デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2016公式戦 > 【カープ情報】2016.03.25 広島対DeNA 公式戦1回戦 開幕戦は1点差惜敗
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.03.25 広島対DeNA 公式戦1回戦 開幕戦は1点差惜敗

2016年3月25日に行われた、広島対DeNAの公式戦1回戦の試合結果

DeNA 020 000 000|2
広 島 000 000 010|1

勝 井納 1勝0敗
負 ジョンソン 0勝1敗
S 山崎康 0勝0敗1S

【本塁打】なし

いよいよ2016年のシーズンが開幕する。
昨季の開幕戦では、オープン戦の結果からは打撃面に期待が出来ないという内容の記事を書いていたが、今季は打線に総悲観を抱くという状態ではない。
とは言え、打ち勝つというチームではないので、やはり先制点を与えない試合プランが望ましい。

またカープのスタメンで、唯一決まっていないのが7番ライトのポジション。
右の井納相手と言うことで、天谷、野間、松山といった左打者のスタメンが予想されたが、開幕スタメンに名を連ねたのは下水流。
正直、どんな打席でも振り回す印象しかなく、エルドレッド、新井に続く打者として考えると、長打狙いが嵌れば得点出来るが、そうでないと穴も大きな打順にも思える。
実際は、天谷は調子が下降気味、松山も不調から抜け出せず、野間はオープン戦で3割打ったとはいえ内野安打が多く、数字ほどいい状態ではない。
この左打ちの外野手3人よりも、状態がわずかでも上という判断でのスタメンなのだろうか。

さて、ジョンソンの立ち上がりは、先頭の白崎を2球で追い込み、最後はインコースのストレートで見逃し三振。
石原の要求通りのコースへ投げ込んでおり、この時点で少なくとも調子が悪いということはなさそうに見える。
2番の荒波も1球で投ゴロに打ち取り、昨年相性の悪かったロペスに集中して投げられる状況を作った。
ここでも失投は一球もなく、まずは三者凡退で立ち上がった。

カープの初回の攻撃は、井納のストレートの切れに差し込まれるケースが多くみられた。
変化球の制球は定まっておらず、まだ井納の調子は万全とは思えないだけに、早めに捉まえていきたい。

ところがジョンソンの方が早くも2回につかまってしまった。
筒香に四球、ロマックにライト前ヒット、倉本が送りバントで1アウト2、3塁。
事前情報通り早じかけのDeNA打線に対し、このピンチでも初球のストライクをセンター前に運ばれ、2点を失ってしまった。
塁を埋めても8番、9番と続く打線だけに、慎重になってもいい場面だったが、ちょっともったいない失点の仕方だった。

そして、3回あたりから井納の変化球が決まり始め、ストレートのキレだけでも手こずっているところへ、緩急も使われて、ランナーすらほとんど出すことが出来なくなった。
井納のファーストストライクは、甘いコースに来ることもあったが、今季のカープは追い込まれてから粘るというのがチーム方針となっている。
甘いファーストストライクに手を出さず、ヒットを打つことが出来なかったことになるが、わずか1試合の結果だけでチーム方針を変える段階ではない。

2回のエルドレッドのライトフライ、3回の田中のライトフライ、8回の菊池のレフトへの犠牲フライなどは、かなりいい形で打てていたと思うし、少し気温が上がってくれば打球はもっと伸びてくる。
その他でも、芯でとらえる打球を放った選手も多くいるし、今日は井納の投球が上回っただけと捉えておきたい。

2安打の新井、カープ移籍後初ヒットのルナ、ここを活かすにはやはり3番丸の打撃にかかってくる。
8回にノーヒットで1点を返した攻撃で、ヒットが1本でも絡んでいると、得点力が上がってくる。

終盤には、天谷、安部を連続代打で起用し、打順の巡りで菊池と丸をベンチに下げる采配も見せた。
スタメン起用では結果の出なかった下水流も2打席で交代させているし、昨シーズンよりも柔軟な選手起用を見せている。

早々にオスカルも投入し、結果も残せたことで、オスカル自身も落ち着いて投球できるようになるだろうし、決して悪い内容での敗戦でもないように思える。

さて、揃って代打起用された左打者、松山(止めたバットで投ゴロ)、天谷(フルカウントから四球)、安部(三振)のうち、打撃内容が良かった打者はいない。
松山に関してはあと一息という段階までは上がってきている。
ボール球を2つ振った安部は、代打の切り札としては起用しづらい。
3人の中では、打席での粘りは天谷が一番だったように思う。



関連記事
スポンサーサイト
管理人様

あけおめです。
昨年から、拝見させていただいております。個人的に、辛口論評が大好きです(笑)長いようで、短いシーズンですが、今年もよろしくお願いします。

今日の試合、甘いボールを見逃し、その後の厳しいボールに手をだすという、悪循環。
また、ボールの見極めができないなど、
やはり、チーム力のなさを痛感しました。

今年は、ライトのポジションが鬼門になりそうな予感が。
[ 2016/03/26 00:29 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
パンダ号さま、コメントありがとうございます。
昨日は追い込まれてから、粘って甘い球を待つことが出来ず、というか甘い球が来ず、井納の勢いにやられてしまった感が強いです。
西川あたりの低めの変化球を粘ってバットに当てるというスタイルは、久保康の方が有効ではないかと強がってみて、今日の試合を見てみたいと思います。
[ 2016/03/26 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター