デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2016 > 【カープ情報】2016.03.21 広島対ソフトバンク オープン戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.03.21 広島対ソフトバンク オープン戦

2016年3月21日に行われた、広島対ソフトバンクのオープン戦の試合結果

SB 000 000 200|2
広島 000 000 000|0

勝 和田 1勝0敗
負 中田 0勝1敗
S 柳瀬 0勝0敗1S

【本塁打】なし

昨日負傷した新井はスタメンから外れたが、オープン戦の総仕上げの試合として、上位打線は勢揃いしている。

また、ジョンソンと黒田が初回失点したソフトバンク打線に対し、福井は力のあるストレート、緩急を使ったピッチングで無失点で立ち上がった。
福井に関しては、今日は全く心配の要らない内容で、5回に初ヒットを許し、四球を与え、送りバントで1アウト2、3塁というのが最大のピンチ。
そこでも慌てることなく後続を抑え、6回で被安打1、四球2で自責点0というピッチング。
オープン戦を通じて、カープで最も安定した投球を見せたと言っていい。

一方で打線の方は、和田の緩急を使った投球に翻弄され、連打というのが見られなかった。
今日は出塁が出来なかったルナ、オープン戦終盤に当たりの止まってしまったエルドレッドに加え、6番下水流、7番松山といったオープン戦でもう一つ結果が出なかった並びで、4人で13打数ノーヒットというところで、打線が完全に分断されてしまった。

福井がカープで一番の安定感を誇ったなら、和田は全球団で一番の安定感を見せたというのが、防御率に表れている。
この二人の投げ合いで、両投手がマウンドを降りる6回までスコアレスドローというのは、数字通りの結果が出たと受け止めるほかない。

ということであれば、打線については、今日の完封負けは気にする必要はない。

カープのリリーフ陣の中では、オスカルとジャクソンがオープン戦の自責点0を達成した。
特にジャクソンについては、ノーアウト満塁のピンチを招いた後の、無失点。
1アウトから中村晃のサードライナーを、ルナがファインプレーで救い、次打者の今宮に対してはこのプレーを意気に感じた投球を見せており、セットアッパーとしての適性の高さを伺わせることになった。

チーム本塁打12本は、全チームでトップタイ。
チーム打率は8位、総得点は4位。
失点は5位、防御率は4位。
投打のバランスはまずまず取れているのではないかと思う。

しかし盗塁数は11位ということに加え、盗塁死、牽制死、走塁死というのが目立ったオープン戦でもあった。
それでいての総得点数4位という数字が残った訳だから、シーズンで走塁面の改善が見られれば、という期待は膨らむ。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター