デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2016 > 【カープ情報】2016.03.17 広島対西武 オープン戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.03.17 広島対西武 オープン戦

2016年3月17日に行われた、広島対西武のオープン戦の試合結果

広島 000 000 300|3
西武 301 010 00×|5

勝 菊池 2勝0敗
負 岡田 0勝1敗
S 牧田 1勝0敗1S

【本塁打】なし

この試合が公式戦であったならば、初回の攻防で決着がついてしまいそうな試合展開となった。
相手のエラーが絡んで作った満塁のチャンスで無得点のカープ。
一方でノーアウト満塁のピンチでは、走者一掃のタイムリーで3点を奪われてしまった。

この展開で流れを掴み直すのはかなり困難。

試合の興味は、カープ先発の岡田が、初回の3失点の後、どの程度立ち直って試合を作り直せるかという点に移っていく。
しかし、3回には先頭打者に四球を与え、そのランナーが併殺の間に返ってきてしまう拙い失点の仕方。
また、併殺で2アウトランナーなしになってからも、ヒットと四球でさらにピンチを作ってしまうなど、かなりバタバタの内容。

岡田の先発テストという面もあり、4点ビハインドの4回表の攻撃では、ノーアウト満塁で岡田がそのまま打席に向かい、空振り三振で何もできず。
さらには不調の1番田中が投ゴロ併殺打で、この試合2度目の満塁のチャンスで無得点。

幸いなことに、1番田中という打順に関しては、調子によって入れ替えることが出来る柔軟さがチームにはある。
オープン戦の仕上げ、ソフトバンク三連戦での結果如何で、打順を入れ替えることも十分考えられる。

打つ方が期待できない試合展開で、岡田の投球ばかりに注目が行ってしまうが、5回にはヒット3本で再び満塁のピンチ。
球数的には余裕があるものの、シーズン中であればとても6回以降続投は難しい内容で、実質このピンチを切り抜けられるか、という点が今季先発で回っていけるかの重要な判断材料となる場面。
しかし、そこで押し出し四球を与えてしまい、現時点では今季の先発ローテ合格とは言えない結果が出たのではないかと思う。
シーズンに入ってからは、1試合ごとの内容で先発に留まれるか否かという立場になっていきそう。

試合の方はと言うと、終盤に西武が投手交代してから、タイムリー3本で3点を奪って見せた。
試合展開から考えれば、ここで反撃が見られても序盤の失点が響いて追い付けず、という流れの試合であり、無抵抗で終わらずによかったと思う程度。
個々の打撃の調子を最終確認したい試合だったが、大味な結果に終わってしまった。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター