デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2016 > 【カープ情報】2016.03.16 広島対日本ハム オープン戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2016.03.16 広島対日本ハム オープン戦

2016年3月16日に行われた、広島対日本ハムのオープン戦の試合結果

広   島 010 110 000|3
日本ハム 100 000 000|1

勝 横山 2勝1敗
負 吉川 0勝1敗
S 中崎 1勝0敗1S

【本塁打】新井2号

今日の試合からは、指名打者制を採用せず、9番に投手が入る本番モードに突入。
さらに、開幕スタメンが唯一決まっていないと言っていいライトには、下水流が入った。

この試合では、カープ先発の横山が、開幕ローテ入りを確実なものにするためにも、長いイニングを投げ、安定感のある投球を見せたいところだった。
しかし、イニングの先頭打者に四球を与えたのが2度あり、連続四球も含め、1試合4四球と制球を乱した。
結果が欲しいという気持ちが強すぎたのかもしれないが、安定感のある投球とはいかなかった。

ただ、それでも6イニングで被安打2、自責点1。
その自責点1も、止めたバットにボールが当たって、結果的にタイムリーになったもの。
送りバントの処理も確実にこなし、自身のフィールディングでピンチの芽を摘み取る場面もあった。
実戦向きの投球を見せた、と捉えることもできる内容ではあったし、先発から外れる結果ではなかったように思う。

また、攻撃陣では、昨日のヤクルト戦と同様、四球でランナーをためる機会が多くなった。
そして、今日の試合では盗塁死することなく、じっくりと攻めることで、小刻みに得点を重ねるパターンが見られた。

新井の2試合連続本塁打も飛び出し、冒頭で触れたとおりライトのポジション以外は、怪我もなくほぼ開幕に向けて順調に仕上がってきた。
1番から3番の、田中、菊池、丸の当たりが止まっているのは気になるが、開幕前に一旦沈んで、開幕時に再び調子が上がると期待したい。

目を背けることが出来ないのが、代打枠について。
ファームで再調整の小窪は、ウエスタンリーグの開幕戦で2安打を放った。
実際は、調子が上がってくれば即一軍復帰する段取りだろう。
ただ、左の代打については、松山の調子が上がってこない。
昨日のツーベースも、詰まった当たりで会心とは言い難い。
この日もファーストゴロ併殺打に倒れており、打球の角度が良くない。

打つだけであれば安部の方が結果を残しており、守備面では西川も結果を出している。

現在一軍に帯同している野手で、レギュラー以外の左打者は安部、西川、天谷、庄司、土生、野間、プライディそして松山の8人。
レギュラー以外の右打者は下水流とスタメンを外れる捕手2人のみ。
右打者の手薄さを考えれば、小窪の復活を願わずにいられない一方で、松山も結果を残さないと開幕一軍が危うい状況にあるのは明らか。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター