戦2回戦の試合結果

DeNA 000 010 000|1
広 島 000 020 01×|3

勝 黒田 1勝0敗
負 久保康 0勝1敗
S 中崎 0勝0敗1S

【本塁打】なし

昨夜の肌寒い気候から一転、デーゲームの今日の試合は穏やかな天候となった。
オープン戦での状態を比べれば、黒田と久保康では少し差がありそうにも思える。
特に黒田に関しては、左打者への課題が残っており、筒香はもちろんだが、昨日タイムリーを放っているルーキー柴田が波に乗っているだけに、下位打線であっても気を抜けない。
戸柱にしても左打者で、下位打線をどう抑えるかが、今日のポイントとなりそう。

その黒田の立ち上がりは、ストライク先行でまずまずの投球。
2回には筒香に軽打でセンター前に運ばれ、ロマックには芯でとらえた三塁方向へのゴロを打たれるが、ルナが巧いグラブさばきで処理し、ゲッツーで凌いだ。

しかし3回には、やはり課題の左打者、柴田に右中間を破られるスリーベースで、ノーアウト三塁のピンチを背負う。
ただ、昨日ジョンソンが下位打線に対して勝負を急いで打たれたことを、石原が活かしたのか、8番戸柱、9番久保康を集中して打ち取ることで、頭の中に描いた無失点への道筋を実践して見せた。

また今日の久保康の投球は、主審との相性がいいのか、とにかく低めでストライクが取れる。
ベルトの高さよりも高いボールはほとんどなく、ゴロの打球が多くなってしまう。
ただ、初回の丸、2回の新井のヒットは決して甘いボールではなかったにもかかわらず、角度の付いた打球が飛ぶということは、球威の点で久保康のボールが本調子ではないか、丸と新井の振りが鋭いかのどちらか。

黒田も久保康も、毎回のようにランナーを許し、決して手も足も出ないピッチングではない。
どちらが先に点を与えるかで、試合展開に大きな影響を与えることになる。

そんな中、課題の下位打線に突破口を開かれたのが黒田の方。
柴田を抑えた後、戸柱にヒットを許して、久保に送りバントを決められる。

3回の攻撃で黒田が3-0というカウントから最終的に送りバント失敗しており、試合の流れから考えれば、この送りバントからの失点は避けたいところ。
しかし、白崎に四球を与えてしまいランナーを貯めると、荒波にライト前への先制タイムリーを打たれる。
打ち取ったような当たりで、クリーンヒットとは言えないところに、嫌な流れを感じてしまう。

たださらに2アウト2、3塁のピンチで打席にロペスを迎え、ここで踏ん張らないと大量失点という場面で、しっかりとロペスを打ち取ったことで、完全に試合の流れを渡すことはなかった。
このピンチを凌いだことで、今日の久保康の調子と、打席での粘りを見せているカープ打線の状態を考えると、まだまだ十分に勝機はある。
というのも、久保康は5回で80球ほど要しており、決してスイスイ投げられているわけではない。

ただ、逆にカープの方に再びピンチの方が先に来た。
6回は2アウトから倉本にレフト線へのツーベースを打たれ、昨日、今日と目立っている柴田にライト前ヒットを打たれる。
やはりというか、左打者の連打が出てしまったが、ライト天谷がストライク返球で本塁タッチアウト。
先に追加点を与えてしまうと、苦しい試合展開になるところで、天谷はスタメン起用にまずは守備で応えた。

これで球場のムードが少し変わってきたところで、6回裏の攻撃で、丸、ルナの連打でチャンスを作ると、エルドレッド凡退の後、新井がレフト前タイムリーで同点に追い付く。
やはり1打席目で感じた通り、丸と新井の振りは鋭く、新井の前にランナーをためておくことが、当面の得点パターンになってくる。

さらに、直前のイニングの守備で好返球を見せた天谷が、会心の当たりではなかったが、インコースのボールを腕をたたみながら振り切った打球がライト線に落ち、勝ち越しのタイムリーとなる。
これも昨日の代打四球での打席での粘りの通り、しぶとく食らいついた結果が、タイムリーとなって表れた。

天谷のタイムリーの後も1アウト1、3塁のチャンスが残ったが、石原がセーフティスクイズを狙うと、バントが投手正面に行ってしまい、転がったのを確認してからのスタートになる三塁走者新井は、本塁で楽々タッチアウト。
石原のバントが、もっと一塁寄りか三塁寄りに転がらないと、新井の走力ではセーフティスクイズは成功しない。

追加点は入らなかったが、ともかく6回裏に逆転成功。
リードして終盤に入ることができれば、8回にジャクソン、9回は中崎が控えている。
球数があまり多くない黒田が7回も抑え、この時点で勝利の道筋は見えてきた。

そして8回には来日初登板のジャクソンが、筒香に四球を出したものの、無失点デビューを果たす。

すると8回裏の攻撃では、2アウトから天谷がセンター前ヒット、石原の打席で二盗成功で、2アウトから得点圏に進む。
その石原はどん詰まりのセカンドゴロになるが、詰まり過ぎて不規則な回転の打球となり、ラッキーボーイ的な存在の柴田が弾く間に、天谷が二塁から一気に本塁を陥れる好走塁で、大きな追加点が入る。

9回は中崎が登板するも、先頭打者に対しては130キロそこそこの球速しか出ず、状態は大丈夫なのかと心配もしたが、徐々に球速が上がり、140キロ中盤までは上がってきた。
先頭打者の出塁を許したが、ランナーを釘付けで、得点圏に進ませることなく今季初セーブを記録。

今季の初勝利は、見事な逆転勝利となった。

この試合では、走攻守すべてにおいて結果を残した天谷の起用が当たった。
好返球で追加点阻止、勝ち越しタイムリー、ダメ押しの3点目をもぎ取る好走塁に、その本塁生還に繋がる二盗を決め、今後のスタメン起用に大きなアピールとなった。

終わってみれば丸が猛打賞、新井がタイムリーを含むマルチヒット。
この2人のバッティングの調子が良かったという結果になったと言える。
これでエルドレッドに当たりが出れば、得点能力はかなり上がってくるだけに、エルドレッドの調子が上がるまでは、天谷というピースをどう組み込んで戦っていくのかにも注目してみたい。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター