デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2016 > 【カープ情報】2016.03.19 広島対ソフトバンク オープン戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.03.19 広島対ソフトバンク オープン戦

2016年3月19日に行われた、広島対ソフトバンクのオープン戦の試合結果

広島 000 000 504|9
SB 200 100 00×|3

勝 今村 1勝0敗1S
負 森福 0勝1敗
S -

【本塁打】新井3号

カープのスタメンは、何か意図があるのだろうというのは分かるが、開幕に向けて実戦モードで臨むと言われていただけに、7番石原、8番ジョンソン、9番野間という並びは、単にバンデンハーク攻略のために、左打者を並べてみたということなのだろか。

ただ、8番に投手を入れるというスタメンは、プロ野球のペナントレースで1年を通して1回あるかないかくらいの奇策。
特定の投手を攻略するために、シーズンで使えるか否かを、オープン戦の間に試してみたかったと捉えたい。

そして実際には、機能せずということで、バンデンハーク攻略ならず。

カープ先発のジョンソンは、立ち上がりのリズムに乗れないうちに2失点。
ジョンソンの投球自体は、この立ち上がりの失点以外は、粘りもある投球を見せ、開幕に向けては不安がない。

ただ、石原はソフトバンク戦で、かつてキャッチャーファールフライを追いかけて、ミットをバックネットに引っかけて手首を痛めた(左手関節三角繊維軟骨複合体損傷)ことがあり、またバリントンとのバッテリーで悪送球、エラーを連発するなど、特に守備面で何かが起きる鬼門とも言いえる相手。
4回2アウト1、3塁からのワイルドピッチでも、まさか一塁ランナーが三塁まで進むとは思っていなかったのか、緩慢なボールの追い方で一塁ランナーを三塁まで進めてしまっている。

前半は、あまり良い流れでの試合が出来なかった。

潮目が変わったのが7回表のカープの攻撃。
先頭のエルドレッドのサードゴロを、松田がバウンドを合わせ損ねるエラーでランナーが出ると、ヒット、四球でノーアウト満塁のチャンスをつかむ。
そしてスタメンを外れていた新井が、代打逆転満塁本塁打という、劇的な一打を放つ。
真ん中低めのスライダーを、巧くすくい上げてのレフトスタンドへの本塁打で、切れずにスタンドまで届くということは、よほどいい打ち方をしていることになり、逆に今がピークなのではないかと心配になるほど。

これだけで終わらず、純粋な開幕オーダーの並びとなった田中、菊池、丸で1点を追加。

さらにノーアウト1、2塁から西川の打席となるが、送りバントの構えをしつつ、3-0という打者有利のカウントから、待てのサインで3-2。
ここでエンドランを仕掛けるが、三振ゲッツーという結果となってしまった。
右打ちの意識があったのだろうが、相手バッテリーがうまく抜いて空振りを奪った。
仮に、バントエンドランのサインであったなら、西川も体勢を崩されることもなかったように思う。

9回には、当たりの止まっていた菊池のヒット、戻ってきた代打の切り札小窪がヒットで繋ぎ、西川もヒットで続く。
3人が全てセンター前に持っていき、面白いように繋がる。
下水流のライトオーバーの3点タイムリー、天谷の芯でとらえたライトオーバーのタイムリーで一気呵成に攻めて試合を決定付けた。

投手リレーについても、開幕戦に向けて100球制限でジョンソンがマウンドを降りてからは、まずは今村が6回裏を抑える。
7回表に逆転してからは、オスカル、中田の2人で無失点で切り抜け、8回はジャクソン、9回は中崎と繋ぐ勝利の方程式の完成。

この時期は、仮に打てなくてもシーズンではないからと心配する必要はないし、打てたら打てたで調子がいいとポジティブになればいい。
実際、昨年不調だったとは言え森福や、セットアッパーの五十嵐から大量点を奪っている訳だから、十分自信にしてもらいたい。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター